スマホゲームをやめたい!けどやめられない…を爆速で解決します

スマホゲームやめたい QOLアップ

こんにちは
スマホゲーム中毒者だった しょーてぃです。

悩む人
悩む人

スマホゲームやめたいなあ

でも踏ん切りがつかない…

こんな悩みを解決します。

  • ついスマホを触ると、2時間、3時間、4時間…気づいたら膨大な時間が消えていた。
  • 友達と遊んでいるときも、職場でも、勉強中でも、ゲームが気になってしょうがない。
  • ゲームのせいで毎日寝不足。
しょーてぃ
しょーてぃ

あなたもきっと、こういった負の習慣を止めたいと思っているハズ。

過去のぼくもこんな感じでした。

旅行に行ってもパズドラ、授業中もパズドラ、テスト前もパズドラ。
過去のぼくは、スタミナ回復時間とゲリラダンジョンの開催時間を基準に生きていました。

 

しょーてぃ
しょーてぃ

そんな中毒者のぼくでもスッパリとスマホゲームをやめられたので、その方法について解説していきますね。

スマホゲームに割いていた時間を他のことに使えると、本当に人生変わりますよ。

スポンサーリンク

原因1:スマホゲームは習慣化するように設計されている

まずはゲームをやめられない原因を理解していきましょう。

大きな原因として、
スマホゲームには、ログインボーナス、デイリーミッション、デイリーガチャ、習慣化させる仕組みが盛りだくさんなことが挙げられます。

しょーてぃ
しょーてぃ

このログイン習慣に一度でもハマったら、抜け出すのはめちゃめちゃ難しい。。。

それもそのはず。
ゲーム制作会社には、東大出身の心理学者とか京大出身のマーケターみたいな天才たちがいて、そんな彼らが「ユーザーがログインし続ける仕組み作り」に死力を尽くしているんですから。

全然やめられないのも納得ですよね。

 

しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくも朝起きたら無意識にパズドラを開いていましたから、

気持ちはよく分かります。

 

でも、習慣を無くすコツさえ知っていれば、解決できます。

習慣を断ち切る方法【習慣ループからの脱出】

習慣というのは、「きっかけ」「反応」「報酬」の3要素で出来ている。というのは有名な話。
ニューヨーク・タイムズの記者が発表したやつですね。

習慣の3要素をスマホゲームに当てはめると以下のようになります。

  • きっかけ – スマホを開くとゲームのアイコンが見える
  • 反応 – ゲームをつい開いてしまう(※人の意思では変えられない)
  • 報酬 – ログインボーナスを貰い、脳が快感を感じる

この3つのうち1つでも無くなれば習慣は断ち切れるんですが、
「反応」変えるには鉄の意思が必要ですし、難しいですよね。

それと「報酬」も変えられません。ログインボーナスはどうしても発生してしまいますから。

分かった人
分かった人

そしたら「きっかけ」を無くせばいいってことか!

というわけで、スマホゲームをやめたいなら、ゲームアプリを開く「きっかけ」を消しましょう。

具体的には以下の通り。

  • ゲームのアイコンを見えにくいところに置く
  • アンインストール

いきなりアンインストールは難しいかもなので、まずはゲームを毎日開くきっかけを無くすところから始めるのがいいかもです。

しょーてぃ
しょーてぃ

「こんなぬるい方法じゃゲームをやめられない」って人は、次に紹介する手法を試してみてください。

どのサイトも紹介していない裏ワザですが、効果はバツグンです。

原因2:サンクコストバイアス

サンクコストバイアスというのは、
「いままでお金や時間をかけた分、ゲームデータに価値があるように思えてしまう現象」のこと。

しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくがゲームのアンインストールに踏み出せなかった原因です。

なんかもったいなかったんですよね。

 

サンクコストバイアスという人間の心理によって、
ゲームに課金すればするほど、長くゲームを続ければ続けるほど、どんどん沼にハマっていきます。

絶望する人
絶望する人

惰性でなんとなくゲームを続けちゃうのも、サンクコストバイアスが原因なのね…

一生やめられないじゃん…

と絶望するかもしれませんが、じつは攻略法があるんです。

サンクコストバイアスの攻略法:アカウント販売

ぶっちゃけ抵抗がある人もいるかもしれませんが、これがゲームをやめる最強の裏ワザ。ゲームのアカウント販売です。

この手法を使えば、サンクコストバイアス(=今までお金や時間をかけてきたからこのアカウントには価値がある。という思い込み)を完全克服できます。
というのも、出品するとそのアカウントの実際の価値が分かるから。

考える人
中毒者

このアカウントの市場評価は3万円なのね。

10万円課金してきたけど、10万円の価値があるわけじゃないんだ!

 

スマホゲーム中毒者の多くは、ゲームアカウントの価値を大きく見積もりすぎる傾向があるんですが、リアルな市場評価が分かれば、過剰なサンクコストバイアスは消え去ります。

しょーてぃ
しょーてぃ

実際に売ってお金にすることで、「もったいない気持ち」を振り切ることもできますよ。

それに、売ったアカウントにはログインできないので、再インストールをする心配もありません。

今すぐサクッと売って、ゲームに時間を奪われる生活から抜け出しましょう。

おすすめの売買サイトはゲームトレード。システム的にはメルカリと同じで、サイトがお金のやり取りを仲介してくれるタイプ。安心して使えますね。

ゲームトレード[GameTrade]

※ゲームアカウントの販売は法律による禁止はありませんが、ゲーム内規約にて禁止されているものもあります。

 

スマホゲームをやめたら人生が変わる

パズドラにシャドウバースと、毎日3時間くらい溶かしていたぼくですが、スマホゲームをキッパリやめてからは、毎日3時間の自由時間が生まれました。

しょーてぃ
しょーてぃ

今ではその浮いた3時間で、
勉強したり、友達と遊んだり、副業ブログに取り組んだり、有意義に使えています。

とくに副業ブログなんですが、ゲームにドハマりする人に超おすすめしたいです。

というのも、勝つための戦略を考えたり、効率よくレベルアップする方法を極めたり、敵を倒すのに必要な武器をそろえたり、みたいな要素はブログも同じだから。

つまり、ゲームが得意な人ならブログで稼げる可能性が高いってことです。

しょーてぃ
しょーてぃ

ちなみにこのブログ、月に5万円稼げているんです。

記事数は150。1記事書くのに4時間かかりますが、ゲームをやめて浮いた時間を使えば半年で達成できるレベルです。

ブログとは、人生を少しだけイージーにするゲームみたいなものです。

わりとカンタンに始められるので、おすすめですよ。

 

スマホゲームをやめる方法まとめ

復習になりますが、
スマホゲームをやめられない原因は、習慣化サンクコストバイアスの2つ。

これを克服するには、

  • ゲームアイコンを見えない位置に配置する
  • アカウントを売る

という手段を取ると効果的です。

これを見ているあなたはスマホゲームで時間をムダにしていることに気づき、現状を変えようとしている賢明な人のはず。

今すぐ行動を起こして、時間を取り戻しましょう。

 

というわけで、以上になります。

コメント