【NFT売買】OpenSeaの登録~使い方【知識ゼロの人向けに完全図解】

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。
OpenSea NFT

こんにちは、しょーてぃです。

考える人
考える人

OpenSeaの使い方を知りたいな。絵を売ってお金持ちになりたい!

知識ゼロのぼくがNFTを売買できるまで、完全図解で丁寧に手順解説してほしい!

こんな悩みに答えます。

「はやく登録方法と使い方を教えてくれ」という人は目次から飛んでくださいね。

【この記事を読むと分かること】

  • OpenSea、NFTとは何なのか
  • OpenSeaの登録手順~使い方
  • 実際にNFTを作成し、販売する方法

※NFTを売るだけなら、知識ゼロでも30分ほどで出品できるようになりますよ。
※購入するにはちょっとした送金作業が必要になります。

しょーてぃ
しょーてぃ

過去のぼくはNFTの完全初心者だったんですが、下記のように「NFTを作成&保有」と「販売」ができました。

手順はかなり簡単ですし、さらに完全図解もしていますので、ゆっくり読み進めてくださいね。

OpenSea1

\最短5分で口座開設/
 コインチェック公式サイト > 

NFTには夢がある【ただの絵が18億円で売れる世界】

まず下記の絵を見てください。ただのドット絵ですが、なんと18.5億円で落札されました。

ツイートを和訳すると以下の通り。

9個のレアな「クリプトパンクス」という絵が、18.5億円で落札されました

しょーてぃ
しょーてぃ

控えめに言って「ヤバイ」ですよね。これは「クリプトパンクス」という最古のNFTたちだからというのもありますが、ただのドット絵に18.5億円ですよ。異常です。

ちなみに下記のNFTアートは、小学校3年生の「Zonbie Zoo Keeper」さんが作った作品。

値段はなんと52万円ほど。他にも数万円の値がつくNFTがバンバン売れているんです。

夏休みの自由研究で制作したドット絵のイラストを自ら販売したそう。

そんなNFTドリームを狙ってNFTを売ってみよう!というのが今回の記事の目的です。

出品自体は無料なので、宝くじ感覚で出品してみるのも悪くないですよね。ちょっとワクワクしませんか?

NFTって?OpenSea?ぶっちゃけ理解できてない…という人へ

しょーてぃ
しょーてぃ

この記事では「完全初心者向け」に「専門用語なし」で解説していきますので、

ゆっくり読み進めてくださいね。

まず「NFT」とは何なのか。簡単にいえば以下の通り。

【NFTとは?わかりやすさ重視でザックリ解説】
NFTとは「ブロックチェーン技術」によって「ホンモノであることの証明書」が付いた「デジタルアートなど」

【具体例】

  • モナリザ…「鑑定書」を見ればホンモノだと分かる
  • PCで描かれた絵…無限にコピペ可能なので「ホンモノ」とか「ニセモノ」とかの概念がない。しかし作者が絵を「NFT」にして世に出せば、それがホンモノで、他は「コピペされたニセモノ」と区別がつく。
 
分かった人
分かった人

なるほど!

電子データに「ホンモノ証明書」をつけたものがNFTなのね!

しょーてぃ
しょーてぃ

そういうことです!

ちなみに、NFTを売買できる場所を「マーケットプレイス」と呼び、

OpenSeaは世界最大規模のマーケットプレイスなんです。

もちろんOpenSeaの利用料は無料。

そしてマーケットプレイスは「フリマサイト」みたいなものなので、ユーザーが多い方が売りやすいし買いやすい。
現状、OpenSeaよりも使いやすいマーケットプレイスはありません。

OpenSeaの登録方法~使い方【ゼロから完全図解】

しょーてぃ
しょーてぃ

それでは具体的な手順を解説していきます。

この通りに手を動かせば、OpenSeaを使えるようになりますよ。

【OpenSeaでNFTを買うまでの具体的手順】

  1. Coincheckに登録する(>>手順解説)
  2. CoincheckでETH(イーサ)を購入する(>>手順解説)
  3. MetaMaskをインストールする(>>手順解説)
  4. CoincheckからMetaMaskにETHを送金する(>>手順解説)
    —ここから下を本記事で解説—
  5. OpenSeaに登録&初期設定する
  6. NFTを購入する

※NFTを売るだけなら【1,2,4の手順】は飛ばしてOKです!

しょーてぃ
しょーてぃ

ちょっと難しそうに見えるかもですが、各記事にて「完全図解」していますので、

ひとつずつクリアしていってくださいね!

それでは解説していきます。

OpenSeaに登録する&初期設定する

まずはOpenSeaに登録します。

とくに必要な書類などもないので、サクッと3分で登録&設定可能です。

>>OpeaSea

画像の手順通りに進めてくださいね。

OpenSea2

MetaMaskと接続します。

OpenSea3

ユーザーネームとメールアドレスを入力します。

OpenSea4 

登録したメールアドレスに1通のメールが届くので、認証すれば完了です。

OpenSea5

しょーてぃ
しょーてぃ

これで登録完了です!お疲れ様でした!

OpenSeaでNFTを売買する

まずは購入方法から解説します。

NFTの購入方法

以下の画像の通りに進めればOK。そんなに難しいものではありません。

OpenSea6

OpenSea7

OpenSea8

OpenSea9

しょーてぃ
しょーてぃ

基本的にNFTの価格は「ETH」で表記されていて分かりにくいので、

その横に書いてある「ドル表記」の価格を読むと、間違えにいですよ。

NFTの販売方法

こちらも簡単です。出品したい画像やイラストを用意したら、以下の手順でNFT化して出品します。

画像サイズに指定等はありませんが困ったら「600×600ピクセル」で「.png」でやればOK。

OpenSea10 OpenSea11 OpenSea12 OpenSea13

しょーてぃ
しょーてぃ

これで出品完了です!

まあ、現実はなかなか売れませんのでTwitterやブログで宣伝しましょう。

自分用のTwitterアイコンとして保有しておくのもアリですね。

オマケ:NFTの作成方法

参考までに、NFTの作成方法も載せておきます。

CryptoPunks(クリプトパンクス)風なNFTの作り方~出品まで

 

というわけで以上になります。

最後にもう一度OpenSeaの使い方を再度まとめておきますね。

【OpenSeaを使うまでの具体的手順】

  1. Coincheckに登録する(>>手順解説)
  2. CoincheckでETH(イーサ)を購入する(>>手順解説)
  3. MetaMaskをインストールする(>>手順解説)
  4. CoincheckからMetaMaskにETHを送金する(>>手順解説)
    ———-ここから下を本記事で解説———–
  5. OpenSeaに登録&初期設定する
  6. NFTを売買する

コメント