【失敗しない】仮想通貨の始め方・完全ロードマップ【初心者むけ】

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。
失敗しない仮想通貨の始め方 仮想通貨

こんにちは。2017年から仮想通貨に投資をしている、しょーてぃです。

考える人
考える人

仮想通貨に興味があるけど、どういう手順で何から学べばいいんだろう…

始め方、稼ぎ方、ぜんぶまとめて教えてください!

悩む人
悩む人

でも金融の知識ゼロだし仮想通貨も初めてだから、難しい言葉を使わず分かりやすく教えてほしい…!

こんな疑問に答えます。

よくある記事だと「ビットコインを買って終わり」なんですが、この記事では稼ぐための基礎知識もしっかり解説していきます

「細かいことは後でいいから、余計な手数料がかからない買い方を教えてくれ!」という人は、コチラまで進んでくださいね

しょーてぃ
しょーてぃ

【筆者のプロフィール】
慶應→大企業→25歳で仮想通貨の関連事業で独立。

本業として取り組んでいるので、分かりやすく解説できるかと思います。

仮想通貨は難しくない

じつは、仮想通貨(=暗号資産)を買うのはとってもかんたん。Amazonで買い物するのと同じくらいの難易度です。

難しいと感じてしまう原因は「専門用語が多すぎる」のと「正しい学習順序が分からない」から。

この記事では、そんな「難しさ」を徹底的に削って説明します。

算数だって、いきなり割り算を学ぼうとすると難しいですが、足し算→引き算→掛け算→割り算という順番で学べば難しくないですよね。

それは仮想通貨も同じ。正しい手順で学べば、誰でもかんたんに始められます。

しょーてぃ
しょーてぃ

今日から新しい世界に踏みこんでみましょう!

仮想通貨の未来

まず始める前に気になるのが「仮想通貨って稼げるの?将来性は?」というところですよね。結論、将来性のカタマリです。

事実、世界のFacebookは2021年に社名を「Meta」(←仮想通貨関連の用語)に変更しましたし、世界一位の自動車会社テスラはビットコインを大量に購入しています。

このように先進的な大企業がどんどん参入してきているのが、仮想通貨の世界です。

しかも2022年現在、仮想通貨投資をしているのは世界人口の約4%ほど。つまり本格的に参入者が増えるのはこれからなので爆発的に稼げるチャンスがある」と言えるでしょう。

たった数万円が、数十万円、数百万円になる可能性も十分にあります。

事実、仮想通貨の投資人口が増えるたびに、ビットコインは爆上がりしています↓

ビットコインチャート
しょーてぃ
しょーてぃ

もし2020年3月に5万円投資していたら、たった7ヶ月で75万円に増えていた計算になります!

こんな夢のような話が存在するのが仮想通貨の世界です。もしあなたの資産が15倍になったら、何に使いたいですか?

毎月1回ゆったりと温泉宿に泊まったり、趣味の用具をワンランク上のもので揃えたり、毎日のご飯をちょっとレベルアップしてみたり、いろんな選択肢がありますよね。

もちろん、大きなリターンが狙える反面リスクは存在します。そのためこの記事では損失回避の方法も合わせて解説しているので、一緒に学んでいきましょう。

【全体の流れ】仮想通貨の始め方あんしん5ステップ

ここからは失敗しない仮想通貨の始め方を以下の5ステップで解説していきます。

仮想通貨始め方5ステップ

ひとつずつ丁寧に説明していきますね。

「細かいことは後でいいから、余計な手数料がかからない買い方を教えてくれ!」という人は、ステップ2まで進んでください。

ステップ①:「仮想通貨の基礎知識」を身につける

仮想通貨投資を始める前に知っておきたいのが下記の3点。

仮想通貨の基礎知識
  1. ビットコインとは?電子マネーとどう違うの?
  2. アルトコインとは?
  3. 主要な仮想通貨一覧
しょーてぃ
しょーてぃ

それぞれ1分くらいで、専門用語抜きで解説します!

仮想通貨・ビットコインとは?電子マネーとどう違うの?【1分でわかる】

まずは、仮想通貨とはなんなのか、1分で理解していきましょう。

「仮想通貨」は「電子マネー」に似たものだと思ってください。しかし両者には、決定的な違いがあります。

それは「特定の管理者がいるかいないか」です。

この説明だけでは意味不明だと思うので、電子マネーである「楽天ポイント」と、仮想通貨「ビットコイン」を比べてみましょう。

しょーてぃ
しょーてぃ

上記の通り。楽天ポイントは、もし楽天が倒産したら「価値=ゼロ」になりますよね。

一方ビットコインには「特定の管理者がいない」ので、どこの企業が倒産しても、どこの国家が破綻しても、価値は保たれます。

疑問をもつ人
疑問をもつ人

つまり…どういうことだってばよ?

しょーてぃ
しょーてぃ

まとめると、ビットコインはどこにも依存しない独立した通貨いうことです!

そして「どこにも依存しない通貨」を実現するために使われたのがブロックチェーンという暗号化技術です。

しかし詳しいことを話しても頭がパンクしてしまうので、「ブロックチェーン技術=デジタルなものをコピペや改ざん不可能にする技術」と理解しておけばOK。基礎知識としてはこれで十分です。

ビットコインは価値を保存できる

突然ですが、あなたはジンバブエドルという通貨をご存じでしょうか?

名前の通りジンバブエの法定通貨なんですが、2015年に価値がゼロになったんですよね。

軽く説明すると、2000年頃、ジンバブエが政策をミスって、ジンバブエドルを印刷しまくったんです。

その結果、ジンバブエ国内に存在するお金が増えまくり、貨幣の価値が下がりました。結果、1000億ジンバブエドルでパン切れ1枚しか買えない状況に。

しょーてぃ
しょーてぃ

あなたが頑張って貯めた100万円が、国のせいで「パン1切れの価値」になったら絶望ですよね。

これをインフレと呼びます。世界各国で発生しており、ぼくらの「日本円」の価値も少しずつ落ちてきています。「円安がヤバイ!物価上昇がヤバイ」とか聞きますよね。

法定通貨ですら価値を保てない時代です。だから富裕層はドルやゴールド、保険や不動産などに分散して大事な資産を守っているわけですね。

その点、ビットコインは誰にも管理されない上に、発行上限が2100万枚と決まっています。つまりインフレにはなりません。

地球上に存在するゴールド(金)の総量に上限があるように、ビットコインにも発行上限があるんです。だからビットコインは「デジタルゴールド」と呼ばれ、価値の保存先として注目されているんです。

こういったビットコインの仕組みの部分をもっと詳しく知りたい人はビットコイン・仮想通貨って何がすごいの?仕組み・基礎知識まとめ【専門用語なし】をどうぞ。

アルトコインとは?【ビットコイン以外の仮想通貨】

アルトコインとは「ビットコイン以外の仮想通貨すべて」のことです。

イーサリアム(ETH)とか、リップル(XRP)とかもアルトコイン。ビットコインよりも値動きが激しい傾向があります。

ちなみにアルトというのは「alternative=代わりの」の頭文字。アルトコインはビットコインをもとにして作られたので「代わりのコイン」と名付けられました。

分かった人
分かった人

アルトコインは、ビットコインの子供たちなんだね!

アルトコインには様々な機能がある

アルトコインには様々な「特殊能力」があります。

例えばイーサリアム(ETH)には、契約を自動で実行する「スマートコントラクト」という機能があります。

スマートコントラクト

この機能によって取引に信頼が不要になりました。

例えば、Twitter上で知らない人から直接リンゴを買うことを想像してみてください。たぶん、取引するのがちょっと不安ですよね。

不安になる原因は「あなたが先にお金を払っても、相手がリンゴを送ってくれないリスク」があるから。だからぼくらはメルカリなどの中間業者を使って、そのリスクを排除します。

その点、イーサリアムのスマートコントラクト技術を使えば「お金を支払った瞬間に、自動で契約が実行される」んです。具体的にはETHを支払った瞬間にNFTをゲットできたりします。

(参考記事:NFTとは?簡単に分かりやすく解説【仕組み~作り方まで】)

つまり相手のことを信用できなくても、安心して取引ができるようになったんです。

しょーてぃ
しょーてぃ

これをトラストレス(=信用不要)な取引といいます!

他のアルトコインにも特殊機能があるので、主要なものだけ説明します。

主要な仮想通貨一覧【基礎中の基礎】

仮想通貨取引を始める前に、どんな仮想通貨が存在するのか知っておきましょう。

ビットコイン(BTC)2008年にサトシナカモトという正体不明の人物が発表した論文を
もとにして作られた、世界最初の仮想通貨。
仮想通貨の中で一番規模が大きい。
イーサリアム(ETH)イーサリアムとは「お金を入れたらドリンクが出てくる自動販売機」のように、
決められた契約を自動実行する「スマート・コントラクト」という機能を
持ったプラットフォーム。
そのプラットフォームで使われる仮想通貨が「イーサ(ETH)」。
リップル(XRP)送金手数料や送金時間を圧倒的に短縮できる仮想通貨。
日本円でXRPを買い、XRPを海外送金し、海外でXRPをドルにしたりするのに使われる。
テザー(USDT)ドルと同じ価値を維持する仮想通貨。海外の取引所で使われる。
日本の取引所のみで仮想通貨を売買する場合は知らなくても大丈夫。
ビットコインキャッシュシュ(BCH)ビットコイン(BTC)から分裂して生まれた仮想通貨。
ビットコインの問題点であった処理容量や処理速度を改善させ、
より決済に使いやすくした仮想通貨。

他にもたくさんのアルトコインがありますが、気になったときに調べていけばOKです。

※ちなみに「アルトコイン おすすめ」で調べるのは非推奨。「おすすめアニメランキング」と同じくらい信用できませんので。

おすすめの仮想通貨の選び方や稼ぐコツは、記事の後半で説明します。

ステップ②:仮想通貨取引所で無料講座開設をする【所要時間:10分】

それでは次に、仮想通貨を取引するための口座を作っていきましょう。

銀行口座や証券口座のようなものですので、もちろん無料で作れます。

迷ったら「Coincheck(コインチェック)」でOK。圧倒的に使いやすいですし、下記の調査で人気No.1になっている取引所です。

なお、コインチェック以外にも取引所は存在します。「手数料の安さ」「セキュリティの高さ」「取り扱い銘柄の数」である程度フィルタリングして、比較表を載せておきます。

Coincheck
(コインチェック
GMOコイン DMM Bitcoin
取引所
手数料
無料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所スプレッド(≒手数料) 5%前後 5%前後 5%前後
取扱コイン数 18銘柄 21銘柄 20銘柄
セキュリティ 国内最大級の金融企業「マネックスグループ」がバックにいる◎ 大企業「GMO社」がバックにいる◎ 大企業「DMMグループ」がバックにいる〇
おすすめポイント 圧倒的な使いやすさ/サポート充実 入出金手数料が無料なので海外送金時に便利 入出金手数料が無料なので海外送金時に便利
デメリット 販売所が高い/出金手数料が407円 販売所が高い/操作に慣れが必要 販売所が高い/販売所しか使えない
公式サイト 口座を作る(無料) 口座を作る(無料) 口座を作る(無料)

\最短5分で口座開設/
 コインチェック公式サイト > 
しょーてぃ
しょーてぃ

コインチェックには、上記リンクから10分ほどで無料登録可能です。

登録手順に不安がある方は【完全図解】コインチェック(Coincheck)の登録方法を初心者向けに解説※専門用語なしをどうぞ。

ステップ③:ビットコインやイーサを購入する【所要時間:10分】

コインチェック板取引

それではいよいよ仮想通貨を購入していきます。

入金と本人確認まで完了してから進みましょう。

絶望する人
絶望する人

ちょっといきなり難しそうで怖い…

しょーてぃ
しょーてぃ

見るべきポイントはごく一部なので大丈夫です!

誰にでも分かるようにすべての手順を完全図解していくので安心してください!

【注意】いきなり高額取引を始めないようにしましょう。最初は1000円~1万円、多くても5万円くらいで試すのがおすすめです。

というのも仮想通貨には下記の2通りの購入方法があり、いきなり大金で投資をすると操作ミスをする可能性があるから。まずは少額売買で操作に慣れてから、大金を売買するようにしましょう。

2通りの購入方法
  • 販売所で購入…操作がとても簡単だけど、若干割高
    →最初はこっちで少額売買を試してみましょう
  • 取引所で購入…ちょっと操作に慣れが必要だけど、安く買える
    →慣れたらこっちに挑戦してみましょう
しょーてぃ
しょーてぃ

まずは数千円くらい販売所で購入してみて、慣れてきたら「取引所」でも購入してみるのがおすすめです。

これが一番失敗のリスクが低く、より安く仮想通貨を購入する手順だと思います。

詳しいやり方は【完全初心者向け】スマホでできる!ビットコインの買い方・売り方【コインチェック】完全図解しています。

上記記事の手順通りに進めれば、だれでも10分で売買に慣れるようになっています。

ステップ④:仮想通貨で稼ぐコツを知る

ぼく自身は2017年から投資を始め、2018年の仮想通貨の氷河期を乗りこえ、2021年には+500%の爆益をたたき出しました。その中で理解した「仮想通貨で稼ぐコツ」を紹介します。

これをやれば100%勝てるわけではありませんが、間違いなく参考になるはず。

重要な部分だけ3つ、ご紹介します。

当たり前ですが「安く買って高く売る」のが基本

もう当たり前すぎて説明不要なレベルなのですが、安く買って高く売れば稼げます。不思議なことに、負けている人はこれができていません。

仮想通貨はめちゃめちゃ値動きが激しい分、「安く買って高く売る」チャンスはかなり豊富。

もし今この瞬間にビットコインを買ったとしても、今より値段が高くなる瞬間はほぼ間違いなく出てきますよね。

しょーてぃ
しょーてぃ

下記チャートを見るとわかりやすいです!

ビットコインチャート

結果論にはなってしまいますが、「2021年の11月にてっぺんで勝った人」以外は、高く売るチャンスが存在していたんですよね。

ぶっちゃけ、こんなに右肩上がりのチャートで損をするほうが難しいです。買ったときより高値になるタイミングが一瞬でもあれば、稼げるんです。

というわけで、まずは「安く買う」と「高く売る」の2つだけを意識しましょう。

仮想通貨を買うタイミングを見極めよう【結論、暴落時orイマ】

疑問をもつ人
疑問をもつ人

安く買うのが重要なのはわかったけど、結局いつ買うのがおすすめなの?

こういう疑問もあると思います。

結論、暴落時orイマ買うのがオススメです。

チャートというのは下記のように、基本的には「坂道を転がり落ちて跳ねる玉」のように動きます。
(詳しく話すと1万文字くらいになってしまうので、簡単に説明しています)

チャート

そのため、暴落時に跳ね返ったのを確認してから買うのが勝ちパターンのひとつ。これを「押し目買い」といいます。

ただぶっちゃけ、跳ね返りを見極めるのはちょっと難しい。だからすご~く長い目で見ることが重要なんです。

例えば上記のチャートを見ると、2019年に購入していれば、どこで買っていても大勝利なんですよね。

しょーてぃ
しょーてぃ

つまり、長期で保有する場合は「イマ」が一番安いということです。

それでも「短期的な暴落が怖い」という人は以下の手順で購入しましょう。

  • 今は資金の20%分を購入して
  • 価格がさらに下がった場合はまた20%購入して…
  • 価格が下がるたびにこれを繰り返す

こうすることで平均購入価格を引き下げられますので、損を最小限にとどめ、利益を大きくすることができます。

こういう手法を「ドルコスト平均法」といいます。こちらもかなり鉄板の手法です。

どの仮想通貨を買えばいいのか【BTCまたはETH】

未来は誰にもわかりませんので「これを買えば勝てる」と保証するものではありません。

しかし、こういう考え方はどうでしょうか?

仮想通貨の種類はたくさんあって、どれが上がるのかを見極めるのはかなり難しい。でも、仮想通貨の市場そのものは拡大していくから、その基軸である「BTC」や「ETH」は伸びるよね

こういうことです。

しょーてぃ
しょーてぃ

株式投資をやっている人なら「なるほど!あれか!」と思ったんじゃないでしょうか?

そうです。最強の投資手法「インデックス投資」と同じ考え方なんです。

インデックス投資とは

「個別企業の将来性を見極めるのは難しいよね。でも、世界経済そのものは今後もどんどん発展していくのはほぼ確実なんだから、世界中の企業に広く浅く投資すれば勝てるんじゃね?」という投資手法。

しょーてぃ
しょーてぃ

だからぼくはBTCとETHに投資をしています。

仮想通貨の市場そのものの成長を確信しているので!

事実、今のところBTCとETHは、市場の成長に合わせて安定的に価格上昇を続けています。

もちろん、短期間で価格が10倍になる可能性は低いかもですが、堅実に資産を増やすならこれらがベストかなというのがぼくの見解です。

ステップ⑤:仮想通貨で損をしないコツを知る

次に、仮想通貨で損をしないコツを紹介します。

仮想通貨市場は成長中なので「資金ゼロになって退場」さえしなければ長期的に勝てるとぼくは確信しています。

というわけで、そのために必要な「損失回避のコツ」を紹介しておきます。

「余剰資金」で投資をしよう

多くの人は暴落時に絶望して撤退します。

言い換えると「高く買って安く売る」という最悪ムーブをしてしまっているんです。

暴落時はバーゲンセールで買うチャンスなのに、なぜか逆に売ってしまうんですよね。これではあっという間にお金が溶けてしまいます。

そうなってしまうのは「恐怖や絶望の感情」が原因。もし仮に、投資額が1000円だったときのことを想像してみてください。

考える人
考える人

あ、ぼくが1000円投資したコイン、暴落して500円になってる。

まあいっか。そのうち回復するっしょ!

こんな感じですよね。余剰資金で投資をしていれば、絶望せずにメンタルを安定させられます。その結果「資金ゼロになって撤退」を回避できるというわけです。

投資先の仮想通貨をしっかり調べよう

しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくがなぜ2018~2019年の大暴落を乗り越えられたのかというと、ビットコインについてかなり勉強し「これは間違いなく伸びる!」と信じ、保有し続けられたからです。

多くの人が暴落時に売ってしまう原因は「このまま値下がりし続けて、無価値になってしまうのかも…」という不安があるからですよね。

暴落時には当然、悪いニュースや不安をあおる記事がたくさん出てきます。だからみんな絶望して、保有している仮想通貨を売ってしまいます。

このように、感情のままにトレードすると「高く買って安く売る」ようにできているんです。

だからこそ、暴落時の悪いニュースに影響されないくらいの「買う根拠」を持つことが重要かなと思います。

怪しい投資案件に騙されないようにしよう

仮想通貨の世界には詐欺がたくさんあります。

「確実に100万円稼げるんだけど、投資しない?」などという甘い話には引っかからないでください。

詐欺師は「勉強をしない人」「情報収集をしない人」を狙っています。日本の社会人の平均学習時間は1日6分なので、詐欺師からしたら良いターゲットですね。

少しずつでいいので勉強をしてリテラシーを高め、詐欺の被害にあわないようにしましょう

【最後に】衝撃の事実をお伝えします

最後に衝撃の事実をお伝えします。なんと、ここまで読み進める人は全体の30%しかいません

「社会人の平均勉強時間=6分」というデータが示すように、多くの人にとっては「ちょっとブログを読んで学ぶ=苦痛」なんですよね。そこを乗り越えられただけであなたはすでに上位30%です。

そしてさらに、このブログを読んだ人の95%が行動しないことも判明しています。知識を得て満足し、ページを閉じて、ベッドでスヤスヤ眠り、またいつもの日常に戻るだけ。

挑戦する気持ちもリセットされていることでしょう。

考える人
考える人

うーん、でも今さら始めても遅くない?

もうちょっと考えてから始めようかな~

こういう人が95%もいるおかげで、行動した人だけが稼げるんです。

しょーてぃ
しょーてぃ

例えばですが、ぼくは「ブログはオワコン」と騒がれている2018年にブログを始め、2022年には月90万円くらい稼げるようになりました。いつの間に「先行者」の仲間入りです。

仮想通貨でも同じことが言えます。事実、2022年に仮想通貨投資をしているのは世界人口の4%ほどと言われているくらいなので、いかに人間が行動しない生き物なのかが分かりますよね。

仮想通貨を今始めるなら、まだまだ先行者優位は得られます。

数年後にビッグウェーブに乗っているのか、それとも横目で見ているだけなのかは、今この瞬間の判断で決まります。

今から30分くらい作業をして、サクッとビットコインを買ってみてはいかがでしょうか?

ビットコインチャート

というわけで以上になります。

コインチェックの登録手順に不安がある方は、【完全図解】コインチェック(Coincheck)の登録方法を初心者向けに解説※専門用語なしをどうぞ。

コメント