【初心者向け】メタマスク(MetaMask)の使い方~送金方法【完全図解】

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。
MetaMask 取引所

こんにちは
2017年から仮想通貨に投資をしている、しょーてぃです。

考える人
考える人

メタマスクの使い方を知りたいな。

知識ゼロの初心者でもできるよう、画像付きで手順を教えてください!

悩む人
悩む人

NFT売買、ブロックチェーンゲーム、DeFiなどを始めたりするのにメタマスクが必要らしいけど、どういうこと?

概要から使い方まで、必要なことを全部まとめて教えてください!

こんな悩みに答えます。

この記事を読むと分かること
  • メタマスクの概要
  • メタマスクを使う前に知るべきリスク
  • メタマスクのインストール方法~使い方
  • コインチェックやバイナンスからメタマスクに送金する手順
  • PolygonとBSCの設定方法
しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくはNFT売買やブロックチェーンゲームをプレイするために日常的にメタマスクを使っています。

2017年から仮想通貨を触っていることもあり、初心者向けに分かりやすく解説できるかなと思います。

※超初心者でも分かるように手順を完全図解しています。初心者がつまづきやすいポイントも丁寧すぎるくらいに解説しているので、中級者の方には退屈かもしれません。

なお、メタマスクはスマホでもブラウザでも使えます。両方のやり方を解説しているので、好きな方で実践してみてくださいね。

メタマスク(MetaMask)とは?

キツネ

メタマスクとは仮想通貨やNFTを管理できるWebウォレットのことです。…なんて説明しても意味不明ですよね。

初心者の方は「メタマスク=インターネット上を持ち運べる、仮想通貨やNFTのお財布」と認識してもらえればOKです。

しょーてぃ
しょーてぃ

以下のように、現実世界と比べると分かりやすいと思います!

現実のお金を使う場合
  1. 銀行からお金を引き出してお財布に入れる
  2. ラーメン屋さんにお財布を持っていって、ラーメンを購入する
仮想通貨を使う場合
  1. コインチェックから仮想通貨を引き出してメタマスクに入れる
  2. NFT売買サイトにメタマスクを持っていって接続し、NFTを購入する

このように、メタマスクというお財布に仮想通貨を入れておくことで、インターネット上で仮想通貨の決済ができるようになるんです。

メタマスク(MetaMask)でできること

具体的には何ができるようになるの?という方に向けて、下記に一覧をまとめました。

メタマスクでできること
  • 仮想通貨やNFTの保管と管理
  • MetaMask上で仮想通貨のスワップ(=両替)
  • ブロックチェーンゲーム
  • NFT売買
  • DeFi
  • これらに準ずる「ブロックチェーンを使ったサービス全般」

なお、メタマスクは登録料も利用料も無料。加えてGoogle Chromeの拡張機能なので、セキュリティや信頼性は高めです。

事実、月間ユーザー数が3000万人を超えている世界で一番人気の仮想通貨ウォレットなので、安心して利用してください。

日本語対応もしているので安心です。

【ブラウザ版】メタマスク(MetaMask)の設定方法【所要時間3分】

まずはブラウザ版のメタマスクの設定方法を解説します。この記事を読みつつ手を動かせば、3分で設定が終わりますよ。

なお、推奨ブラウザはGoogleChromeです。他にはFireFox、Opera、Braveなどがありますので、どうしてもという場合はそちらでもOKです。

というわけで、大まかな流れは以下の通り。

メタマスクの設定方法
  1. メタマスクをインストールする
  2. パスワードを設定する
  3. シードフレーズを設定する

言葉の意味が分からなくても、随時説明していきますので安心してくださいね。

①:メタマスクをインストールする

まずは下記リンクからメタマスクをインストールします。

>>https://metamask.io/

メタマスク1

画像の手順でクリックしてください。

メタマスク2

これでメタマスクのインストールは完了です。

メタマスクを使うときには、画面右上の「拡張機能」をクリックすると使えます。

しょーてぃ
しょーてぃ

頻繁にメタマスクを使う場合は、以下の手順で「ピン留め」しておきましょう。

メタマスク3

②:パスワードを設定する

続けて、以下の手順でパスワードを設定します。

ここで「推測されやすいパスワード」を設定してしまうとハッキングのリスクが若干上がってしまうので、複雑なものにしましょう。

メタマスク4
メタマスク5
メタマスク6
メタマスク7

英数字、大文字小文字を適度に混ぜつつ、推測されにくいパスワードを設定してくださいね。

※パスワードを忘れるとアクセスできなくなるので、絶対に忘れない場所に保管しておきましょう

手順③:シークレットリカバリーフレーズを設定する

シークレットリカバリーフレーズとは

仮想通貨ウォレットへのアクセス回復に使用できる「単語の組み合わせでできたパスワード」のこと。ニーモニックフレーズやパスフレーズ、シードフレーズとも呼ばれます。
パソコンが故障したり紛失したりしたときでも、このフレーズを控えておけばウォレットを回復できます。

3回目でしつこいかもですが、このシードフレーズは絶対に誰にも教えてはいけません。もしこれが流出してしまうと、他の誰かがウォレットにアクセスできるようになってしまいます。

つまり、財布の中身を使われ放題になってしまうということなので、管理には十分注意してください!

メタマスク8
メタマスク9

シークレットリカバリーフレーズは、紙に書いて保管したりセキュリティ対策バッチリのパソコンにメモしたりしてくださいね。

メタマスク10
メタマスク11

お疲れ様でした!これでメタマスクの設定は終わりです。

【スマホアプリ版】メタマスク(MetaMask)の設定方法【所要時間3分】

次に、スマホアプリ版の設定方法を紹介します。こちらもブラウザ版と同じ手順なので、とてもかんたん。

まず、GooglePlayやAppStoreで「MetaMask」と検索してアプリをインストールしてください。

インストールできたら、以下の手順で操作を進めてください。

Metamaskスマホ
Metamaskスマホ
Metamaskスマホ

メタマスク(MetaMask)に「BSC」「Polygon」を追加しよう

初期状態だと「イーサリアムチェーン」しか使えない状態です。

この状態だと「OpesSeaでイーサリアムチェーン対応のNFTの売買」くらいはできますが、ちょっと機能不足。

いずれは色々なサービスを使っていくことになると思うので、少なくとも今のうちから「BSC(バイナンススマートチェーン)」や「Polygon(ポリゴン)」を使用できるようにしておきましょう。

BSCを使えるようにするメリット
  1. 多くのブロックチェーンゲームをプレイできるようになる
  2. PancakeSwapなどで珍しい仮想通貨を売買できるようになる
  3. イーサリアムチェーンより圧倒的に手数料(ガス代)を安く済ませられる
Polygonを使えるようにするメリット
  1. Polygon対応のNFTを売買できるようになる
  2. イーサリアムチェーンより圧倒的に手数料(ガス代)を安く済ませられる

BSC(バイナンススマートチェーン)を追加する【所要時間3分】

ブロックチェーンゲームやDeFi領域を触っていく場合、これから最も頻繁に使うようになるのが「BSC(バイナンススマートチェーン)」です。

設定方法は下記の通り。

ネットワーク追加手順1
ネットワーク追加手順2

上記の画面になったら、それぞれの空欄に以下をコピペしましょう。

  • ネットワーク名:Smart Chain
  • 新しいRPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org/
  • チェーンID:56
  • シンボル:BNB
  • ブロックエクスプローラーURL:https://bscscan.com
しょーてぃ
しょーてぃ

これでBSCの設定は完了です!

BSC対応のブロックチェーンゲームなどを遊べるようになりました。

Polygon(Matic)ネットワークを追加する【所要時間3分】

最近はPolygonのNFTやゲームやサービスが増えてきているので、こちらも今のうちに設定しておくと良いです。NFTを安く売買できたりするので、NFTを触ってみたい人には必須になります。

Polygonの特徴は、とにかく手数料(ガス代)が安いこと。
イーサリアムチェーンの1/1000くらいになることもあるので、ユーザーに優しいですね。

しょーてぃ
しょーてぃ

というわけで、先ほどと同じ手順でネットワークを追加してください!

入力内容は以下の通りです。

  • ネットワーク名:Polygon(Matic) Mainnet
  • 新規RPC URL:https://polygon-rpc.com
  • チェーンID:137
  • 通貨記号:MATIC
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://polygonscan.com
しょーてぃ
しょーてぃ

ここまでできれば、メタマスクの設定はバッチリです!

メタマスク(MetaMask)の使い方【この4つで完璧】

メタマスクの使い方について解説していきます。

  • 仮想通貨の入金
  • 仮想通貨の出金
  • 仮想通貨のスワップ
  • 他のWebサイトへの接続

1:仮想通貨の入金

今のままではメタマスクは「空っぽのお財布」なので、仮想通貨を入金していきます。

まずはそれぞれのチェーンのガス代を入金する作業から始めましょう。

【ガス代とは】
トークンの売買や送金など、ブロックチェーンに記録する際に発生する手数料のこと。特定の仮想通貨で支払われる。
ガス代が不足しているとメタマスクが動かないので、常に少額のガス代を入れておく必要がある。

ガス代として使われる仮想通貨は以下の通り。

チェーンの種類ガス代になる仮想通貨
イーサリアム$ETH
ポリゴン$MATIC
BSC$BNB

それぞれの入金方法を説明していきます。

メタマスク(イーサリアムメインネット)にETHを入金する方法

まずはメタマスク(イーサリアム)にETHを送金する手順を解説します。

ここでは利用者が一番多いコインチェックを例に解説しますが、より手数料を抑えられるGMOコイン(>>口座開設の手順記事)等で操作しても問題ありません。

というわけでまずは以下の準備を済ませてから読み進めてください。

次に、コインチェックの送金画面を開いて、下記の空欄を埋めてください。宛先の追加方法は2枚目の画像をご確認ください。

コインチェックからMetamask1

以下、宛先の入力方法です。

コインチェックからMetamask

送金を実行すると数分後に「イーサリアムメインネット」にETHが送金されます。

これでイーサリアム関連のサービスは利用できるようになりました!お疲れさまでした!

メタマスク(BSC/SmartChain)にBNBを入金する方法

BSC(=SmartChain)を使ってメタマスクに送金する手順は以下の通り。

  1. メタマスクに「Smart Chain」が設定されていることを確認
  2. 送金アドレスをコピー
  3. BinanceからBNBを上記アドレスへ送金
  4. 反映される

ひとつずつ見ていきましょう。

まずはメタマスクを開き、BSCが設定されていることを確認したのち、アドレスをクリックしてコピーします。

BSC送金

次に、Binanceを開いて、下記の通りBNBの出金画面に移動します。

Binance出金1

次に、先ほどコピーしたMetaMaskのアドレスを入力して、出金ボタンを押せば完了です。

Binance出金2

ここまでの手順をすべてまとめると以下の通りになります。

ちょっと面倒かもですが、上記の記事では全ての手順を完全図解していますので、初心者でもゆっくり読み進めれば確実にゴールまでたどり着けますよ。

メタマスク(Polygon)にMATICを入金する方法

こちらも先ほどのBNBを送金したのとほぼ全く同じ手順です。

先ほどと違うのは、Binanceで「MATIC」という仮想通貨を用意すること。そして、送信先に「Polygonチェーン」を選択する必要があるという点。

ようするに、以下の手順で操作すればOKです。

MATIC送金
MATIC送金
Binanceを使わない方法もある

MATICを入金するのにわざわざBinanceを使うのが面倒くさいなあ…という人は、Polygon(ポリゴン)の始め方は?一番かんたん&安い方法を解説【WETHの入手方法】に記載の方法でどうぞ。

というわけで、入金方法の説明は以上になります。

2:仮想通貨の出金

ここではメタマスクからコインチェックにETHを出金する手順を解説します。

まずはコインチェックを開き、以下の手順でクリックします。

MetaMask出金

次にメタマスクを開き、以下の手順で送金作業を行います。

MetaMask出金
MetaMask出金
MetaMask出金

これで数分待つとコインチェックの方にETHが届きます。

3:仮想通貨のスワップ

メタマスクでは、仮想通貨のスワップ(両替)ができます。

ここではETHをDAIという仮想通貨に交換してみます。

まずは下記の通りスワップを選択します。

MetamaskSwap
MetamaskSwap
MetamaskSwap

4:他のWebサイトへの接続

それではいよいよ、メタマスクを他のWebサイトに接続してみましょう。

ここでは例としてOpesSeaに接続してみます。

MetaMask接続
MetaMask接続

これで接続完了です。メタマスクの中にあるETHを使ってNFTを購入することができるようになりました。

おすすめのブロックチェーン関連サービス

メタマスクを接続して使用するWebサイトの例を紹介します。

  1. OpenSea(オープンシー):イーサリアムチェーンorポリゴンチェーン
    →NFTの売買サイト
  2. Uniswap(ユニスワップ):イーサリアムチェーンorポリゴンチェーン
    →仮想通貨の交換所、DeFiができる場所
  3. PancakeSwap(パンケーキスワップ):BSC
    →仮想通貨の交換所、DeFiができる場所

関連記事:【NFT売買】OpenSeaの登録~使い方【知識ゼロの人向けに完全図解】

関連記事:【DeFi】Uniswapはガス代が高いのでおすすめしないが、不労所得は作れる

関連記事:【完全図解】PancakeSwapで仮想通貨を購入する手順【パンケーキスワップ】

メタマスク(MetaMask)を使う前に知るべきリスク

これからメタマスクを使い始める人が「必ず知っておくべき注意点」について解説します。

メタマスクの注意点
  • 詐欺サイトにメタマスクを接続するとハッキングのリスクがある
  • シークレットリカバリーフレーズや秘密鍵が流出すると資金が盗まれる
  • 「チェーン」が異なる仮想通貨等は送金できない

それぞれ説明してきますね。

1:詐欺サイトにメタマスクを接続するとハッキングのリスクがある

現実世界でも、怪しいサイトにクレカ情報を登録するとお金が盗まれたりしますよね。

それと同じで、メタマスクを詐欺サイトに接続してしまうとメタマスク内のトークン(=NFTや仮想通貨)を盗まれる危険性があります

対策としては以下の通り。

  1. 必要以上にメタマスクにお金を入れておかない
    →必要以上にお財布にお金を入れておかないのと一緒
  2. 知らないサービスにメタマスクを連携しない
    →怪しいサイトにクレカ情報を登録しないのと一緒
  3. どうしても怪しいサイトにメタマスクを接続したい場合は、サブアカウントで行う
    →怪しいWebサービスに捨てアドレスで登録するのと一緒

少なくとも、1番と2番だけは徹底してください。

なお、サブアカウントの作り方は【ハッキング対策】サブのMetaMaskアカウントを複数つくる方法を参考にどうぞ。この記事の最後にもういちど貼っておきますね。

2:シークレットリカバリーフレーズや秘密鍵が流出すると資金が盗まれる

これからメタマスクに登録していきますが、その際「シークレットリカバリーフレーズ」と「秘密鍵」というものを設定します。

これらはパスワードのようなもので、これが流出すると詐欺師があなたのメタマスクにアクセスできるようになってしまいます。

しょーてぃ
しょーてぃ

どんなことがあっても「シークレットリカバリーフレーズ」と「秘密鍵」は教えないようにしましょう!

これらの入力を求められたら、それは100%詐欺です。

※「シークレットリカバリーフレーズ」と「秘密鍵」は絶対に教えないでください!大事なことなので2回いいました。

3:「チェーン」が異なる仮想通貨等は送金できない

3つ目のリスクが「チェーンが異なるトークンを送金できない」という点。

仮想通貨やNFTには「規格」が存在し、それぞれ異なったネットワークチェーン上に存在します。

例えば、イーサリアム版イーサ「ETH」ポリゴン版イーサ「WETH」は同じイーサという仮想通貨なのですが、対応するネットワークチェーンが異なります。こういうときに、ポリゴン版イーサを普通のイーサのウォレットに送金できないということです。

疑問をもつ人
疑問をもつ人

全体的に意味不明。。。

ネットワークチェーンが違う」ってなんですか?

しょーてぃ
しょーてぃ

使える場面が違うってことです!

例えば、楽天ポイントとAmazonポイントはどちらも同じ「円としての価値」を持っているけれど、楽天ポイントをAmazonで使うことはできません。これは、対応しているシステムが違うから。

楽天ではAmazonポイントが使えないように、イーサリアムチェーンポリゴンチェーン専用のWETHは使えないということです。

仮想通貨チェーン説明
※厳密にはブロックチェーンの下にポリゴンなどのネットワークが存在するのですが、ここでは分かりやすさ重視で解説しています。

楽天ポイントをAmazonアカウントに送金することはできないのと同じように、「チェーンA」のトークンを、「チェーンB」のウォレットに送金することはできないんです。

しょーてぃ
しょーてぃ

こういった理由で、ビットコインをメタマスクに送ることはできないんです!

ちなみに取引所からメタマスクにトークンを送金する際、できないものはできないと表示されるのでミスは起こりません。

まとめ:メタマスク(MetaMask)は必須ツール!使いこなせるようにしよう!

お疲れ様でした!ちょっと長かったと思いますが、ここまでたどり着けたあなたなら、あとはどんなブロックチェーンサービスも問題なく使えるはずです。

最近だと無料でNFTを配っているキャンペーンもありますし、それが高騰することもしばしば。早めにメタマスクを使えるようになるだけで、かなりのチャンスを拾うことができるようになりますよ。

コメント