【初心者向け】Web3.0とは?メタバースやNFTとの関連性も分かりやすく解説

※免責事項
当サイトは、暗号資産・NFT投資を勧誘することを目的としておらず、また何らかの保証・約束をするものではありません。 資産に関する決定はご自身のご判断において行ってください。
Web3とは 基礎知識

こんにちは、しょーてぃです。

疑問をもつ人
疑問をもつ人

Web3.0ってなに?

結局これってぼくらの生活にどんな影響や変化があるの?

仮想通貨とかNFT、メタバースとの関連性は?

こんな疑問に答えます。

【この記事のまとめ】

  • Web3.0とは「特定の企業が管理するのではなく、みんなで管理する”分散型の”インターネット」
  • 「食べログにお金を払うと上位表示される」みたいなことがなくなる
  • 一部の企業が利益を独占したり個人情報を抜きとったり、そういうことができなくなる
  • 仮想通貨やメタバース、NFTなどもWeb3.0の一部という認識でOK
しょーてぃ
しょーてぃ

【信頼性の担保】

ぼくは2017年から仮想通貨取引をしており、2022年に仮想通貨の専門家として独立しました。

しょーてぃ
しょーてぃ

知識ゼロの人でも理解できるように、具体例を多めで解説していきますね。

Web3.0(ウェブスリー)とは?忙しい人向けに概要を1分で解説

Web3.0とは、従来のインターネットの問題点(情報を一部の企業が独占、国や地域によるアクセス格差)などを解消できるような、新しいインターネットのあり方のこと。

例えば、「食べログにお金を払うと上位表示される」「メディアにお金を払ううことで、その商品を上位表示させる」みたいなユーザーにとって不便な問題が解消します。

そんなWeb3.0は、仮想通貨の元になっていることで有名な「ブロックチェーン技術」によって実現可能になりました。

このブロックチェーンという技術により、「インターネットの管理をみんなで行う(=一部企業が独占不可能になる)」ということが可能になったんですね。

これにより、より公平で、迅速で、安全なインターネットが実現すると考えられています。

しょーてぃ
しょーてぃ

忙しい人向けの説明はこれで終わりです。

ここから先は「すこし詳しい説明」や「メタバースなどとの関連性」を解説していきます。

Web3.0とは?Web2.0とどう違う?

まず、Web3.0を説明するためにWeb1.0やWeb2.0も軽く説明しておきます。

Web1.0とは:情報が一方通行の時代

「Web1.0」は初期のインターネットのこと。時代で言えば1990年代あたりです。

Web1.0の特徴は「情報の伝達が一方向・一方的」ということ。

しょーてぃ
しょーてぃ

ようするに、SNSとかで相互に関わることが出来なかったということです。

Web1.0時代では、インターネットが誕生したことで誰でも情報発信ができるようになりました。

しかし発信する手段は主にホームページのみでした。
つまり、誰かが作ったホームページをその他の大多数が閲覧するという、一方通行の情報発信です。

 

しょーてぃ
しょーてぃ

例えばこのブログみたいな感じですね。ぼくが記事を書いて、読み手は読むだけ。

これが変化するのがWeb2.0です。SNS等で相互発信できるようになりました。

Web2.0とは:相互に情報発信する時代

「Web2.0」とは、現在のインターネットのこと。時代で言えば、2000年~2020年代ですね。

TwitterやFacebookなどのSNSや、YouTubeやニコニコ動画のような相互に情報発信ができるプラットフォームが登場し、専門知識がない人も気楽に情報発信することが可能になりました。

例えばSNSなら「いいね」や「コメント」で、一方通行ではない双方向のコミュニケーションができるようになりましたよね。これがWeb2.0の大きな特徴です。

しかし、問題点も指摘されるようになってきました。

Web2.0 ではTwitterやインスタ、YouTubeといった一部のプラットフォームにユーザーが集中するようになりました。

これにより、これらを運営するプラットフォーマー企業に情報が集まります。

つまり、一部の企業があらゆる情報を操作・入手・管理できてしまうということ。

しょーてぃ
しょーてぃ

FacebookとかGoogleとかがハッキングされたりしたら、ぼくらの個人情報は全てダダ漏れです。

しょーてぃ
しょーてぃ

それに、Googleとかが権力を持ちすぎると「お前の国ではアクセス禁止な」とか「あなたの個人情報を使わせてくれないと、うちのサービス使っちゃダメですよ」とか言い始める危険性があります。

Facebookがニューヨーク大学研究者のアクセス権限をはく奪したというニュースもありました。(>>ニュース詳細)

 

Facebook(フェイスブック)は米国時間8月3日、2人の学術研究者のアカウントを停止し、世界最大のソーシャルネットワーク上における政治広告や誤報を研究する力を奪った。Facebookは、2人の研究者が「不正なスクレイピング」を行い、同社のプラットフォーム上でユーザーのプライバシーを侵害したと非難した。しかし、この主張に対し、Facebookの多くの批判者は、透明性に関する研究を阻止するための薄っぺらい口実だと酷評している。

引用:techcrunch

つまり、権力を集中させると好き勝手される危険性があるよね。という話です。これを解決するのがWeb3.0。

例えば、Gmailの情報をGoogleに抜かれたりしなくなります。

Web3.0時代のメールDMailで「自分だけのアドレス」を手に入れよう
みなさんGoogleアカウントがバンされたりしたら、Gmailも使えなくなるって知っていますか? これを解決するのがDmail(Dメール)。Web3.0の仕組みも交え、Dメールの始め方をくわしく解説していきます。

Web3.0とは:みんなでインターネットを運営する時代

Web3.0は、みんなで運営するインターネットのこと。キーワードは「分散」と「トラストレス(=信用不要)」

技術的な話をすると、ブロックチェーンの技術を用いることでデータをみんなで分散管理することができるんです。それにより、信用も不要になるんです。

  • 分散…権力の集中を防げる
  • トラストレス…信用ゼロの赤の他人とも取引可能になる。例えば「メルカリ」とかを挟まずに安心して取引ができるようになる。

どういうことか説明していきますね。

分散性が実現する仕組み

しょーてぃ
しょーてぃ

下記の図を見てください。

Twitterを例にあげると、こんな感じで「Twitter社が持っているサーバー」にみんながアクセスしていますよね。これを「中央集権」といいます。

中央集権

一方、ブロックチェーンを用いたシステムは、データをみんなで管理することが可能になりました。これによって中央にいた「権力を握っている一企業」が不要になり、「非中央集権(≒分散型)」になりました。

非中央集権

ブロックチェーンを用いたシステムの特徴は、とにかくデータを分散させることができること。

しょーてぃ
しょーてぃ

しっかり知識を身に着けたい人向けに、もう少し掘り下げますね。

「もう満腹だよ…」という人は、次の章まで飛ばしてください。

ブロックチェーンとはデータをブロック単位で記録し、そのブロック同士を時間軸の通りにチェーンでつなぐという動きをします。そしてブロックはユーザー全員のPCに保存されます。

イメージとしては以下の通り。

ブロックチェーンとは

こうしてみんなのPCに保存したブロックをチェーンをつなぐことで、分散性を実現しています。

こんな感じで中央に「権力を持つ誰か」が存在しなくなれば、「ブラジルの人は今日からTwitterにアクセス禁止ね」みたいな勝手なことが不可能になります。

トラストレスが実現する仕組み

先ほど説明した通り、ブロックチェーンを用いたシステムのデータは「みんなのPC」に保存されますそしてデータはブロックに細分化されたうえで暗号化されます。

すると情報を改ざんすることがほぼ不可能になるんですよね。なぜなら全員のPCをハッキングして、さらにはブロックの数だけ暗号を解読しなければいけなくなるので。

そしてすべての履歴が公開されているので、怪しい動きをしたら誰かにバレます。つまり信頼性が担保されるということです。

不正に気づける仕組み

このようにみんなで監視し合っていることもあり、「とある誰か」を信頼(トラスト)しなくても安心して取引等ができるようになります。これがトラストレス。

しょーてぃ
しょーてぃ

つまりWeb3.0は、ブロックチェーン技術によって「分散性」と「トラストレス」という特徴を備えたインターネットということです!

ブロックチェーン技術についてもっと詳しく知りたい人は下記の記事をどうぞ。1万文字くらいでガッツリ解説しています。

ビットコイン・仮想通貨って何がすごいの?仕組み・基礎知識まとめ【専門用語なし】
ビットコインって何がすごいの?仕組みは?将来性は?こんな方へ向けて、基礎知識を網羅的にまとめました。この記事を読むだけでビットコイン、ブロックチェーン技術の基礎、概要が理解できます。そうすることで投資をする際にも自分なりの信念を持つことができるので、稼ぎやすくなりますよ。

Web3.0がぼくらの生活にどんな影響を与えるのか

よく言われているものは以下の3点

  • プラットフォーマーに個人情報を預けずに済むので、プライバシーが守られる
  • セキュリティが高くなるので、あれこれセキュリティ対策をする必要がなくなる
  • 海外の知らない人とでも気軽に取引ができる

例えばGoogleとかって、ユーザーの年齢や性別、検索履歴などから「ユーザーの好みそうなもの」をAIが見つけ出し、広告表示させているんですよね。こういった情報をCookie(クッキー)といい、これを集めることで広告効果を高めています。

しょーてぃ
しょーてぃ

たぶん、こういった個人情報を収集されているのを不快に感じる人もいますよね。Web3.0ではこういったことができなくなると言われています。

(まあぼくはもともと気にしない派なんですが)

あとは、海外の人と気軽に取引ができるのも便利ですね。ぼくは「世界の貧富の格差が縮まっていくんじゃないかなあ」と思っています。

しょーてぃ
しょーてぃ

例えば「銀行口座を持っていない外国人」とか「住所のない外国人」とかに仕事をお願いしたいと思いますか?

考える人
考える人

いや、、、仕事をしてくれるかも信用できないし、そもそも送金とかもできないですよね。

そんなんじゃ仕事を任せられないじゃないですか。

しょーてぃ
しょーてぃ

でも、Web3.0時代であればトラストレスなので、そういった人にも仕事を振ることができるようになりますよね。銀行口座も住所も不要。スマホとビットコインウォレットさえあればOKです。

しょーてぃ
しょーてぃ

それに「日本人に頼むと5000円かかる仕事」でも、そういった貧しい国の人たちに頼めば1000円とかでやってくれるんですよね。

この流れが加速していけば、ぼくらと彼らの間にある賃金格差も少しずつなくなっていくはず。

ちなみにぼくはフィリピン人を雇って、「ブロックチェーンゲーム」をプレイしてもらっています。ブロックチェーンゲームというのは、プレイするとお金が稼げるゲームのことですね。

こんな感じでWeb3.0を活用すれば誰でもけっこうカンタンに不労所得をゲットできるので、良ければ参考にどうぞ↓

Axie Infinityのスカラーシップで稼ぐ手順【コピペでOK】
アクシーインフィニティ(Axie Infinity)のスカラーシップ(scholarship)で稼ぐ手順を知りたい!英語は苦手だし、契約書なんて書いたこともないし、外国人とチャットをしたこともないけど、挑戦してみたい!こんな人をサポートします。国内で1番分かりやすく解説します。

というわけで、Web3.0がぼくらの生活に与える影響は下記の通り。

  • プラットフォーマーに個人情報を預けずに済むので、プライバシーが守られる
  • セキュリティが高くなるので、あれこれセキュリティ対策をする必要がなくなる
  • 海外の知らない人とでも気軽に取引ができる

NFTやメタバースはWeb3.0とどういう関連性があるの?

ここで気になってくるのがメタバースやNFTとの関連性ですよね。

結論、これらは全てWeb3.0のひとつの要素です。

  • 仮想通貨…分散して管理されている、コピペや改ざん不可能なデジタルなお金。
  • NFT…分散して管理されている、コピペや改ざん不可能なデジタルなモノ(音楽やアート、チケットやキャラクターなどなんでも)
  • メタバース…NFTや仮想通貨を使った経済活動が可能な仮想空間

どれもWeb3.0には不可欠なものですね。

メタバースの世界で外国人に仕事を振る。なんてことも日常になるかもしれませんね。

しょーてぃ
しょーてぃ

メタバース、NFTについて詳しく知りたい人は下記の記事をどうぞ!

【初心者向け】メタバースとは?分かりやすく解説【おすすめ投資先は?】
メタバースってなに? ニュースでよく聞くけど、難しくてよく分からない。 Facebookも社名を「Meta」に変えたりしてるし、注目されてるみたい。 仮想通貨やNFTとは関係があるの?ちょっと投資もしてみたいから、おすすめを教えてほしい。←こんな疑問に答えます。
NFTとは?簡単に分かりやすく解説【仕組み~作り方まで】
NFTってなに?知識ゼロの人にも分かりやすく説明してほしい...。NFTの仕組みや利用法、稼ぎ方も知りたいな。←こんな疑問に答えます。 NFTとは識別番号付きのデジタルデータのことで「唯一性の証明」「他人と取引可能」「他のプラットフォームで使える」などの特徴があります。

Web3.0とは?まとめ

ここまでの内容をまとめると下記の通り。

【この記事のまとめ】

  • Web3.0とは「特定の企業が管理するのではなく、みんなで管理する”分散型の”インターネット」
  • 一部の企業が利益を独占したり個人情報を抜きとったり、そういうことができなくなる
  • 仮想通貨やメタバース、NFTなどもWeb3.0の一部という認識でOK

というわけで、Web3.0の世界に先駆けたい人は下記の記事をどうぞ。

初心者向けの記事では「ビットコインの売買」ができるように完全図解しており、中級者向けの方ではフィリピン人に仕事を振ったりDeFi(DEX)といった「分散型の銀行」を使いこなしたりする方法を解説しています。

重要なのは早く動くこと。いつだって先行者は有利なので、この機会にどうぞ。

【初心者向け】仮想通貨の始め方・完全ロードマップ【失敗しない】
仮想通貨の始め方を知りたいな。最近はビットコインなどがアツいみたいだけど、何をすればいいかわからない。自分も早めに波乗りしたい。こんな疑問に答えます。ぼくは2017年から仮想通貨投資を始め、2018年の大暴落も経験しています。それでも勝ち続けているので、参考になるかと思います。
【中級者向け】仮想通貨でガッツリ稼ぐための完全ロードマップ【稼ぎ方~便利ツールまで】
国内取引所でビットコインやイーサは売買してみたけど、もっといろんなコインも触ってみたいな。それと、トレード以外でも稼げるようになってみたい!DeFi?とか、そういう「中級者向けの稼ぎ方」にも挑戦してみたい!←こんな疑問に答えます。※この記事は中級者向けなので、初心者は回れ右してください。

というわけで以上になります。

 

コメント