216万円も得!メンズセルフカット方【歴8年】

スポンサーリンク
節約

髪を切るスキルを習得する=216万円の収入です!

いきなりこんなことを言われても「そんなばなな!」と思うかもしれません

しかし、よく考えてみてください

人は人生で何回髪を切ると思いますか?

仮に1か月に1回、3000円で髪を切るとして、これを60年続けると、

60年×12か月=720回

720回×3000円=216万円

ほら、はんぱなくないですか?

それに節約になるだけでなく超時短にもなります

予約して、美容院まで行って、待って、髪を切ってもらって、帰る

この3時間くらいはかかりそうな無駄な作業が、

お風呂のついでに15分かけて髪を切るだけで済んでしまうのです

なんとお得で合理的なのでしょうか

つまりセルフカットを習得することは、216万円の収入といっても過言ではありません(過言)

学生の皆さん、アルバイトで1時間1000円稼ぐよりも、髪を切るスキルを習得しましょう!

サラリーマンの皆さん、残業なんてするよりも、髪を切るスキルを習得しましょう!

どうです?自分で髪を切りたくて仕方なくなってきたでしょう

自分で髪の毛を切ることはそんなに難しくないのです

1時間もあれば習得できちゃうスキルなんです

コツさえ分かれば、自分で髪を切っても失敗しません!

中3から失敗と成功を繰り返しながらセルフカット(=自己散髪)を習得した僕が、セルフカットのコツを皆さんに伝授していきます

セルフカットに必要なもの

・ハサミとスキバサミ

必須です。ハサミでボリュームを調整し、スキバサミで毛先を整えます

散髪 ヘアカット すきばさみ セット ハサミ シザー 左右 プロ 初心者 美容師 理容師 セルフカット カットはさみ ケース付 クリップピン付

くし

必須

ブラシは不可です

(できれば三面鏡)

お風呂場の鏡でも充分ですが、自己散髪初心者はあったほうが良いでしょう

お風呂場の鏡と合わせて使うことで、側頭部や後頭部のカットが楽になります

山善(YAMAZEN) 卓上三面鏡 ホワイト PM3-4326(WH)

安くて軽く、自立するものが良いでしょう

髪留めピン

こちらも無くても良いのですが、自己散髪初心者はあったほうが良いでしょう

前髪のカットが楽になります

水切りネット

後片付け楽にし、排水溝のつまりを予防します

100均などでキッチン用品として売っています

セルフカットの流れ

風呂場の排水溝にネットを張る

髪を切った後の処理を楽にするために、最初にお風呂場の排水溝に水切りネットを張りましょう

排水溝の詰まりも予防できます

それでは裸になってお風呂場へ行きましょう

鏡の曇りを取る

鏡はセルフカッターの命です

こんな曇ったガラスでも、シャンプーを水で延ばしたものを塗るとクリアに見えるようになります

今の髪型を確認する

髪を切る前に、今の髪型をよく見てみましょう

というのも、髪をどのくらい切れば良いか見当をつけるためです

あれ、改めて見ると、なんか冴えない理系大学生感ありすぎませんか…

前髪以外を軽く湿らせる

準備が整いましたら前髪以外を軽く湿らせましょう

ハサミの通りが良くなり、スムーズに切れるようになります

水も滴る良いおとこ…あれちょっとハゲかけてる?

そんなことないよね?

髪の長さに注意

切り始める前に、注意すべきポイントがあります

上の髪は下の髪より短くしてください

つまり上の画像で言うと、青の部分は赤の部分よりも短く切ってください

もし赤の部分を短く切ってしまうと、短い髪の毛の上に長い髪の毛が覆いかぶさるような状態になり、爆発したような髪型になります

セルフカット

まずはボリュームを小さくする

青の部分→赤の部分と切っていきます

ひとまず黄色の部分は無視です

それではさっそく切ってみましょう

スキバサミではないハサミ(できれば散髪用)を用意してください

髪を画像のように手で挟み、残す部分が一定の長さになるように指で調節してください

この指の感覚を覚えることが第一関門です

指からはみ出た部分を切りましょう

自己散髪8年目ともなれば一発で完璧な長さで切ることができますが、

初心者の内は少し長めにとっておくことで失敗のリスクを低減できます

まずは指から毛先1cmくらい出るようにして、その手の形を記憶しましょう

側頭部や後頭部も同じ要領で

側頭部(画像の赤い部分)も同じ要領で切ってください

このとき、先ほども説明しましたが、青部分より赤部分が少し長くなるようにしましょう

全体のボリュームが減ったら前髪以外の毛先を切る

襟足やもみあげ、耳回りなど、前画像の黄色の部分を切るときはスキバサミを使います

髪を指で挟み、切りたい長さに調節できたら、スキバサミで2.3回ほどチョキチョキします

スキバサミならば、指で挟んだ毛量の50%ほどしか切れないので、毛先がパッツンカットになることを防げます

この2.3回チョキチョキするときのコツは、赤線の示すように指を髪の外側に滑らせながら行うことです

最後に前髪を切る

ここが一番のポイントです

前髪が上手く切れるかどうかで出来栄えは大きく変わります

集中していきましょう

まずは前髪の中の前髪だけをくしで集めます

オールバックにして、くしで生え際を梳くと簡単です

僕は手で押さえていますが、髪留めピンで固定すると楽です

この前髪の中の前髪を切っていきます

結構短く切ってしまって大丈夫です

僕は眉の上くらいまで切っています

こうすることで短い前髪が全体にボリュームを持たせ、ぺたんこ前髪になるのを防いでくれます

そして髪をおろし、残った前髪を切っていきます

このとき、スキバサミを髪に対して直角に入れてはいけません

パッツンになってしまいます

平行に近い斜め方向にスキバサミを入れましょう

そして前髪は気持ち長めに残しておきましょう

乾かすと思ったよりも短くなっていることがあります

完成(仕上げと片付け)

これで完成です

ビフォー

アフター

スッキリ!

後ろ髪がちょっと変になってるから後で調整しよう

僕は使ったことはありませんが、「必殺奥義 お母さん頼み」を利用してみても良いでしょう

ごみ処理も簡単!!

みんなもセルフカットをやるしかない!

なんたって216万円もお得なんだから!

自分で髪を切れるお陰で、

節約・時短できて、美容院で気に入らない髪型にされることもなく、フィリピンセブ島留学(【フィリピンセブ島留学CIA】英語偏差値45の僕が半年留学した話【準備編】)のときでもフィリピンスタイルにされなくて済んだし、最高です

他にも生活に役立つ節約法を紹介していますのでよかったら読んでみてください!

大学生におすすめの節約術「してはいけないことリスト」

貧乏でもない僕がなぜ節約厨になったのか【金持ちになる仕組み】

結論

早くセルフカットを習得しなきゃ!!

しょーてぃー(@sho_tea_blog)でした!

コメント