「長期で伸びる仮想通貨」の判断基準は?ぼくの選び方を教えます

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。
仮想通貨選び方 基礎知識

こんにちは、しょーてぃです。

考える人
考える人

長期的に有望な仮想通貨って、どう選べばいいの?

しょーてぃさんの投資銘柄を教えてください!

こんな疑問に答えます。

この記事を読むと分かること
  • 「長期で良さそうな仮想通貨」の判断基準は「仮想通貨の市場全体の成長の恩恵を受けられるか」
  • ぼくはBTCとETHとBNBをメインで保有しています
  • それぞれのコインの購入方法
しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくは慶應を卒業して大企業に入ったのち、2022年に仮想通貨の事業で独立しました!

仮想通貨を本業にしているので、けっこう詳しい方かなと思います。

なお、ぼくは2021年にサラリーマンをしつつ「年収以上の額」を仮想通貨で稼いだので、信頼担保になるかなと思います。(納税証もブログ内で公開しています)

\最短5分で口座開設/
 コインチェック公式サイト > 

「長期で良さそうな仮想通貨」の判断基準は、市場そのものの成長の波に乗れるか

ぼくの基本戦術は「市場全体の成長の波に乗ろう」というものです。

つまり、長期で良さそう=仮想通貨市場の成長に合わせて価格が上昇していくコインと判断しているということ。

しょーてぃ
しょーてぃ

これが「リスクを抑えつつ長期で勝つ」ために超大事!

まず前提として、「仮想通貨・ブロックチェーン市場」はほぼ間違いなく急拡大していくと考えられています。

これを前提にすると、「だったら仮想通貨市場そのものに投資したら、リスクを下げつつ、長期的には稼げる確率が高いよね」という結論になるわけです。

しょーてぃ
しょーてぃ

まず「ブロックチェーン市場は拡大していく」という前提に納得できない場合は、この記事は参考になりませんのでご注意ください!

なぜ市場拡大するのか疑問な方は、下記の記事をどうぞ。

>>ビットコイン・仮想通貨って何がすごいの?仕組み・基礎知識まとめ【専門用語なし】

この「市場全体の成長に投資する」という戦術ですが、アメリカ株に投資をしているなら「なるほど。基本にして最強の投資戦略ですね」と共感してくれることでしょう。

  • アメリカや全世界株のインデックス投資
    →「世界経済そのものは発展していく」という前提のもと、全世界に広く浅く投資をしていく方法。
    →どこかの株が下がっても、別のどこかが上がるので、トータルでは世界経済の成長とともに資産が増える。
  • ぼくの仮想通貨の投資手法
    →「仮想通貨市場は拡大していく」という前提のもと、その成長の波に乗れるコインに投資していく。
    →つまりインデックス投資と同じ手法
しょーてぃ
しょーてぃ

つまりぼくは、株式投資で「限りなく正解に近い投資手法」を仮想通貨に適用しているだけというわけです。

前提条件:時価総額の大きい仮想通貨を選ぶのが基本

仮想通貨時価総額ランキング

仮想通貨市場そのものに投資をするわけなので、時価総額が大きいコインを選ぶのが基本。これを守るのは絶対です。

>>CoinmarketCap時価総額ランキング

それでは、具体的な銘柄を例に挙げつつ「ぼくが投資している長期で有望なコイン」を紹介していきますね。

ぼくは「BTC」と「ETH」と「BNB」をメインに分散して投資をしています

結論、ぼくは「BTC(ビットコイン)」と「ETH(イーサリアム)」と「BNB(バイナンスコイン)」の3種をメインに分散投資しています

保有資産仮想通貨

残りの40%ほどで、ブロックチェーンゲームやNFT、短期銘柄の売買などをしている状況です。

しょーてぃ
しょーてぃ

BTC、ETH、BNBのどんな点が「長期的に有望だ」と判断しているのか、解説していきますね。

①BTCは「仮想通貨全体の成長」の恩恵を受けられる

まずはBTCの特徴を説明していきます。

BTCの特徴
  • 時価総額(≒信用と流動性)がダントツ一位
    →「通貨」として一番重要な機能
    →価値の保存ができる
  • 様々な国や企業が保有している
    →テスラなどの大企業やエルサルバドルという国家がBTCを保有するようになり、より信用と流動性が増えていく
    →ゴールドマンサックス等の証券会社がBTCの金融商品化に力を入れており、さらに投資マネーが流れ込む
  • 仮想通貨の世界の基軸通貨である(ドルのような立ち位置)
    →多くの仮想通貨はBTCを用いて売買されている
    →どの仮想通貨が上がっても、その恩恵を受けられる

上記の通り、BTCはすべての仮想通貨の「基軸」となる通貨です。

XRP(リップル)が高騰しても、SOL(ソラナ)が高騰しても、すべての仮想通貨の成長は、BTCにも影響を与えます。

つまり、BTCを買っておくことで仮想通貨市場そのものの成長の恩恵を受けられるということ。

しょーてぃ
しょーてぃ

ぶっちゃけ、BTCさえ買っておけば実質的には「仮想通貨への分散投資」はできているとも言えます。

ぼくはさらに利益を取りたいので、ETHとBNBにも投資をしています。詳しく説明していきますね。

BTCの購入方法
  1. コインチェックの口座開設(>>手順解説)
  2. コインチェックでビットコインを購入(>>手順解説)

②ETHは「ブロックチェーン・アプリケーション市場全体の成長」の恩恵を受けられる

ETHとは、イーサリアムというプラットフォームで使われるコインです。

疑問をもつ人
疑問をもつ人

プラットフォームで使われるコインってなに?

しょーてぃ
しょーてぃ

分かりやすく説明すると「iOSで使われるコイン」みたいなイメージです。

もっというと「iOS上のアプリの利用料は、すべてETHというコインで支払ってくださいね」という感じで使われるコインです!

例えばパズドラ、モンストなどのゲーム、ヘルスケアアプリ、メールアプリなどはすべて、iOSという基盤の上で動いていますよね。

それと同じように「イーサリアムというブロックチェーン(≒基盤)」の上で様々なアプリが開発されているんです。

具体的には、NFTを売買できるOpenSea(≒NFTのメルカリ)とか、遊んで稼げるIllvium(=ブロックチェーンゲーム)など、数えきれないほどのサービスが開発されています。

そして今後もどんどんイーサリアムを活用したサービスが増えるので、ETHはその成長の恩恵を受けられるというわけです。

イーサリアムとはプラットフォームのこと。ETHはそのプラットフォームの成長の恩恵を受けられる。

ETHの購入方法
  1. コインチェックの口座開設(>>手順解説)
  2. コインチェックでイーサリアムを購入(>>手順解説)

より分かりやすく「ブロックチェーンの種類」を説明します

もう少し踏み込んだ話をすると、「イーサリアム」以外にもブロックチェーンにはいくつか種類があります。ソラナチェーン、バイナンススマートチェーンなどがそうですね。

例えの話から始めますが、楽天ポイントは楽天関連のサービスでしか使えないですし、auポイントはau関連のサービスでしか使えませんよね。iOS向けに開発されたアプリはandroidでは使えません。

それと同じで「ブロックチェーン」にも種類があり、それぞれのチェーン上(≒プラットフォーム上)で別々にサービスが開発されているんです。

つまりソラナチェーンで使われるコイン「SOL」は、ソラナチェーン全体の発展の恩恵を受けられますし、

バイナンススマートチェーンで使われるコイン「BNB」は、バイナンススマートチェーン全体の発展の影響を受けられます。

「ブロックチェーン」にもいくつかの種類がある

②BNBは「バイナンススマートチェーン+バイナンスの成長」の恩恵を受けられる

BNB(バイナンスコイン)は、先ほど説明したETHと同じく「バイナンススマートチェーンの成長」の恩恵を受けられます。

加えて、バイナンスそのものの成長の恩恵も受けられるのがこのBNBの特徴です。

「Binance(バイナンス)」とは、世界最大規模の仮想通貨取引所

BTCやETHは「管理者がいない、完全分散型の仮想通貨」でしたが、BNBは「バイナンスが管理している、わりと中央集権的な仮想通貨」です。

しょーてぃ
しょーてぃ

分散…みんなで管理するシステム

中央集権…権力が一か所に集中しているシステム

上記が分からない人は、下記の記事で勉強してくださいね!

>>【忙しい人向け】仮想通貨・ビットコインとは?5分で分かりやすく解説

疑問をもつ人
疑問をもつ人

でも、中央集権と分散型だと、投資するにあたって何が違うの??

その答えは以下の通り。

分散型(BTCやETH)

  • 管理者がいないから規制のリスクが低い
  • プッシュしてくれる組織がいない

中央集権(BNB)

  • バイナンスが何らかの規制を受けたらかなりの影響がある
  • バイナンスが開発をプッシュするので普及が早い

分散型には分散型のメリットがあり、中央集権型にもまた違ったメリットがあります。

しょーてぃ
しょーてぃ

だからぼくはリスク分散のために、中央集権寄りであるBNBをポートフォリオに加えているんです!

BNBの購入方法
  1. コインチェックの口座開設(>>手順解説)
  2. コインチェックでビットコインを購入(>>手順解説)
  3. Binanceの口座開設(>>手順解説)
  4. コインチェックからBinanceにBTCを送金(>>手順解説)
  5. BinanceでBTCを使ってBNBを購入(>>手順解説)

中級者向け【「ただ保有」ではなく「DeFiで運用」しよう】

ぼくはBTCもETHもBNBも、基本的には売買していません。いずれも長期保有することで値上がりを狙っています。

となると、ただ単にBTCとかを保有しておいても、もったいなくないですか?

というわけでぼくは「DeFi」というサービスを使って、BTC等を預け入れて運用しています。

しょーてぃ
しょーてぃ

DeFiを使うことで年利10%くらいBTCが増えたりするので、ただ保有しているよりも圧倒的にお得

もちろんリスクもあるので各自の判断でやってくださいね!

なお、DeFiの仕組みはちょっと難しいので、30分くらいは下記の記事を読み込む必要があります。

>>【初心者向け】DeFiの始め方・稼ぎ方を徹底解説-仕組みからリスクまで

ちなみにぼくはガッツリDeFi運用することで、年収以上の金額を稼ぐことが出来ています。

とはいえ、最後までたどり着ける人はこの記事を読んだ人の10%くらいだと思うので、「中級者向け」としています。

普通の仮想通貨の売買に慣れてきた人は、ぜひ挑戦してみてくださいね!

というわけで、以上になります。

コメント