初心者向け!DeFiの始め方・稼ぎ方を解説【仕組みや手順も紹介】

DeFi始め方 仮想通貨

こんにちは
DeFiで毎日2万円稼いでいる、しょーてぃです。

疑問をもつ人
初心者

DeFiってなに?

めちゃ稼げるっぽくて怪しいんだけど、どんな仕組みなの?

始め方が分からないから教えてほしい。

こんな疑問に答えます。

ちなみに2021年8月現在、毎日の収益は2万円ほど↓

ApeSwapBanana

DeFiは理解が難しい上にリスクもありますが、その分「毎日2万円の不労所得」という驚異のリターンも射程範囲内です。

まさに勝手にお金が増える生活。そんなDeFiの始め方や仕組み、リスクを解説していきます。

まずは仕組み、危険性を理解してから始めましょう

とにかく稼げるDeFiですが、

  • 始める難易度が高い
  • 仕組みの理解が難しい
  • お金を失うリスクも高い

というデメリットもあります。

しょーてぃ
しょーてぃ

必ず仕組みやリスクを理解してから始めましょう!

仮想通貨の世界は詐欺が横行していて、

よく分からないものに投資するとお金を失うので注意!

しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくはDeFiの危険性をある程度理解したうえで、

それでもメリットの方が大きいと判断し、余剰資金で行っています。

というわけで、何より先にDeFiの仕組みを理解しましょう。
以下の記事にて初心者向けに解説していますので、参考にどうぞ。

>>DeFiの仕組みを初心者向けに解説!稼ぎまくれる理由とは?

しょーてぃ
しょーてぃ

年利100%!とか言われたら真っ先にポンジスキームのような詐欺を疑うべきなんですが、驚くことに、DeFiはほぼ間違いなく詐欺ではないんですよね。

とはいえ、上記の記事を読んで、自分で判断してから始めてくださいね。

DeFiの始め方・手順

大まかな流れは以下の通り。

  1. 国内仮想通貨取引所(CoinCheck)に登録
  2. 日本円でビットコインを購入
  3. 海外取引所(Binance)に登録
  4. ビットコインを海外取引所(Binance)に送金
  5. Binanceに送金したビットコインでBNBを購入
  6. オンラインウォレット(MetaMask)をインストール&セットアップ
  7. BinanceからMetaMaskにBNBを送金
  8. 分散型取引所ApeSwapとMetaMaskを連携
  9. ApeSwap上でBNBでBANANAを購入(金額が約1:1になるように)
  10. BNBとBANANAを同額になるように預け、LPトークンに変換する
  11. LPトークンを預ける
  12. 報酬が自動発生するようになる
しょーてぃ
しょーてぃ

ぶっちゃけ難易度はかなり高めです。。。

丁寧に手順を解説しますが、この記事を読んだ人の10%くらいしか最後までたどり着けないと思います。

しょーてぃ
しょーてぃ

このくらい参入障壁が高いからこそ、まだ参加できていない人が多いんですよね。

言いかえれば、まだまだ参入者は増えるということ。

「お金を借りたい人」と「お金を貸したい人」のバランスや、
「参加者を集めたくてトークンを配っている取引所」と「お金を預けて支援したい人」のバランス、これらでDeFiが成り立っていることを考えると、

まだまだ参加者が増えることもあり、しばらくはガッツリ稼げる状態が続くと予想できます。

しょーてぃ
しょーてぃ

というわけで、1ステップずつ解説していきます!

「この手順通りにやればOK!」という具合で手順解説しますので、

一緒に手を動かしながら読んでくださいね。

手順1:国内仮想通貨取引所に登録する

まずは日本円を仮想通貨に変換するために、仮想通貨の取引所に登録します。

しょーてぃ
しょーてぃ

本人確認や審査、入金に時間がかかるので、とにかく早くやっておくことが重要です。

おすすめはCoinCheck(コインチェック)

今までは手数料ぼったくりの販売所(個人⇔CoinCheck)しかなくて最悪でしたが、
今では板取引(個人⇔個人)があるので、手数料はかなり低め。

実はもっと手数料の安い取引所もあるんですが、
1日に何回もトレードするわけではないため、
安全性重視、保障重視、操作のしやすさ重視でCoinCheckをおすすめしています。

>>CoinCheckに登録する

しょーてぃ
しょーてぃ

何度もしつこいかもですが、必ず入金できる状態まで手続きを進めておきましょう。

あと回しにしてモタモタしていると「あ~あ、手続きしている間にビットコインが値上がりしちゃって全然買えない」なんていうことになりかねません

登録が済むと「セキュリティ向上のために2段階認証を設定してください」みたいな案内があるハズなので、忘れずに設定しましょう。

コインチェックの案内通りにやれば間違いないです。

手順2:ビットコインを購入する

コインチェックの審査が通って入金も完了したら、実際にビットコインを買ってみましょう。

このとき絶対にやってはいけないのが、「販売所」で買うこと。
販売所は手数料が法外レベルに高いので、絶対にここで売買してはダメ。

以下の画像の通り「トレードビュー」というところから売買しましょう。

コインチェック注意点

画面が切りかわり、なんかカッコいい画面が出てきます。

コインチェック板取引

上のチャートを見つつ、買いたい価格と、量を入力して注文します。

例えば上記の例では、「BTC(ビットコイン)が5290357.0円になったときに自動で0.01BTCを買います」という注文方法です。

欲しい量のビットコインを買えたら、次に海外取引所に送ります。

手順3:海外取引所に登録する

先ほど購入したBTCを海外取引所Binanceに送るため、まずは登録しましょう。

Binanceというのは世界最大の仮想通貨取引所で、もうコインチェックなんかは比にならなりません。

手数料は格安で、取り扱っている通貨の数も世界1位。
おまけに日本語にも対応しているので分かりやすい。

しょーてぃ
しょーてぃ

Binanceが優秀すぎて、

日本円⇔ビットコインの交換のときにしかコインチェックを使わなくなっちゃいました。

しかしBinanceは海外の取引所ということもあり、日本の金融庁の許可は得ていません。

許可を得ていないとどうなるかというと…Binanceが金融庁から警告、お叱りを受けることになるくらい。

というわけで、
Binanceに登録したら、コインチェックに登録したときと同様、2段階認証を設定しておきましょう。

下記リンク先から登録すると、取引手数料の10%が還元されます。
>>Binanceに登録する

手順4:海外取引所にビットコインを送る

しょーてぃ
しょーてぃ

さて来ました、1つ目の難関ポイント

ビットコインの送金です。

「え~!これまでは難関じゃなかったの?」と思うかもですが、ここは特に注意を払わなければいけないんです。

というのも、仮想通貨を送金する際に「G7yzSVp8T1w6qkGKYmHsDcAGbL69」みたいな送付先アドレスの入力が必要なんですが、
1文字でも間違えると送金失敗となり、お金が永久に失われます。

というわけで、丁寧に作業をしていきましょう。

まずはBinanceにログインし、「BTCの入金」というページまでたどり着きましょう。

Binance入金1

Binance入金2

Binance入金3

順番にクリックしていき、矢印の送付先アドレスをコピーしましょう。

そのアドレスをコインチェックの送金画面に入力して、送金ボタンを押します。

コイン送金

これで数分~数時間経てば、BinanceにBTCが届きます。

しょーてぃ
しょーてぃ

何度も言いますが、ミスるとお金が消えます。

まずは少額からテストしてみるのが良いかもですね。

手順5:Binanceに送金したビットコインでBNBを購入

コインチェックでBTCを購入したときと同じ要領で、BTCでBNBを購入しましょう。

しょーてぃ
しょーてぃ

全額BNBにしちゃってOKです。

手順6:オンラインウォレット(MetaMask)をインストール&セットアップ

次に、MetaMaskというオンラインウォレットをインストール&セットアップします。

カンタンにいえば、オンライン上のお財布です。

MetaMaskのインストール&セットアップ方法はBinanceの記事が参考になります。

メタマスクのバイナンススマートチェーンへの接続方法 | Binance Academy
イーサリウムの最も有名なウォレットであるメタマスクを簡単な手順でバイナンススマートチェーンをサポートするようにしましょう。この記事では、その手順を説明します。

手順7:BinanceからMetaMaskにBNBを送金

送金には慣れてきたと思いますので、カンタンに解説します。

Metamask送金

MetaMaskにアクセスし、右上がBSC(Binance Smart Chain Mainnet)になっていることを確認したら、アドレスをコピーします。

次にBinanceにアクセスし、BNBの出金画面までいきます。

Binance送金1

こちらもBSCになっていることを確認したら、先ほどコピーしたMetaMaskのアドレスを入力し、BNBを送金します。

手順8:分散型取引所ApeSwapとMetaMaskを連携

分散型取引所の「ApeSwap」https://apeswap.financeにアクセスし、MetaMaskと連携します。

ApeSwap登録

手順9:ApeSwap上でBNBでBANANAを購入(BNB総額の半分程度)

ApeSwap1

exchangeとは交換のことで、BNBと他の通貨を交換するページです。

BNBでBANANAを買いましょう。

※この時すべてのBNBをBANANAにするのではなく、総額の半分までにとどめましょう。
※すべての手数料はBNBで支払うので、0.1BNBくらいは常にMetaMaskに残すようにしましょう。

ApeSwap2

しょーてぃ
しょーてぃ

7.3BNBあったので、半分以下の3.5BNBをBANANAに交換しました。

手順9:BNBとBANANAを同額になるように預け、LPトークンに変換する

しょーてぃ
しょーてぃ

やっとイールドファーミング編に入ります。
あと少しで完了なので頑張ってください!

しょーてぃ
しょーてぃ

このあたりで、やっていることや用語が理解できなくなってくる人もいるかと思います。

そういう場合は、再度DeFiの解説記事を読んで復習してくださいね。

先ほどBNBの半分ほどをBANANAに変えたので、BNB:BANANA≒1:1くらいを所持しているはず。

そのBNBとBANANAを1:1でApeSwapに預け、LPトークンに変換します。

やり方は以下の通り。
Liquidityを選択し、BNB-BANANAのセットになっていることを確認し、
BANANAの入力欄にある「MAX」を選択し、実行します。

ApeSwap3

手順10:LPトークンを預ける

「BNBとBANANAをセットで預けましたよ~(=流動性を提供しましたよ~)」ということを証明する「LPトークン」を受け取れたはずなので、

次にそれをApeSwapに預けます。=ファーミングします。

ApeSwap4

ホーム画面からFarmをクリックし、BNB-BANANAの欄に行き、
+ボタンを押してLPトークンを最大数預けましょう。

しょーてぃ
しょーてぃ

これでひとまず完了です!お疲れ様でした!

もっとリスクを押さえたい人は、ステーブルコイン(法定通貨に裏付けされた価格を維持するコイン≒ほぼ法定通貨)同士のペアで流動性を提供したり、
BNB-BUSDみたいな組み合わせで流動性提供したりと、

自分のリスク許容度に合った方法でDeFiを楽しみましょう。

手順11:報酬が自動発生するようになる[収穫方法]

ホーム画面から「Ape Stats」を確認し、預けているBNB-BANANAのLPトークンの総額が、あなたがDeFiに突っこんだ額とほぼ同じなら、問題なく作業が完了しています。

(交換や送金の際に手数料を取られているのと、BNBとして保存している分があるので、表示金額が若干少なくても大丈夫です)

ApeSwap5

この矢印のところが総額。

しょーてぃ
しょーてぃ

ちなみにその下の「APY」というのが年利。

167%って尋常じゃないですよね。

もちろんBANANAやBNBの暴落リスク、金利変動リスクはありますが、

それを忘れさせるようなリターンの大きさです。

この金利の受け取り方は、FarmからHarvest(収穫)するだけ。

収穫はいつでもできますが、若干の手数料がかかるので、こまめにやりすぎるのはNG。

また、収穫したBANANAはまた、
BNBとBANANAにし、LPトークンに変え、流動性提供することでまた金利を増やすことができます。

しょーてぃ
しょーてぃ

これを繰り返してたら徐々に元本が増え、

毎日2万円も稼げるようになっていました!

注意!DeFiでファーミングを行うリスク

DeFiでファーミングを行うリスクとしては、以下の通り。ぶっちゃけハイリスクです。

これらのリスクを踏まえて、DeFiにチャレンジするか決めてくださいね。

  • ハッキング
    →Binanceを信じる
  • システムバグ
    →怖い
  • トークンの暴落
    →BANANAの発行総量は増える仕組みなので、価格は下がりやすい
  • 運営が資金持ち逃げ
    →実際に他のDEXでは起こっているので、かなりリスキー
しょーてぃ
しょーてぃ

リスクがあることを理解して、余剰資金で遊びましょう。

国内の仮想通貨取引所は複数登録しておこう

しょーてぃ
しょーてぃ

ここまでお疲れ様でした。

作業が一段落したところで、資金を守るための作業をしましょう。

その作業とは、複数の国内取引所に登録しておくこと。

記事本文ではコインチェックをおすすめしましたが、国内取引所は複数登録しておく方が絶対に良いです。

というのも、コインチェックの仮想通貨流出事件、Zaifの仮想通貨流出事件、このような事件が起こったとき、仮想通貨の入出金制限がかかってしまいました。

そうなると、BinanceやMetaMaskにある資金が取り出せなくなってしまうんです。

MetaMaskのBSCや、Binance、これらに入っている仮想通貨を日本円にして銀行に振り込むには、どうしても国内取引所を経由する必要があるからですね。

いつなにが起こってもおかしくない仮想通貨の世界で、そしてなにより1日で50%も暴落するかもしれない仮想通貨を、動かせない状態に置いておくのはかなりのリスク。

それを回避するために、仮想通貨取引所は複数登録しておくべきというわけです。

しょーてぃ
しょーてぃ

コインチェックのNEMハッキング事件のときは、

100円以上の価値があったNEMが、数週間で30円とかになっていましたからね。

すぐに逃げられないのは超危険。

というわけでCoinCheckだけでなくDMM BitcoinBitFlyerZaifなんかにも登録しておくと良いですよ。

DeFiで稼ぐ方法まとめ

急成長中のDeFi。銀行行をプログラム上で済ませてしまおうというスゴイやつで、今もかなり波に乗っている技術。

そんなDeFi技術に投資し、DeFiに参加し、お金を増やしてみましょう。

DeFiは仕組みの理解が難しい上に始める難易度も高いですが、
不労所得が欲しい人、最先端技術に触れてみたい人、余剰資金を遊ばせている人、こういった人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

というわけで、以上になります。

コメント