大学生の第二外国語の選び方【4年生が伝授】

スポンサーリンク
第二外国語 学生

こんにちは

大学4年生のしょーてぃです

 

男性
わくわく
新1年生

第二外国語、何にしようかな!

ロシア語なんてできたらカッコいいかもな!

しょーてぃ
しょーてぃ

そんな決め方してたら、留年するで

結論から言ってしまうと、

第二外国語は、1年生を留年に追いこむ罠です

とにかく単位が取れそうなものを選びましょう

 

と言われても、信じないのが1年生ですよね

僕もそうでした

 

男性
わくわく
新1年生

留年なんてするわけないじゃん

 

 

ですが、実際に留年する人はいます

関連記事:慶應の理工学部を留年も浪人もしないで卒業できる人が少なすぎる話

 

しょーてぃ
しょーてぃ

ちなみに僕は内部進学したので、友達・知り合いの数はめちゃくちゃ多いのですが、

そんな僕の経験から言っても、第二外国語が原因で留年する人は多いです

 

 

というわけで、大学4年生の僕が、第二外国語の選び方を徹底解説していきます

スポンサーリンク

第二外国語の特徴

第二外国語とは名前の通り、

英語に加えてプラスでもう一つ履修しなければならない語学です

 

ほとんどの大学で必修であり、もし単位を落とした場合は再履修、もしくは留年となります

 

しょーてぃ
しょーてぃ

僕の友人の大学2年生(22歳)はフランス語を落としまくって、再々履修とかになり、

結果的にフラ語の授業が週に4つとかいう絶望的な状況になっていたりします…

 

こんな感じで、

・ある程度のレベルに到達しないと単位が貰えない

・一夜漬けとかが通用しにくい

・一度でも詰むと、学生生活ずっとシンドイ

という地獄みたいな特徴があります

 

しょーてぃ
しょーてぃ

第二外国語は慎重に選びましょう

 

第二外国語の特徴と選び方

ぶっちゃけ、大学で第二外国語を学んだ程度では、ビジネスで使えるようにはならないので、

単位の取得しやすさという観点から点数をつけてみました

言語 特徴 おすすめ度
フランス語

・文法も単語も英語に似ている

・フランス旅行で役立つ

・女子が多い

80点
ドイツ語

・英語に似ている

・発音が易しい

・法や薬学の最先端の本は主にドイツ語

90点
中国語

・話者が多い

・発音が超難しい

・漢字を使うので親しみやすい

70点
スペイン語

・英語に似ている

・発音が易しい

・割とスぺ語が使われる国は多い

80点
韓国朝鮮語

・韓国オタが無双するので単位取得が難しい

・文法が日本語と似ている

40点
ロシア語

・発音も単語も文法も激ムズ

・単語が多すぎて無理

10点
イタリア語

・発音が簡単

・文法が難しい

・マイナー

60点

 

ポイントは

・英語に近い言語が比較的簡単(とはいえ簡単ではありません)

・友人と同じものを選ぶ

・○○教員の講義はラクだ!というのを探す

です

 

これから詳しく説明していきますが、結論から言ってしまうと、

上の表でおすすめ度80点以上のものの中から、友人と一緒に履修するのが良いと思います

 

英語に近い言語が比較的簡単

個人の見解としては、英語に似ている言語を履修すると単語の暗記が比較的ラクになると思います

 

大学のテストはどうしても筆記が多くなりがちなので、

単語や文法の簡単さはかなり重要なポイントになってくるんですね

 

もちろん実際に話すテストもありますので、

中国語みたいな発音の難しい言語を履修した場合は、しっかり練習しておく必要があります

 

友人と一緒に履修する

これも、簡単な言語を選択するのと同じくらい大事です

 

というのも、大学の講義というのは、何回かは休むことになります

サボりかもしれませんし、風邪で休むかもしれません

 

そうなったときに、大学では何のサポートもしてくれないんです

 

休めばプリントも貰えないですし、もちろん解説もありません

テスト範囲の説明なんて、聞き逃したらオワリです

 

そんな場合に備えて、友人と一緒の講義を受けておきましょう

 

しょーてぃ
しょーてぃ

同じ講義を受ける友達が多ければ多いほど、

単位は取りやすくなります

評価が甘い教員を見つける

どの学校にも「採点が甘い先生」っているんですが、その教員の担当する講義をとれば、もう安泰です

 

大学の単位というのは、担当教員のさじ加減で決めることができてしまうので、

単位がとりやすい教員と、単位がとりにくい教員がいるわけです

 

ただ、これはかなりの情報通じゃないと得られないものなので、

入学前にリサーチするのはかなり困難でしょう

 

もし先輩に聞く機会があれば、聞いてみましょう

 

第二外国語の選び方まとめ

・英語に近い言語

・友人と一緒に受ける

・ラクな教員をリサーチする

・将来使えるかは無視でOK

 

関連記事:大学生必見!時間割りの組み方【4年間のノウハウ詰め込みました】

 

というわけで、以上になります

 

コメント