【無料】歩くだけで仮想通貨が稼げる「SWEAT COIN」の仕組みと始め方【初心者向け】

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。
歩いて稼ぐ仕組み メタバース・ゲーム

こんにちは、しょーてぃです。

考える人
考える人

「歩いて稼げるアプリ」「歩くだけで仮想通貨が稼げるゲーム」が最近話題だけど、どういう仕組みなの?

SWEATコインの仕組みと始め方を教えてください!

こんな疑問に答えます。

この記事を読むと分かること
  • 歩いて稼げる既存のスマホアプリ「トリマ」は広告収入を還元している
  • 歩いて「仮想通貨」を稼げるゲーム「STEPN」などは新規参入者のお金を還元している
  • 歩いて「仮想通貨」を稼げるゲーム「SWEAT COIN」は広告費+医療機関からの助成金を還元する
  • SWAET COINの始め方(無料)
しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくは慶應を卒業して大企業に入りましたが、2022年から仮想通貨の事業で独立しています!

仮想通貨を本業にしているので、けっこう詳しい方かなと思います。

ほかの「歩いて稼ぐゲーム」とどう違うのか、なぜSWEAT COINが注目されているのか、ここら辺を深堀りして解説していきますね。

「歩いて稼ぐアプリ・ゲーム」一覧
  • トリマ
    →普通のスマホアプリ
    →初期投資:無料
    →稼げる金額は1日10円程度
  • STEPN
    →仮想通貨のゲーム
    →初期投資:15万円以上
    →稼げる額は1日1000~10万円以上
  • SWEAT COIN
    →既存のアプリと仮想通貨のゲームのハイブリッド
    →初期投資:無料
    →1日30円ほど稼げる(2022年4月現在)

なお、Sweatcoinは将来的に仮想通貨SWCと交換可能になります。そうなったときにいち早く換金できるように、早めに仮想通貨取引所の口座を開設しておくと良いでしょう。。

おすすめの取引所はコインチェック

国内最大手ですし、セキュリティも最強クラス。しかも500円からビットコインを購入可能なので、間違いないかなと。

ビットコインが値上がりする前に1000円分くらい買っておくと、新しい世界が見えるかもしれません。

\9月30日まで1500円貰える/
 コインチェック公式サイト > 

既存の「歩いて稼げるアプリ」は広告費を還元している

トリマ

まず、既存の「歩いて稼げるスマホアプリ」の仕組みから説明していきますね。

結論、広告費の一部をユーザーに還元してるから稼げるんです。

あなたがトリマなどのアプリを使用すると、画面に広告が出てきますよね。それが「トリマ運営の収益源」になります。

他にも「ユーザーの行動データ」を利用してさまざまな会社に提供するアプリもあります。
(※もちろん情報開示に同意したユーザーのデータのみ)

そうやって集めた広告費の一部をユーザー還元することで、ぼくらも稼げるという仕組みなんです。

しょーてぃ
しょーてぃ

誰も損をしない賢い仕組みですよね!

しかし、稼げる額は1日10円ほど。頑張っても200円くらい。

まあ、広告費を還元しているだけなので、あまり稼げないのも仕方ありません。

「歩いて稼げる仮想通貨のゲームSTEPN」は新規ユーザーの参加費を還元している

STEPN

先ほどの「歩いて稼げるスマホアプリ」は広告費を利用した、誰も損をしない仕組みでしたよね。

一方で「ぜんぜん稼げない」というデメリットも存在しました。

その点、STEPNという「歩いて仮想通貨を稼げるブロックチェーンゲーム」はめちゃめちゃ稼げます

2022年4月現在だと、1日5000円とか3万円とか、歩くだけで稼ぐことができるんです。

Twitterで「STEPN 稼げた」とかで検索すると大量にヒットします。最新情報を知りたい場合はTwitterで検索してみてくださいね。

しょーてぃ
しょーてぃ

しかしここで注意してほしいのが「稼げるお金の出どころは新規参入者お金」であるということ。

仕組みを説明していきますね。

このゲームをプレイするには「NFTのデジタル靴」を購入する必要があるんですが、その金額が15万円~数百万円するんです。

NFT(非代替性トークン)とは

偽造や複製ができない唯一無二のデジタルデータ。
コピーや改ざんができないので、所有者が明確になり、売買もできる。ゲームキャラやアート、音楽などに応用可能。

ブロックチェーンゲームとは

仮想通貨に用いられている「ブロックチェーン技術」を用いて作られたゲーム。NFTゲームとも呼ばれる。
ゲーム内で獲得できるコインやアイテム、キャラがNFTになっているので、それらを売買して稼ぐことができる。Play-to-Earnゲームとも呼ばれており、近年もっともアツい分野の1つ。

こんな具合で新規ユーザーが支払う「靴の購入費用」や「靴のレベル上げ費用」がめぐり巡って、既存ユーザーの利益になる仕組みになっています。

つまり、最後はだれかがババを引くということですね。

まあこのゲームもあの有名なasicsとコラボしていたりするので、それなりの広告費が入っていると思われます。

しかし、既存ユーザーの収益の大半が「新規ユーザーが支払ったお金」であることには変わりありません。ハイリスクハイリターンの投資ですね。

しょーてぃ
しょーてぃ

というわけでぼくはババを引きたくないので「プレイヤー」としては参加していません!

確実に儲かるのは運営だけなので、その運営に投資をしています。

「運営に投資する」とは具体的にどういうことかというと、$GMTトークンという仮想通貨を保有しています

GMTとはガバナンストークンと呼ばれる「株式みたいな仮想通貨」です。

「金を掘る人になるのではなく、スコップを売る人になりなさい」とはよく言われるように、ぼくはGMTトークンを保有する方を選びました。

>>最新のGMTの価格推移はココから見れます

しょーてぃ
しょーてぃ

上記リンク先にて完全図解していますので、迷わずに進められると思いますよ!

「歩いて稼げる仮想通貨のゲームSWAET COIN」はハイブリッド

SWEAT

新しくでてきた「歩いて稼ぐ系のゲーム」がSWAET COIN(スウェットコイン)です。

歩くことでポイントが貯まり、将来的にはそのポイントを仮想通貨に交換できるようになるとのこと。

SWEAT COINの特徴
  • 無料でプレイ可能
  • 1000歩移動する度に「SWEATトークン」が1枚もらえる
  • 1日の獲得上限は10000歩(処理手数料5%かかるので合計9.5コイン)
  • コインは2022年夏ごろに換金可能になる予定
    換金の流れ[SWEATトークン→仮想通貨SWC→他の仮想通貨]

SWEAT COINは「損をすることなく、一方的に稼げる」のが特徴です。

しかも、トリマとかより断然稼げる見込みが高い。ぼくがそう思う理由が以下の通り。

SWEAT COINの期待ポイント
  • 広告費をメイン収益にしているので、ババを引くことがない
  • プレミア会員(年額2700円ほどで獲得上限を解放)の費用も収益源になる
  • 政府や健康機関からの「補助金(奨励金)」を収益源にしていく

基本的には「トリマ」と同じく広告費を還元するタイプのようです。つまり、リスクは低く、稼ぎも低い。

しかしこのゲームには「プレミア会員」という最高の「収益源」があります。

しょーてぃ
しょーてぃ

例えば「月額制のジム」とかって多いですが、それは「お金だけ支払ってジムに来ない人」が多いからなんですよね。

それと同じで、SWEAT COINのプレミア会員もどうせサボるので、トータルで見たら収益になるはずです。

さらには「政府や健康機関からの助成金」も引くつもりだそう。

たしかに、人々が歩くようになれば医療費を抑えられますよね。

事実、大企業では「社員の健康維持」のために大金を投入しています。ジムを作ったり、補助金を出したり、健康食を配ったり。

こういう背景を考えてみると、ゆくゆくは国に対して「10億ドルの税金を削減できたんだから、30%くらい還元してよ」っていう交渉もできそうですよね。

そうなれば「歩くだけでノーリスクでお金が稼げる世界」が実現します。

とはいえ現段階では「補助金・助成金」については「未来に期待」といったところです。

なお、SWEATはインフレを抑制するために、どんどん稼ぎにくくなる仕様です。将来の値上がりを期待するなら、早めに稼いでいきましょう。

SWEAT COINの始め方【所要時間5分・超カンタン】

しょーてぃ
しょーてぃ

必要なのは「iOSまたはAndroid」だけ!

無料でできますし、作業は5分で終わります!

手順①:SWEAT COINのアプリを無料ダウンロード

SWEATCOIN

SWAET COINアプリをダウンロード(iOS/Android)

手順②:Googleアカウントと連携

SWEAT

「Googleでサインアップ」を選択しましょう。

手順③:GoogleFitと連携

Googlefit

正確に歩数をカウントしてもらうため、GoogleFitをダウンロードします。

iosの場合はアプリ「ヘルスケア」でも対応可能です。

手順④:初期設定を完了させる

これで歩いても歩数カウントが始まらなかった場合、下記のポップアップが出てきます。

クリックして問題点を解消します。

SWEAT
SWEAT
しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくの場合は「バッテリー最適化」がONになっていてダメでした。

「設定→アプリ→Sweatcoin→バッテリー→バッテリー使用料を最適化」を上記の状態にしたら動きました!

手順⑤:歩いてトークンを貯める

あとは歩いてトークンを稼ぐだけ。1000歩ごとに1トークンもらえるので、歩きまくりましょう。
※処理手数料で5%引かれます

SWEAT

効率良くトークンを稼ぐコツ

より効率的に稼ぐ方法は下記の通り。

SWEATトークンを効率よく稼ぐ方法
  1. 「20分の報酬2倍ブースト」を活用する(1日1回まで)
  2. デイリー広告を見ることで、ランダムに0~1000SWCのリワードを入手(1日3回まで)
Sweatcoinget

1日1回、20分だけ獲得トークンが2倍になるブーストをすることができます。忘れず使い切りましょう。

また、1日3回、広告を視聴することで0~1000SWCのリワードを入手できます。普通に歩くよりかなり効率が良いので、毎日1000歩は動きましょう。

SWEATトークンの使い道

SWEATトークンの使い道は以下の通り。

SWEATトークンの使い道
  • 商品と交換する
    →2022年4月:1250コインで25ドルのAmazonギフト券と交換できる
    →計算すると1コイン=2.5円ほど。
  • 仮想通貨SWCと交換する
    →2022年の夏ごろに売買できるようになる
しょーてぃ
しょーてぃ

ぶっちゃけまだまだ稼げる額はショボいですが、今後の値上がりに期待してコツコツ歩いて貯めておこうと思います!

「将来的には稼げるコインの量が減る」という仕組みなので、高騰の可能性も少しあるかなと。

結論「ノーリスクでできる宝くじ」って感じです。半年後に「あのとき始めておけば…!!」とならないようにしておくのがベストだと思いますよ。

大事なことなので繰り返しますが、Sweatcoinは将来的に仮想通貨SWCと交換可能になります。そうなったときにいち早く換金できるように、早めに仮想通貨取引所の口座を開設しておきましょう。

おすすめの取引所はコインチェック

国内最大手ですし、セキュリティも最強クラス。しかも500円からビットコインを購入可能なので、間違いないかなと。

準備さえしておけば、こういったのものに「すぐに波乗り」できますので、ぜひどうぞ。

というわけで、以上になります。

コメント