タコパに飽きた!自宅でできる「湯葉パ」がオススメ【150円でOK】

湯葉パ QOLアップ

こんにちは
貧乏大学生のしょーてぃです

大学生が友人と家でやる遊びといえば、

  • 鍋パ
  • タコパ

ですよね

 

でも正直、飽きてきませんか??

 

たこ焼きの町である大阪ですら、たこ焼きを食べる頻度が月に1回以下という人がほとんどなんです(参考:産経WEST)

 

大阪人ですら飽きちゃうんですから、そりゃ多くの大学生がタコパに飽きるわけですね

鍋パも同様、毎回やっていたら飽きてしまいます

 

そこで新たな「パ」として、僕がオススメしたいのが湯葉パです

京都とかで食べると、3000円とか5000円かかるアレです

 

しょーてぃ
しょーてぃ

実は自宅で簡単にできちゃうんです!!

 

 

この記事を読むことで湯葉パという選択肢を持てるようになると思います

スポンサーリンク
スポンサーリンク

湯葉パの特徴

湯葉パ

湯葉パとは、みんなで湯葉を作って楽しむことです

 

特徴としては

  • 安い
  • 新規性がある
  • 日本独自である

ということで、こんな人たちに喜ばれると思います↓

  • 好奇心旺盛な人
  • カロリーが気になる人
  • お金がない大学生
  • 日本の文化を知りたい留学生

 

しょーてぃ
しょーてぃ

湯葉パ、意外と需要あるんじゃない!?!?

湯葉パに必要なもの

ズバリ、ホットプレートと豆乳だけです

しょーてぃ
しょーてぃ

タコパ、鍋パ、鉄板焼きパ、湯葉パ、なんでもできるオシャレなBRUNOがおすすめ。

 

豆乳はスーパーで500mℓ150円で売っています

調整豆乳よりも、無調整の方が良いらしいです

豆乳の量の目安は、1人あたり250mlくらい(約75円)です。食欲旺盛な大学生なら、1人あたり400mlくらいあるといいです。

湯葉の作り方

作り方は簡単

ホットプレートに豆乳を投入して、温めるだけ

 

そうすると、次第に豆乳の表面に膜が張ってくるので、

それをお箸でつまんで食べるだけ

豆乳

 

しょーてぃ
しょーてぃ

途中で豚肉とかも投入すれば、

豆乳しゃぶしゃぶも楽しめて最高!!!

 

湯葉に合う調味料

湯葉そのものに、そんなに味があるわけではありません

それに、全部同じ味だと飽きてしまいますよね

 

そこで、僕が実際に試してみてオススメだと思った調味料を紹介していきます

ポン酢

結局コレです

いろんな調味料を試してみましたが、最終的には、サッパリ食べられるポン酢がベストという結論になりました。

そして、おすすめは圧倒的にゆずぽん。特に馬路村のゆずポンが最強に美味い。(ただ、1本700円とかいうセレブ価格なので、余裕のある人だけどうぞ。)

馬路村 ゆずの村360ml

馬路村 ゆずの村360ml

689円(05/12 18:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

ワサビ醤油

これもかなりオススメ

パンチの効いた味になるので、お酒のおつまみにもなります

 

ただ、飽きが早いのが欠点

ワサビ醤油だけでなく、いろんな味を用意しましょう

 

めんつゆ

めんつゆはマスト。

湯葉の香りを残しつつ、和の味を楽しむことができます

温かくても冷たくてもOK

しょーてぃ
しょーてぃ

ヤマサの追いガツオつゆよりも、昆布つゆの方が安いし美味い。

ってみんな気づいていますよね?

その他の湯葉の食べ方

湯葉の美味しい食べ方」という記事がありましたので、参考のために貼っておきます

しょーてぃ
しょーてぃ

どれも美味そう!

生湯葉しか試したことがないので、

いつかそれ以外の食べ方も試してみたい!!

湯葉パをすると気づくこと

湯葉は、序盤と終盤で味が変わってきます。

 

最初の方は豆乳の中に含まれるたんぱく質が優先的に固まって、表面に膜として出てくるんです。

そのため、わりとしっかりとした歯ごたえで、湯葉刺しに最適です

 

一方、終盤にとれる湯葉は、トロトロで甘味が強いです

これは、豆乳の中の糖分が高温で溶けたままになり、最後まで豆乳中に残ったためと考えられます。

しょーてぃ
しょーてぃ

こういった味の変化を楽しめるのも、湯葉パのポイント!!

湯葉パまとめ

 

・ホットプレートと豆乳があればできる

・途中で豆乳しゃぶしゃぶに切り替えも可能

・とにかく安い!

・ポン酢とワサビ醤油とめんつゆが合う

・湯葉の味がだんだん変わっていく

 

ぜひ、湯葉パを楽しんでみてください!

しょーてぃ
しょーてぃ

湯葉パは別にいいかな…って思った人は、「アヒージョパ」も調べてみると面白いですよ!

下記リンクを参考にどうぞ。

 

 

というわけで、以上になります

コメント