学歴を捨て、大企業も捨て「仮想通貨の世界」に飛び込んだら幸せになった話

エリート街道 マインド

こんにちは。しょーてぃです。

先日、こんなツイートをしました。

ぼくが25歳で退職したときに会社を辞めるかどうかの判断基準【3億円もらえたら玉手箱を開けますか?】を書きました。

そのときの判断のおかげでかなり幸せになれたので、そこから4か月経った今、ぼくの近況をこの記事に残しておこうと思います。

※有益じゃないので、Google検索には表示させないようにしています。

大企業では「幸せ」が得られなかった

ぼくは日経の大企業で1年半ほど働いていました。

同僚や上司とは仲が良く、目に見える「辛さや苦しさ」はなかったと思います。

実際、ぼくが「会社を辞めます」と言ったとき、上司や同期は「そんな素振りなかったじゃん…」と驚いていましたし。

こんな感じで「他人からみたら問題なさそうな会社員生活」を送っていたわけですが、ぼくは幸福じゃなかったんですよね。

高学歴&大企業。これは幸せになるための「十分条件」ではないことを、ハッキリと確信しました。

幸せとは、ホルモンが出るか出ないかで決まる

そして独立して4か月後の今に至るわけですが、ようやく心に余裕が出てきて「幸せとは?」と調べる気力がわいてきました。

そこで調べてみると、どうやら「ホルモン」が影響しているらしい。

幸せホルモン
  • ドーパミン
    →「お金を稼げた!」「何かを達成できた!」などの、興奮や達成感を感じたときに分泌される
  • セロトニン
    →「爽やか」「安らか」などの、安全でノーストレスなときに分泌される
  • オキシトシン
    →「家族や恋人との繋がり」「誰かの役に立つ」などにより分泌される

思い返してみると、大企業で働いていたときは、これらの幸せホルモンがぜんぜん分泌されていなかったことに気づいたんです。

実際に、ぼくが幸せじゃなかった原因を洗い出してみました↓

大企業にいたころ
  • ドーパミン(興奮)
    →どうせぼくが成功しても失敗しても給料は変わらない。「興奮や達成感」の少ない生活。
  • セロトニン(安心)
    →満員電車や締め切り、急なトラブルによる出勤など、「穏やか」とはかけ離れた生活
  • オキシトシン(愛情)
    →「恋人や友人との時間」も少なく、「誰かに役に立っている実感」も少ない状態

これでは幸せホルモンは分泌されませんよね。

いくら年収が高くても、社会的地位があっても、結婚しても、幸せホルモンが分泌されなきゃ幸せになれません。だって、人間は「脳に幸せホルモンを浴びせると幸せになる」というように作られているわけですので。

だから昔の価値観のまま成長してしまった「高学歴エリート」が会社で鬱になったり自殺してしまったりという悲惨な問題が発生するんですかね。。。

独立直後は、お金はないけど幸せな生活が待っていた

独立してから2か月ほどはブログの収益もほとんどなく、貯金を切り崩す生活を送っていました。

でも、それでも幸せだったんですよね。

それは、「幸せホルモンの分泌量」を見れば説明できます↓

独立直後
  • ドーパミン(興奮)
    →頑張れば頑張るだけ自分の成果になる。徐々にアクセス数が伸びていき興奮
  • セロトニン(安心)
    →売上がない状況には焦りつつも、早起きや満員電車などの不安がない生活
  • オキシトシン(愛情)
    →家族や友人、恋人との時間は増え、ブログもみんなの役に立っている状態

こんな感じで、「早く生活費を稼げるようにならないと」という不安はありましたが、トータルで見れば会社員のときよりも幸せでした。

目覚まし時計をかけずに寝て、満員電車に乗らないだけで、充分にセロトニンも分泌されてたはず。

しょーてぃ
しょーてぃ

「満員電車や休日出勤の不安>>>>>>お金を稼がなきゃいけない不安」です。

独立して4か月。頑張れば成果がでる、ドーパミンドバドバな生活

そして現在、独立してから4か月が経過しました。

そして、めっちゃ幸せになっています。

独立して4か月
  • ドーパミン(興奮)
    →実際にブログで生活できるレベルになり大興奮。いろんな戦略を立てて、試して、上手くいくと脳汁が出る。
  • セロトニン(安心)
    →早起きや満員電車などの不安がなく、生活費も稼げている状態。ブログが沈没したらヤバいという不安は残る。
  • オキシトシン(愛情)
    →家族や友人、恋人との時間は増え、ブログもみんなの役に立っている状態。Twitterもはじめて、感謝される日々。

大企業に勤めていたときよりも、圧倒的に幸せ。

なによりビジネスの軸に「仮想通貨ブログ」を選んだことが良かった。というのも、毎日新しいテクノロジーを学び、好奇心が満たされていくんですよね。

DeFiすげ~!とかNFTすげ~!とか。そんな毎日の繰り返しです。ドーパミンがすんごい。

だって普通、「歩いて稼ぐ」とか、「会員証としてのNFT」とか、「みんなで運営する銀行」とか、そんなの思いつきませんよね。

こんな感じで「世界中の天才たちが開発した仕組み」を知って学ぶだけでも成長実感があるし、毎日が刺激的。そしてこのブログにアウトプットすることで稼ぎ、さらにドーパミンとオキシトシンが分泌される。

仮想通貨の世界で独立すると、マジで幸福になれると思います。

気になる人は、まずは副業からでもどうぞ↓
稼ぎ方も載せています。

【初心者でも月5万】仮想通貨ブログの稼ぎ方・始め方【裏ワザあり】

お金はいくら貯めても不安。だから「知識、スキル、事業」を作る

ここまで読んだ人の中には「でもやっぱ、お金がないと不安だよ」という価値観の人が多いはず。

昔のぼくもそうでした。

でも、最近ようやく気いたんですが、「貯金はいくらあっても不安なまま」なんですよね。もちろん投資も同じ。

実際にぼくは貯金の8割を株式投資に回していましたが、1000万円預けても年間30万円くらいしか増えません。これって「人生を安定させる」にはかなりの遠回りですよね。

もちろん複利の効果は偉大ですし、ぼくもコツコツと積み立て投資をしています。

でも、貯金&投資だけでは不安は消えませんよね。

例えば、積み立て投資をしている途中で会社をクビになったら、複利を十分に活かせません。

株価が大暴落したら、精神的には不安定になります。

考える人
考える人

じゃあお金以外で、なにがあれば安心なの?

しょーてぃ
しょーてぃ

いつでもお金を生み出せる「知識、スキル、事業」があれば安心ですよね。

例えば行動経済学を学んだり、ビジネスモデルを学んだり、英語を話せるようにしておいたり、デザインの知識を身につけたり。

不動産とかブログとか、居酒屋、スクールのような事業を作るのもアリでしょう。

こういった「いつどんなときでも、困ったらお金を稼げる状態」にすることが安心への第一歩。

「知識、スキル、事業」を身につけるなら、仮想通貨が最適

副業、ビジネスを始めるなら間違いなく仮想通貨一択。

まず、仮想通貨はかなり新しい分野です。つまり、トップとの差がまだまだ小さい状態。

1000時間も勉強すれば、上位5%くらいには入れます。

これが「英語」とか「建築」とか「会計」とかだと、トップとあなたの差は30年くらいガチで取り組まないと埋まりませんよね。

これが仮想通貨の魅力。仮想通貨というより「ブロックチェーン」の魅力ですね。

しょーてぃ
しょーてぃ

ブロックチェーンの知識を「何かのビジネスに活用できるスキル」に昇華させ、それを使って既存ビジネスの売り上げを増やす「事業」をする。これがぼくの直近の目標です。

今からでも遅くないので、一緒に学んで一緒に「事業」を作ってみませんか?↓

>>【初心者お断り】NFT保有者限定の非公開コミュニティの応募開始

というわけで以上になります。

コメント