NFTで絵を売る方法・出品のやり方やコツを解説【2万円で売れました】

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。
OpenSeaNFT

こんにちは、しょーてぃです。

そらまめ
そらまめ

NFTで絵を売ってお金持ちになりたい!

知識ゼロのぼくがNFTを売買できるまで、完全図解で丁寧に手順解説してほしい!

こんな悩みに答えます。

「はやく出品方法や使い方を教えてくれ」という人は目次から飛んでくださいね。

この記事を読むと分かること
  • NFTとは
  • NFTの絵は高値で売れる
  • OpenSeaの登録手順~使い方
  • 実際にNFTを作成し、販売する方法
  • NFTを販売するコツ

※NFTを売るだけなら、知識ゼロでも30分ほどで出品できるようになります

しょーてぃ
しょーてぃ

過去のぼくはNFTの完全初心者だったんですが、30分くらいで下記のように「NFTを作成」と「販売」ができました。

自作したNFTコレクションも0.1ETH(2万円)で売れているので、信頼担保になるかと思います。

手順はかなり簡単ですし、手順を完全図解していますので、ゆっくり読み進めてくださいね。

OpenSea1

NFTとは【概要を1分で解説】

そらまめ
そらまめ

そもそもNFTってなんですか?

しょーてぃ
しょーてぃ

かんたんに言えばブロックチェーン技術を使って「デジタルデータをコピペ不可能にしたもの」です!

意味不明だと思うので、画像を用いてサクッと説明します。

NFTとは何か
そらまめ
そらまめ

替えがきかないってどういうこと?

しょーてぃ
しょーてぃ

「本物のモナリザ」と「そっくりなコピー品」は価値が違うので、交換不可ですよね。これが「替えがきかない」ということです。

しょーてぃ
しょーてぃ

まとめると次の通り。

デジタルデータ/仮想通貨/NFTは次のように分類できます!

もっと詳しくNFTについて知りたい方はNFTとは?簡単に分かりやすく解説【仕組み~作り方まで】をどうぞ。

NFTの絵は売れる【18億円の値がつく世界】

まず下記の絵を見てください。ただのドット絵ですが、なんと18.5億円で落札されました。

ツイートを和訳すると以下の通り。

9個のレアな「クリプトパンクス」という絵が、18.5億円で落札されました

控えめに言って「ヤバイ」ですよね。ただのドット絵に18.5億円ですよ。。。

「クリプトパンクス」というNFTは世界に1万体しか存在せず、著名人たちが保有していて、最古のNFTという希少性があるので、こんな価格になっているというわけです。

しょーてぃ
しょーてぃ

他にもNFTのすごい事例があります!

それは下記の小学校3年生「Zonbie Zoo Keeper」さんが作った作品

価格はなんと52万円ほど。他にも数万円の値がつくNFTがバンバン売れているんです。

夏休みの自由研究で制作したドット絵のイラストを自ら販売したそう。

そんなNFTドリームを狙ってNFTを買ってみよう!売ってみよう!というのが今回の記事の目的です。

OpenSeaの登録方法~使い方【ゼロから完全図解】

しょーてぃ
しょーてぃ

それでは具体的な手順を解説していきます。

この通りに手を動かせば、OpenSeaを使えるようになりますよ。

NFTを売る流れ
  1. Coincheckに登録する(>>手順解説)
  2. CoincheckでETH(イーサ)を購入する(>>手順解説)
  3. MetaMaskを導入する(>>手順解説)
  4. CoincheckからMetaMaskにETHを送金する(>>手順解説)
  5. OpenSeaに登録&初期設定する
  6. 絵をNFTにする
  7. NFTを出品する
しょーてぃ
しょーてぃ

ちょっと難しそうに見えるかもですが、各記事にて「完全図解」していますので、

ひとつずつクリアしていってくださいね

それでは解説していきます。

1:Coincheckに登録する

まずはコインチェックに登録して仮想通貨ETHを用意します。

NFTの売買手数料として必要になるためです。

手順はかんたん。コインチェックにアクセスして登録をし、本人確認書類の提出などを行えば仮想通貨を買えるようになります。

登録手順に不安がある方は【完全図解】コインチェック(Coincheck)の登録方法を初心者向けに解説※専門用語なしをどうぞ。

2:CoincheckでETH(イーサ)を購入する

次に仮想通貨ETHを購入します。

コインチェックに日本円を入金し、その後ETHを購入すればOです。

CC入金1

こちらも手順に不安がある方は【完全初心者向け】スマホでできる!仮想通貨の買い方・売り方【コインチェック】をどうぞ。

3:MetaMaskを導入する

NFT売買でイーサリアムを使用するには、MetaMask(メタマスク)という仮想通貨のお財布が必要です。

イメージとしては下記の通り。いったんお財布に仮想通貨を入れてから、NFTを購入するんです

しょーてぃ
しょーてぃ

MetaMaskを使うことで簡単に仮想通貨やNFTの送金、受け取りができるようになります!

なお、MetaMaskはGoogleChrome(ブラウザ)の拡張機能になっていますので、まずは下記リンクからメタマスクをインストールします。

>>https://metamask.io/

メタマスク1

あとは画面の指示に従ってウォレットを作成していけばOKです。

メタマスク5

手順を完全図解してほしい方は【初心者向け】メタマスク(MetaMask)の使い方~送金方法【完全図解】をどうぞ。

4:CoincheckからMetaMaskにETHを送金する

それではコインチェックで購入したETHをMetaMaskに送金しましょう。

まずは作成したMetaMaskを開き、下記の部分をクリックしてアドレスをコピーします。

そしてコインチェックの「ETH送金画面」にそのアドレスをペーストすればOKです。

コインチェックからMetamask

こちらも詳しい手順は【初心者向け】メタマスク(MetaMask)の使い方~送金方法【完全図解】にて、全て画像付きで徹底解説しています。

5:OpenSeaに登録&初期設定する

次にOpenSeaに登録します。OpenSeaとは、NFTの売買サイトです。

とくに必要な書類などもないので、サクッと3分で登録&設定可能です。

>>OpeaSea

下記画像の手順通りに進めてください。

OpenSea2

次にMetaMaskと接続します。

OpenSea3

ユーザーネームとメールアドレスを入力します。

OpenSea4

登録したメールアドレスに1通のメールが届くので、認証すれば完了です。

OpenSea5
しょーてぃ
しょーてぃ

これでNFTを売買できるようになりました!

6:絵をNFTにする

こちらも簡単です。

出品したい画像やイラストを用意したら、以下の手順でNFT化して出品します。

画像サイズに指定等はありませんが、困ったら「600×600ピクセル」で「.png」にしておけばOKです。

OpenSea10
OpenSea11
OpenSea12
しょーてぃ
しょーてぃ

これで世界にひとつだけのNFTが完成です!

ドット絵のイラストを自分で作成したい場合はCryptoPunks(クリプトパンクス)風なNFTの作り方~出品までを参考にどうぞ。

7:NFTを出品する

それでは先ほど作成したNFTを出品していきます。

まずは作成したNFTの「Sell」ボタンをクリック。

次に販売方法や価格を下記画像に従って入力

OpenSea13
しょーてぃ
しょーてぃ

これで出品できました!

お疲れさまでした!

NFTで絵を売るコツ

NFTを売るコツは次の通り。

  1. 最初は安く出品する(0.001ETH~0.005ETH)
  2. Twitterやブログなどで宣伝をする
  3. 何か付加価値をつける
しょーてぃ
しょーてぃ

それぞれ軽く説明していきます!

1:最初は安く出品する(0.001ETH~0.005ETH)

まずは0.001ETh(約200円)くらいで出品しましょう。

というのも、最初の1人に買ってもらうことが一番難しいから。

購入者の気持ちになってみれば分かると思いますが、売買実績のないNFTを買うのは不安ですよね。

「だれが運営しているんだろう」「市場評価はどれくらいなんだろう」という不安はあるはず。

そのためまずは低価格で出品し、ある程度買ってもらえるようになってから価格を上げていくのがおすすめです。

しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくのNFTも最初は無料で配り、そこから2万円の値が付くようになりました!

>>おこめちゃんNFT

2:Twitterやブログなどで宣伝をする

Twitterやブログ、各種SNSでどんどん宣伝しましょう。

例えば、現物の絵をメルカリで出品すれば、「メルカリ内検索」によって自然と売れることがあるかもしれません。

しかしNFTの場合は、その機能がありません。

だからこそ、自分でガンガン宣伝していく必要があります。

どんな年齢の人に、どんな趣味嗜好の人に、どんなコンセプトで、どんな価値を提供するのか。これを決めてしっかりとマーケティングをしていきましょう。

3:何か付加価値をつける

NFTで絵を出品することはとても簡単ですが、実際に売るのは難しい。

とくに「ただの絵」であればなおさら。

そのため「絵に付加価値をつける」のがおすすめです。

例えば「NFTを買った人は、そのイラストを商用利用できます」などの付加価値ですね。

参考までに、ぼくのおこめちゃんNFTの場合「限定コミュニティに入れます」というのが付加価値になっています。

参考:NFTの購入方法

NFTを売るためには、まずは自分が購入者になっておくことが非常に重要。

「買い手はどんな気持ちで、何を求めてNFTを買うのか」

これを理解せずしてNFTは売れません。

しょーてぃ
しょーてぃ

NFTの買い方はとても簡単なので、安いものをサクッと買ってみてください。

ここでは例としてCrypto Baby AnimalsというNFTを購入してみましょう。

購入方法はとても簡単。欲しいNFTを見つけたら「BuyNow(今すぐ購入)」をクリックするだけ。

実際にお見せします。

Opensea検索
Opensea買い方

すると確認画面が出るので、クリックします。

Opensea買い方

どんどんクリックします。

Opensea買い方

そして最終確認です。

購入金額などはETHで表示されていますが、$(ドル)でも表記されているので分かりやすいですね。

ちなみに購入時には、下記の通り「ガス代」という手数料がかかります。

Opensea買い方
しょーてぃ
しょーてぃ

「ガス代」という言葉はよく出てくるので、覚えておきましょう!

【ガス代とは】
仮想通貨やNFTなども売買や送金の際に発生する手数料のようなもの。イーサリアムネットワークの場合は、ETHで支払われる。
ガス代が不足しているとMetaMaskが動かなくなるので、常に少額のガス代を入れておく必要がある。

もしガス代のETHが尽きてMetaMaskが動かなくなったら、またGMOコインからETHを送金してくださいね。

補足:購入したNFTを確認する

最後に、購入したNFTを確認してみましょう。

誰かからプレゼントされたNFTも、この方法で確認してください。

まずは下記の通り、OpenSeaを操作します。

OpenSeaコレクション確認

すると、購入した(=保有している)NFTの一覧が出てきます。これで確認できますね。

OpenSeaコレクション確認

しかし、もしかしたらプレゼント企画などで受け取ったNFTは、ここでは見つからないかもしれません。その場合は下記画像のように非表示(hide)のところに入っていたりするので、確認してみてくださいね。

OpenSeaコレクション確認

実際に確認してみると、プレゼント企画などでもらったNFTがけっこう入っていました。

ちなみに知らない誰かから送り付けられているNFTもあったりするので、余計なものには触らない方が良いでしょう。

OpenSeaコレクション確認
しょーてぃ
しょーてぃ

上記のように、非表示ゾーンから普通の場所に戻すときは「Unhide」を選択してくださいね!

まとめ:NFTを絵を売るなら早めにはじめよう

NFTで絵を売ることは可能です。しかしマーケティングに時間がかかるのも事実。

次のNFTブームに備えて、早めに始めておくことで先行者利益を獲得しましょう。

今この瞬間に行動を始めた人だけが、未来で成功できます。

まずはコインチェックでETHを買うところから始めてみると、とんとん拍子で進んでいくはずです。

\最短5分で口座開設/
 コインチェック公式サイト > 

コメント