【知識ゼロでOK】特定のNFTを持っている人しか入れないコミュニティの作り方【手順解説】

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。
NFT限定コミュニティ NFT

こんにちは、しょーてぃです。

考える人
考える人

「特定のNFTを保有している人」だけが入れるコミュニティが作りたい!

けど、仮想通貨もNFTも、プログラミングも触ったことないんだよね…。

それでもできる方法を教えてください!

こんな疑問に答えます。

結論、Discord (≒LINEみたいなチャットアプリ)にCollab.LandというBOTを導入すれば可能です。

※Telegramでもできますが、ここではDiscordで説明していきます。

できること一覧
  • 特定のNFTを持っている人だけが入れる非公開グループの作成
  • 「3個以上のNFTを持っていないと入れない部屋」なども設定可能
  • 「NFTを保有していたけど途中で手放した人」は自動で権限解除
悩む人
悩む人

Discord? NFT? MetaMask?

どれも触ったことありません

しょーてぃ
しょーてぃ

そんな人でもできるように手順を完全図解しています!

専門用語もナシで解説していきますので、心配せずにどうぞ!

とにかく手順だけ教えてください!という人は「手順解説」まで飛んでくださいね。

NFT認証BOTの導入方法だけを知りたい人は「コチラ」まで飛んでください!

目次に「所要時間」も載せていますので、参考にどうぞ。

特定のNFTを持っている人しか入れないグループ【概要+基礎知識】

NFT保有者のみ入れる
しょーてぃ
しょーてぃ

作成できるのは、上記のようなグループチャットです!

  • NFTを持っていなくても入れる部屋
  • NFTを1つ以上持っている人だけが入れる部屋
  • NFTを5つ以上持っている人だけが入れる部屋

みたいな感じで、ランク分けも可能。

「オンラインサロン」とかでも利用できるんじゃないかなと思います。

コミュニティ運営者に必要なNFTの基礎知識1

すでにNFTについて詳しい人は読み飛ばしてくださいね。

NFTとは

NFTとは「ブロックチェーン技術」によって「ホンモノであることの証明書」が付いた「デジタルデータ」。唯一無二なので、送付したり売買したりできる。

具体例
  • モナリザ
    →「鑑定書」を見ればホンモノだと分かる
  • PCで描かれたアート作品
    →無限にコピペ可能なので「ホンモノ」とか「ニセモノ」とかの概念がない
  • NFT
    →「ブロックチェーン」によって唯一性が証明されている。あなた以外が発行したNFTと区別がつく。
しょーてぃ
しょーてぃ

NFTは「アート」だけでなく、「コンサートチケット」とか「会員権」とかにも応用されています!

これらを踏まえて「コミュニティ作りをしていくあなた」が知っておくべきことをまとまると、以下の通り。

NFTの特性
  • 売買が可能
    →普通のチケットのように、売買することが可能
  • 「二次販売料」を設定することが可能
    →二次販売料を設定した場合、誰かがそのNFTを売買するたびに、設定した%の販売料があなたに入るようになる

今までのチケットとかは「売ったらオシマイ」でしたよね。

一方、NFTの場合は「転売されるたびに、つまり流動性が高まれば高まるほど利益が増える」という特徴があります

しょーてぃ
しょーてぃ

例えばオンラインサロンの卒業生が「サロンまじで有益だったわw 月100万とか稼げるようになったわw」などと口コミを広げたら、「参加チケットNFT」は高騰しますよね。

このように「チケットNFTの購入者」にはNFTの価格を上げるインセンティブが働くので、自然と良い口コミが回りやすくなりますよね。

コミュニティ運営者に必要なNFTの基礎知識2

コミュニティを作っていくにあたって、「NFTをつくる」という作業が発生します。

そのとき「どのブロックチェーンでNFTを発行するか」を選ぶ必要があるので、ここで知識をつけておきましょう。

疑問をもつ人
疑問をもつ人

ん~、「ブロックチェーンを選ぶ」ってどゆこと?

しょーてぃ
しょーてぃ

カンタンにいえば、楽天で出品するかAmazonで出品するかを選ぶみたいなイメージです!

楽天に出品されているものなら「楽天ポイント」で買えますが、Amazonのものは「楽天ポイント」では買えません。

そんな感じで「イーサリアムチェーン」で出品されているものはETHで買えますが、「ポリゴンチェーン」で出品されているものはETHじゃなくて別の仮想通貨じゃないと買えないんです。

。。。とまあちょっとややこしいんですが、結論、下記の2つから好きな方を選べばOKです!

どのチェーンを選べば良いか
  • イーサリアムチェーン
    →メリット:利用者がめっちゃ多い
    →デメリット:手数料が高い(購入手数料だけで3000円くらいかかることも)

    ★盛んにNFTを売買させて価格を高めたい場合におすすめ!
    ★参加ハードルを低くしたい場合におすすめ!

  • ポリゴンチェーン
    →メリット:手数料が激安(1回の売買で50円くらい)
    →デメリット:操作がやや難しいので、利用者が少ない

    ★利用者の金銭負担を少なくしたい場合におすすめ!
    ★仮想通貨のリテラシーが高い人を集めたい場合にはおすすめ!
しょーてぃ
しょーてぃ

迷ったらイーサリアムチェーンでOKかなと!

いろいろ説明しましたが、とりあえず今は「チェーンの違いが存在するよ」ってことだけ覚えておいてください。

特定のNFTを持っている人しか入れないコミュニティの作り方【準備編】

それでは実際にコミュニティを作る手順を解説していきます。

NFTコミュニティの作成手順
  1. Coincheckの口座開設0.3 ETHほど購入(20分)
  2. MetaMaskに登録し、ETHを送金(20分)
  3. OpenSeaに登録(10分)
  4. イラストを用意してOpenSeaに出品(イラストさえあれば5分)
  5. Discordに登録(3分)
  6. DiscordでBOTを導入(30分) ←本記事で完全図解します
絶望する人
絶望する人

意味不明すぎて絶望…

しょーてぃ
しょーてぃ

大丈夫です!

「手順を完全図解」しているので、その通りに手を動かせば最後までたどり着けます!

ポリゴンチェーンを使いたい場合は下記の「★マークの手順」が増えます。

ぶっちゃけ仮想通貨を触ったことない人だと、最後までたどり着ける気がしません。下記は無視してください。

ポリゴンチェーンを使う場合
  1. Coincheckの口座開設50 XRPほど購入(20分)
  2. Binanceの口座開設(15分)
  3. CoincheckからBinanceへXRPを送金(20分)
  4. BinnceでXRPを使ってMATICを購入(10分)
  5. MetaMaskのポリゴンチェーンにMATICを送金(20分)
  6. OpenSeaに登録(10分)
  7. ★OpenSea上でMaticをETHにスワップ(1分)
  8. イラストを用意してOpenSeaに出品(イラストさえあれば5分)
  9. Discordに登録(3分)
  10. DiscordでBOTを導入 ←本記事で完全図解します
しょーてぃ
しょーてぃ

というわけで、普通に「イーサリアムチェーンを使う方法」を解説していきます!

手順①Coincheckの口座開設・0.3 ETHほど購入【20分】

まずは国内の仮想通貨取引所でETH(イーサ)を買いましょう。

なぜ仮想通貨を購入する必要があるのかというと、OpenSeaというNFTマーケットプレイス(≒NFTのメルカリ)のガス代を支払うためです。

ガス代とは

ブロックチェーンを動かす際にかかる手数料のようなもの。
NFTや仮想通貨の交換、購入、送付の際にガス代がかかる。

しょーてぃ
しょーてぃ

つまり今回の場合「あなたがNFTを買い戻すとき」「あなたがNFTを誰かに送付するとき」にガス代が発生します

しょーてぃ
しょーてぃ

逆に「NFTは売りっぱなしにするし、誰かに送ったりもしないよ」という場合は、この手順を飛ばしてもOKです!

NFTの出品にはガス代がかかりませんので!

というわけでETHを購入していくんですが、一番カンタンなのはコインチェック。手数料を極限まで減らしたい場合はGMOコインがおすすめ。

コインチェックの登録手順に不安がある人は、【完全図解】コインチェック(Coincheck)の登録方法を初心者向けに解説※専門用語なしを参考にどうぞ。

次に、実際にETHを購入します。下記の通り、コインチェックアプリで「購入ボタン」を押すだけです。

CC販売所1
しょーてぃ
しょーてぃ

上記の手順なら簡単にビットコインを購入できますが、スプレッドという手数料がかかっており3%ほど高くなっています。極限まで安く買いたい人はGMOコインをどうぞ。

しょーてぃ
しょーてぃ

ここで注意なんですが、国内の取引所は本人確認に1~2日ほどかかります。

コロナショックのようなビッグチャンスが来たときに「まだ口座開設してないからスグには買えない…」なんてことにならないよう、早めに準備しておきましょう。

手順②MetaMaskに登録し、ETHを送金【20分】

次にMetaMaskという仮想通貨のオンラインウォレットを作成します。

直近の目標はOpenSeaという「NFTのメルカリ」のようなサービスを使うことなので、そのためにまずは「お財布」を作成していくというわけです。

しょーてぃ
しょーてぃ

MetaMask=インターネット上に保有できる、あなただけのお財布です!

このお財布にETHというコインを入れて、OpenSeaというフリマサイトまでもっていくイメージです!

というわけで、MetaMaskの登録手順は下記の記事で解説しています。

>>【初心者向け】メタマスク(MetaMask)の使い方~送金方法【完全図解】

OpenSeaに登録【10分】

MetaMaskに登録してETHを送金できたら、次にOpenSeaに登録します。

手順はめっちゃカンタン。下記の記事をどうぞ。

>>【NFT売買】OpenSeaの登録~使い方【知識ゼロの人向けに完全図解】

イラストを用意してOpenSeaに出品【イラストさえあれば5分】

次にイラストをNFT化します。

拡張子は、JPG、PNG、GIF、SVGなどなど、なんでもOK。画像サイズも指定なし。

とりあえず600×600のpngにしておくとちょうど良さそうです。

イラストレーターさんにお願いしても良いですし、自分でサクッと書いても良いです。

一応、記事も載せておきますね。

>>CryptoPunks(クリプトパンクス)風なNFTの作り方~出品まで

Discordに登録【3分】

Discordに登録しましょう

Discordに特定のNFTを認証するBOT「Collab.Land」を導入【15分】

ようやく本題ですね。Discordに「NFTを認証するBOT:Collab.Land」を導入していきます。

復習になりますが、下記に「できること」を再掲しておきます。

できること一覧
  • 特定のNFTを持っている人だけが入れる非公開グループの作成
  • 「3個以上のNFTを持っていないと入れない部屋」なども設定可能
  • 「NFTを保有していたけど途中で手放した人」は自動で権限解除

手順1:Discordでプライベートチャンネルを作る

Discordを開き、画像の通りに手を進めてください。

NFTdiscord
NFTdiscord

上記は「School Club」を選択していますが、「オリジナルの作成」でもなんでもOKです。

NFTdiscord
NFTdiscord

これでチャンネル(グループチャット)が作成できました。

手順2:Collab.Landと連携する

Collab.Landへアクセスすると下記のような画面になるので、同じように手を動かしてください。

DiscordNFT4-5
NFTdiscord

上記のように、BOTを導入するチャンネルを選択します。

手順3:Collab.Landの「ロール」を最上位にする

「ロール」とは「権限・役割」みたいなものです。

「先ほど導入したBOTを最優先で動かすため」という認識でOKです。

ここらへんは理解不能でもOKなので、画像の通りに手を動かしていってください。

NFTdiscord
NFTdiscord

「Collab.Land」が一番上になっていますね。

この状態で「ロールを作成」をクリックして、次に進みます。

手順4:ロール(権限)を設定する

次にロールを設定します。

NFTdiscord

「NFTを1つ以上保有」とか「NFTを3つ以上保有」とか、そういった分かりやすい名前にすると良いでしょう。

「NFT-Holder」みたいな単純な名前も良きです。

手順5:非公開にするチャンネルを作成し、ロールを設定する

NFTdiscord

上記の通り「テキストチャンネルの追加」をクリックして、チャンネルを作成します。

NFTdiscord

次に、先ほど作成したロールを設定します。これで「該当のロールを持つ人だけが入れるチャンネル」が作成できました。

CollablandNFT

手順6:BOTの設定をしていく

次に、BOTの設定をしていきます。

具体的には「ユーザーの持っているNFTを認証して、先ほど作成した”NFT保有者”というロールを付与する」という設定をしていきます。

CollablandNFT2

クリックしていくと、下記のような画面になります。

NFTdiscord
NFTdiscord

ここまで進めたら、OpenSeaを開いてください。

NFT認証

上記のように、あなたのプロフィールに「あなたが作成したNFT」が存在すると思いますので、その情報を見ていきます。

上記のNFTをクリックして「Detail」を表示させて、その情報をBOTの設定にコピペします。

具体的には下記の通り。

NFTdiscord
  • Address…そのNFTシリーズ全体で共通のアドレスのこと。
    例)ポケモンなのかデジモンなのか区別できる
  • TokenID…NFTひとつひとつを区別するためのID
    例)ピカチュウなのかリザードンなのか区別できる
しょーてぃ
しょーてぃ

ほとんどの場合、TokenIDは空欄でOKです!

これで、下記のようなグループチャットが作れたと思います。

NFTコミュニティ
しょーてぃ
しょーてぃ

これで設定は完了です!お疲れ様でした!

ここから先は「あなた以外のグループメンバーがやるべきこと」を解説していきます!

グループメンバー自身にやってもらうこと

NFTを持っているメンバーが「NFT限定チャット」に入るための操作を載せておきます。

メンバーがやること
メンバーがやること
メンバーがやること
しょーてぃ
しょーてぃ

これでBOTがMetaMaskの中にあるNFTを認証し、ロールを付与してくれます!

試しにサブ垢でやってみました↓

NFTを保有した人

NFTを手放すと、チャットに入れなくなる

NFTを売ったりした人はすぐにロールが剥奪されるので、このチャットに入れなくなります。

しょーてぃ
しょーてぃ

試しにサブ垢で、NFTを手放してみました↓

NFTを手放した

メンバーに「非公開チャットの入り方」を説明する方法

ここまで読んでいただきありがとうございました。

あなた
あなた

うーん、限定コミュニティは作れたけど、みんなちゃんと参加してくれるかな?

NFTを購入&BOT認証とか、ちょっとハードル高いかもなあ。

しょーてぃ
しょーてぃ

そういうあなたのために「NFTを買って、あなたのコミュニティに参加する手順」をひとつの記事にまとめました!

この記事をDiscordに貼っておけば、迷わずにNFTを買ってくれるはず。

>>【知識ゼロでもOK】Discord上のNFT限定コミュニティに参加する手順

NFTコミュニティ

本記事のように「誰でもわかるように完全図解」していくので、「手順が分からなくてあなたのコミュニティに参加し損ねてしまう」という事態を防げると思います。

というわけで、以上になります。

コメント