【DeFi】仮想通貨DEX一覧!仕組み・特徴を分かりやすく解説

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。
DEX一覧 DeFi

こんにちは。しょーてぃです。

考える人
考える人

仮想通貨のDEXってなに?DeFiとはどういう関係があるの?

UniswapとかPancakeSwapとか、いろいろ種類があるみたいだけど、何が違うの?

こんな疑問に答えます。

【この記事を読むと分かること】

  • DEXとはDeFiの一種で「みんなで運営する仮想通貨の取引所」のこと
  • 「スマートコントラクト」という、自動でプログラムを実行する機能で動いている
  • UniswapやPancakeSwapなど複数のDEXが存在し、それぞれに特徴があること
しょーてぃ
しょーてぃ

【信頼性の担保】

ぼくは2021年からDeFiで運用しており、本業(サラリーマン)の収入を超えました。

比較的安全な投資方法から一発逆転のハイリスク投資まで経験済みです。

しょーてぃ
しょーてぃ

DeFiの知識ゼロの人でも分かるように、「PancakeSwap」とか「LPトークン」とか「流動性マイニング」みたいな専門用語は、ていねいに解説しながら進めますね

この記事を読めば、DeFiで稼ぐための基礎知識が身につきます。

\9月30日まで1500円貰える/
 コインチェック公式サイト > 

DEXが注目されている理由(今はまだ理解不能でOKです)

なぜこんなにもDeFiやDEXが期待されているかというと、以下の特徴があるからです。

  • 仮想通貨を預けたり貸し出したりすることで大きく稼ぐことができる
  • 「余計な中間手数料」がかからないので、より安く手軽に仮想通貨を交換できる

この「稼げる」というのが大きなポイントですね。

しょーてぃ
しょーてぃ

今はまだ理解不能でOKです!

「DEXが注目されている理由はコレなんだ~」くらいの認識で読み進めてください!

仮想通貨の取引所「DEX」とは?仕組みを分かりやすく解説

非中央集権

DEXとは「仮想通貨取引所」のこと。しかしコインチェックやGMOコインなどとは違い、DEXは管理者がいない“非中央集権”の取引所です。

つまり、1つの企業が管理するのではなく、ユーザーがみんなで管理している取引所というわけですね。

絶望する人
絶望する人

いきなり意味わからなすぎて挫折しそう…。

という人が大量発生しそうなので、もう少し分かりやすさ重視で解説していきます。

  • コインチェックなどの「企業が管理する取引所」
    →入出金やコインの売買などは、企業が行う
  • Uniswapなどの「みんなで管理する取引所(=DEX)」
    →入出金やコインの売買は、自動プログラムが行う(≒ユーザー同士が直接売買を行う)

上記の通り、DEXは既存のものよりもムダの少ない取引所なんですね。

しょーてぃ
しょーてぃ

既存の取引所だと、仮想通貨の送金や、交換、売買などにそこそこの手数料がかかって、けっこうシンドかったんですよね。

一方、DEXなら仲介企業が存在しないので、余計な手数料が取られずに済みます。最高ですね。

ちなみにDEXとは「Decentralized EXchange」の略で、日本語にすると「分散型 取引所」となります。

DEXの仕組み「スマートコントラクト」

疑問をもつ人
疑問をもつ人

DEXがスゴイのは分かったんだけど、プログラムだけで動いているのって安全なの?

ちゃんと動いているの?セキュリティは大丈夫なの?

しょーてぃ
しょーてぃ

大丈夫です。

それを理解するために、サクッと3分でDEXの仕組みを解説しますね。

DEXが成立するのは「ブロックチェーン」と「スマートコントラクト」という技術のおかげ。

ブロックチェーン
…改ざん不可能な記録台帳。
例えば「AさんがBさんに1000万円振り込みました」という記録をユーザーみんなで管理できる。
スマートコントラクト
…あらかじめ設定されたルールに従って取引等を実行するシステム。
例えば「7月20日に雨だったらAさんからBさんに10万円振り込む」といった感じ。
イーサリアムの機能のひとつ。

上記の通り、つまりDEXとは「不正や改ざんが不能なブロックチェーン上」で、しかも「ほかの何にも介入されない公平なプログラム」によって動いている取引所ということ。

しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくは人間よりもプログラムを信用します。

プログラムはウソをついたりズルをしたりしないので。

DEXでできること【預けて稼ぐ・借りる・交換する】

DEXでできることは大きく3つ。

  1. 仮想通貨を預けて稼ぐ
    →DEXにお金を預けると、お金が稼げます
  2. 仮想通貨を借りる
    →仮想通貨を預けて別の仮想通貨を借りることができます
  3. 仮想通貨を交換する
    →BTCをETHに交換したりできます
疑問をもつ人
疑問をもつ人

なんで仮想通貨を預けただけでお金が稼げるの?

なんで「仮想通貨を預けて、別の仮想通貨を借りる」必要性があるの?

しょーてぃ
しょーてぃ

すべて以下の記事に詳しくまとめていますので、参考にどうぞ。

【仮想通貨の魔界】DeFiとは?ガバナンストークンとは?基礎から分かりやすく解説
年利100~300%も実現可能なDeFi、やってみようとしたけれど仕組みが怖くてやめちゃったという人も多いですよね。この記事ではDeFiとは何か?しくみは?なぜ金利200%などという錬金術が可能なのか?これらについて解説していきます。

読むのが面倒くさい人向けにサクッと30秒で解説します。

【仮想通貨を預けるだけで稼げる理由】
例えばあなたが「BTCをDEXに預けた」場合、他のユーザーがETHをBTCに交換したいときに、あなたが預けたBTCを使うことができますよね。
つまり、DEXの「取引所としての機能」をあなたが生み出していることになります。その報酬として、手数料や金利を貰えます。
そういう意味で「みんなで運営している取引所」ってことなんです。
【仮想通貨を預けて、仮想通貨を借りる必要性/需要】
例えばあなたが「BTCは今後絶対に伸びる」と確信していた場合、たぶんBTCを売りたくないですよね。しかしそのBTCをただ眠らせていてももったいない。だからBTCを担保として預け、別の仮想通貨を借りる需要が生まれます。借りた仮想通貨を運用すれば、もっと稼げるかもしれないからです。
しょーてぃ
しょーてぃ

「預けて稼ぐ」にのみにフォーカスして解説した記事が、以下になります。

難しい内容ですが、中学生でも分かるように解説していますので勉強したい人はぜひ。

【DeFi】イールドファーミング(流動性マイニング)とは?やり方・仕組み・リスクも完全解説
「DeFiのイールドファーミングって?流動性マイニングって?なんだか稼げるらしいけど、仕組みややり方、リスクは?」こんな疑問に答えます。結論、超簡単に言えば、イールドファーミングとはコインを預けてお金を増やすシステムです。その仕組みやリスク、方法を解説します。

主要なDEX一覧をおすすめ順に解説

考える人
考える人

うーん、DEXの仕組みとかは理解したけど、

PancakeSwap?とかUniswap?とか、DEXにもいろんな種類があるみたいだし、何を選べばいいか分からない。

それぞれの違いと、おすすめDEXを教えてほしい!

しょーてぃ
しょーてぃ

任せてください!

おすすめ順に紹介していきますね。

【主要なDEX一覧】

  1. Uniswap(ユニスワップ)
  2. PancakeSwap(パンケーキスワップ)
  3. SushiSwap(スシスワップ)
  4. 1inch Exchange(ワンインチ)
  5. ApeSwap(エイプスワップ)
【補足!覚えておくべき基礎知識】
DEXには「チェーンの違い」があります。
具体的には「イーサリアムチェーン(ERC20)」というものと「バイナンススマートチェーン(BSC)」というものがあり、これだけ把握しておけばOKです。
他にもポリゴンチェーンとか、ソラナチェーンとかありますが、中級者になってから覚えれば良いので割愛します。
疑問をもつ人
疑問をもつ人

ん~、チェーンってなに?

しょーてぃ
しょーてぃ

分かりやすく例えると

  • iOSで開発されたサービスは、Appleストアでしか買えない
  • Androidで開発されたサービスは、GooglePlayでしか買えない

みたいな違いです。

それほど大きな違いはないですが、「Android用のアプリを買いたかったのに、間違えてAppleにお金をチャージしちゃった」みたいなことは起こりますので、「違いがある」ということは把握しておいてください。

というわけで、おすすめDEXを一つずつ紹介します。

 

①Uniswap(ユニスワップ):イーサリアムチェーン

ユニスワップは世界で最も人気のあるDEXです。流動性マイニングも可能で、ガバナンストークンである「UNI」も稼ぐことができます。

知名度もユーザー数もピカイチで、なにより「営利目的ではないサービス」というのがスゴイです。だから手数料も格安で、あらゆるムダが少ない。

しょーてぃ
しょーてぃ

デメリットは、イーサリアムのチェーンを使っていること。2022年現在、イーサリアムのガス代(処理手数料)が高騰しているんですよね。

Uniswap自体は手数料をほぼ取りませんが、送金等(=トランザクション)のたびにガス代がかかります。

結論、以下のような人におすすめのDEXです。

【Uniswapが向いている人】

  • 安パイを選びたい人
  • できるだけハッキングリスクを減らしたい人
  • 頻繁に売買しない人

>>Uniswap

>>稼ぎ方の解説記事

より手数料を気にする人は、次に紹介するパンケーキスワップがおすすめです。

②PancakeSwap(パンケーキスワップ):バイナンススマートチェーン

パンケーキスワップもユニスワップと機能的にはほぼ全く同じ。
違いといえば、バイナンススマートチェーン(BSC)を採用しており、ガス代(処理手数料)が安いこと。

こちらも流動性マイニング等をすることでCAKEというガバナンストークン稼ぐことができます。

しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくがメインで使っているDEXです。

【PancakeSwapが向いている人】

  • 安パイを選びたい人
  • より手数料を抑えたい人
  • 頻繁に取引したい人

>>PancakeSwap

>>稼ぎ方の解説記事

③Sushiswap(スシスワップ):イーサリアムチェーン

SushiSwapはUniSwapをベースに作られたDEX。ほぼUniswapと同じです。

Uniswapとの違いは以下の通り。

【スシスワップとユニスワップの違い】

  • ガバナンストークンが「SUSHI」である
  • 仮想通貨のレンディングサービス(貸し借り)で稼げる
  • IDOプラットフォームがある(株で言うIPO。未公開の仮想通貨を早期にゲットできる)

上記の通り、Uniswap より複雑にはなりますが、IDOなどで一発逆転を狙いたい人にはオススメです。

>>Shushiswap

>>稼ぎ方の解説記事

④1inch Exchange(ワンインチ):複数のチェーンに対応

1inchは複数のDEXを統一できるサービスです。要するに、一元管理できるサービスということですね

具体的には以下の機能があります。

  • 複数のDEXの中から最良レートを提示してくれる
  • 「ERC20」「BSC」「Poly」の3つのチェーンに対応

「Uniswap とかSushiswapとかたくさんあるけど、今この瞬間だとどのDEXで売買するのが一番お得なの?」という問題を爆速で解決してくれるスゴイやつ。

とはいえ数百万~数千万円くらいの規模で売買しない限り、メリットが薄いのも事実。

【1inchが向いている人】

  • 大金を動かす人
  • 頻繁に売買する人

>>1inch

>>稼ぎ方の解説記事

⑤ApeSwap(エイプスワップ):バイナンススマートチェーン

次に紹介するのがApeSwap。BANANAというガバナンストークンを収穫できるDEXです。

PancakeSwapと同じくBSCを採用しているので、ガス代(手数料)が少ないのがメリット。

Apeswap の特徴は以下の通り。

【Apeswap の特徴】

  • ガバナンストークンが「BANANA」である
  • IDOプラットフォームがあり、BANANAが定期的に燃やされる(≒流通量を抑える)仕組みがある
  • まだ中規模のDEXなので、他と比べて成長余地(≒高騰の余地)があるかもしれない

簡単にいえば、パンケーキスワップの小規模バージョンです。

小規模すぎるDEXだとラグプル(≒開発チームがお金を持ちだして逃げること)の危険性もありますが、ApeSwapはそれほど規模も小さくもなく、かといってまだまだ成長の余力を残しているDEXだと思います。

つまり、ApeSwapが急成長すれば、BANANAの価格もグンと上がるかもしれないということです。

しょーてぃ
しょーてぃ

リスクを取ってでも、一発で大きく勝ちたい人にはおすすめです。

ぼくも以前はApeSwapを使っていましたが、今はPancakeメインです。 

>>ApeSwap 

>>稼ぎ方の解説記事

DEXを利用して稼ぐ手順【完全図解】

DEXで仮想通貨を運用して稼ぐ手順は以下の通り。

大まかな流れは以下の通り。

イーサリアムチェーンを使う場合は、上記手順の3~5は不要です。コインチェックから直接メタマスクに送金すればOK。

詳しい手順については、上記のリンク先で解説しています。注意点も記事内で随時解説していますので、ゆっくり読み進めてくださいね。

【初心者向け】DeFiの始め方・稼ぎ方を徹底解説-仕組みからリスクまで
DeFiで毎日2万円稼いでいる、しょーてぃです。DeFiってなに?めちゃ稼げるっぽくて怪しいんだけど、どんな仕組みなの?始め方が分からないから教えてほしい。こんな疑問に答えます。DeFiの仕組みや始め方、リスクについても解説しています。

というわけで、以上になります。

コメント