ブロックチェーンゲームは「サボる人が多い」ほど稼げる【競争優位性】

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。
ブロックチェーンゲームしくみ メタバース・ゲーム

こんにちは、しょーてぃです。

考える人
考える人

稼げるブロックチェーンゲームの特徴って何だろう?

こんな疑問に答えます。

【この記事を読むと分かること】

  • ブロックチェーンゲームは「月額制のジム」と同じ
  • サボる人の支出が頑張る人の利益になる
  • 「競争優位性」を意識しよう
しょーてぃ
しょーてぃ

【信頼性の担保】

ぼくは2017年から仮想通貨取引をしており、2021年には単年で+500%を達成しました。

2022年には脱サラしてブロックチェーンゲーマーになりました。

しょーてぃ
しょーてぃ

この記事を読めば、ブロックチェーンゲームの特性を理解し、稼げるゲームを見つけることができるようになるかなと思います。

\9月30日まで1500円貰える/
 コインチェック公式サイト > 

ブロックチェーンゲームは「月額制のジム」と同じで「サボる人」がいると稼ぎやすい

まず始めにビジネスモデルの話をします。実はブロックチェーンゲームって月額制のジムとほぼ同じ仕組みで回っているんです。

月額制ジム ブロックチェーンゲーム
ユーザーがお金を払って会員になる ユーザーがお金を払ってNFTを買う
そのお金がジムの運営費になる そのお金がゲームの運営費になる
会員はトレーニングする権利を得る NFT保有者はそのゲームの中で稼ぐ権利を得る

上記の通り、会員権を購入するか、NFTを購入するかの違いなんですよね。

「サボる人」のおかげでジム運営は儲かり、やる気のある参加者がたくさんトレーニングできる

ジムの店舗数って10年以上右肩上がりなんですよね。事実、2013年約4,200軒あったフィットネスクラブは、2018年には約5,800軒まで増えています。(参考:フィットビジネス

ここまでジムが増えているのは、単純に儲かっているからですよね。そしてなぜ儲かっているのかというと、サボる人が多いからです。

月額会費だけ支払って、月に1~2度しかジムにいかない人がかなり多いようです。すると、下記のような現象が起こります。

【月額制のジムが儲かる流れ】

  1. 100人ほど入れるスペースのあるジムに、100人の会員が入会
  2. もし全員が毎日参加したら、これ以上会員を増やせない
  3. しかし現実は、50人の会員が「ほぼ来ない客」だった
  4. 50人の余剰枠が生まれる
  5. 会員上限を増やせるので、ジムはたくさんの利益を得られる
  6. すると設備投資にもたっぷりお金を使える
  7. 「毎日トレーニングする熱心な会員」は、同じ金額でより高品質なサービスを受けられる
  8. 評判が良くなり、参加者が増える

上記の通り「サボる人」が一定数いるおかげで、「ジム運営者」も「熱心な会員」も得が出来ています。

これ、ブロックチェーンゲームにも当てはまることなんですよね。

「サボる人」のおかげでゲーム運営は儲かり、熱心なユーザーはたくさん稼げる

ブロックチェーンゲームでも「NFTを買ったけど、毎日ちゃんとゲームをプレイできていない」という人が一定数存在します。

つまり先ほどの「ジムの例」と同じように、お金だけ支払っている人が存在するということです。

すると「運営」と「熱心にゲームをプレイする人」は、さらに稼ぐことができますよね。

【サボる人が多いブロックチェーンゲームが稼げる理由】

  1. 1体1万円のNFTが100体(100万円分)売れる
  2. もし全員がプレイしたら、100万円をみんなで奪い合うことに
  3. しかし現実は、20人のユーザーが「サボる人」だった
  4. つまり80人のユーザーで100万円を奪い合うことに
  5. 「毎日プレイする熱心な人」は、より多く稼げる
  6. 「稼げる」と口コミがまわり、参加者が増える
  7. さらに稼げるようになる

ブロックチェーンゲームでは「競争優位性」を意識しましょう

ブロックチェーンゲームのビジネスモデルは、以下の通り。

  1. みんなが「ゲームの経済圏」にお金を突っ込む
  2. ゲームをプレイすることで「ゲームの経済圏」からお金を回収する

このようにブロックチェーンゲームは基本的にはゼロサムゲームです。むしろ、運営者にもお金が支払われるので、マイナスサムゲーム。

そんな中で勝つためには「競争優位性」が大事。つまり下記のように、他の参加者よりも有利な立場に立てないと勝てません。

  • 早期に始める
  • 毎日プレイできる
  • ゲームの攻略情報を調べる時間がある
  • 英語が読める
  • 日本語が読める
  • 公式から発表される一次情報を素早く入手できる
  • 他の人よりも上手にプレイできる

一番簡単なのは「早期に参入すること」ですね。あとからどんどん参入者が増えれば、それだけ「奪い合うお金の総量」が増えるということなので。

しょーてぃ
しょーてぃ

FXやパチンコも同じですよね。

基本的にはマイナスサムゲームですが、適切に攻略できた人だけがお金を回収できます。

一番おすすめなのは「これから参加者が増えるゲームを早期に見つける」こと

まず「圧倒的な競争優位性」をゲットする方法が、今後伸びるゲームに早期参入することです。

例えばTwitterのフォロワー数、検索ボリューム、Discordのユーザー数、プロジェクト開発メンバーの実績、大手ギルドとの提携予定など、

これらを総合的に判断して「これは伸びる」と思えばお金を先んじて投じればOK。

上記のように極めるポイントはいくつかありますが、ここはまだぼくも研究中です。そのうち「見極め手順」を確立させますので、ぼくのTwitterをフォローして、その発表をお待ちください。

まとめ:そのブロックチェーンゲームにおける「あなたの優位性」はなんですか?

ぼくがこの記事で伝えたいのは「あなたの競争優位性はなんですか?」ということ。

ただ「ゲームをプレイしていれば稼げるんでしょ?」なんて思っていると、思わぬ損をすることになってしまいます。プレイ時間、準備、調査、参入時期、国などなど、どれかひとつでも優位なものがあるなら参入してみてください。

それにブロックチェーンゲームの市場全体は今後さらに拡大していきます。つまり長い目で見れば「今参入している」ということだけでもかなり優位に立てるかと。

絶望する人
絶望する人

ぼくには何も優位性がないよ…。

という人は「優位性を作る」のもアリ。つまり、まずは少額でブロックチェーンゲームを始めてみて、経験を積むのが良いかなと。ただひたすらに座学をしていてもなかなか優位にはならないので。

なお、おすすめのは世界最大のブロックチェーンゲームである「AxieInfinity」です。このゲームを経験しておけば組みや稼ぐコツ、雰囲気などが掴めてくるんじゃないかなと思います。

初期費用も2万円ほどなので、損をするリスクもかなり低め。

今日から行動してみて、数か月後に大きく稼げるようになりましょう。

Axie Infinityの始め方・稼ぎ方を徹底解説【不労所得も可能】
アクシーって稼げるの?初心者でも分かるように、始め方をゼロから教えてほしい!初期費用も知りたいなあ。 こんな疑問に答えます。 アクシーで実際に稼いでいるぼくが、その方法をゼロから分かりやすく完全図解していきます。

参考までに、ぼくは「CyBall」で稼いでいますので、気になればこちらもどうぞ。

CyBall(サイボール)の始め方は?初心者向けに完全図解【ブロックチェーンゲーム】
CyBallっていうブロックチェーンゲームが話題だけど始め方は?ブロックチェーンゲームはやったことないし、操作をミスって損をしたくないから図解してほしい...。こんな悩みを解決します。この記事を読んで手を動かせば、間違いなくCyBallをプレイできるようになりますよ。

 

コメント