大学生ならこれだけは読んどけ!おすすめ本3選【慶應生が厳選】

スポンサーリンク
厳選する人 学生

こんにちは

しょーてぃです

 

僕の周りには、普段まったく本を読まない人が多いです

 

そんな友人に

いかちゃん
いかちゃん

読書始めたいんだけど、何か役に立つオススメ本ない??

と聞かれたのですが、

 

そのとき僕が、小一時間「うーん…」と悩んで選んだ究極の3冊をご紹介します

 

将来的に損をしない方法将来的に幸せになる方法、この2点にフォーカスして選びました

 

僕のおすすめする3冊を読めば、今後の社会で必須となる3つの教養を身に着けることができます

・マネーリテラシー

→資本主義の仕組みや金融制度の使い方

・ネットリテラシー

→バカにならない方法

・これからの生き方

→文明の構造から分かる幸福になる方法

 

スポンサーリンク

大学生はむやみに本を読んでも非効率

本を読むのが習慣になっていれば、10冊でも20冊でも読めばいいと思いますが、

そうではない人は、まずは以下の3冊を読むことをおすすめします

大学生におすすめする本を3冊に厳選

マネーリテラシーの高まる「黄金の羽の拾い方」

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ (幻冬舎文庫)

 

お金や資本主義の仕組みはもちろん、法律や制度のゆがみによって生まれる「お金を拾えるチャンス=黄金の羽」の拾い方を説明しています

 

この本を読めば、法律や制度、税金の偏りや職業差別といった世の中の不公平を受け入れて、その不公平さを利用できる立場に立てるようになります

 

社会経済の仕組みを理解しておくことで就職先選びにも役立ちますし、お金関係で損をする可能性がグンと減るでしょう

 

「黄金の羽の拾い方」は人生の攻略本!ポイントまとめ

 

バカにならないための「自分のアタマで考えよう」

自分のアタマで考えよう

社会派ブロガー ちきりんさんの超名作です

 

情報があふれる現代社会で、自分のアタマで考えることは重要です

要するに、当たり前のことしか言えない「有象無象の人間」にならない方法が書いてあります

 

これを読むことで、物事に対してなぜ?と周囲の人より一歩抜きんでた考察ができるようになり、課題解決も他人への配慮もできる、いわゆる仕事ができる人になれます

 

本以外でも、この記事(「AともいえるがBともいえる」とか言う人の役立たなさ)は日本人全員が義務教育で読むべき記事なのですが、

ここに書かれているような「自分のアタマで考えられずに無意味な発言を繰り返す人」になってしまわないためにも、思考する癖をつけておく価値はあると思います

しょーてぃ
しょーてぃ

僕の周りにも「AともいえるがBともいえる」とか言う人が大勢いて、そういう人はもれなく仕事できないです…

僕も「そういう人種」にならないように気を付けていきたいです

 

世界的ベストセラー「サピエンス全史」

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

世界で1200万部も売れたウルトラベストセラー

まさに教養のカタマリです

 

超天才の歴史学者の目を通して人類の歴史を見ることで、

現代の社会の構造を知り、未来を想像することができます

 

僕はこれを読んで、人生プランを考え直したほどです

 

結構ぶ厚い本ですが読んでても全然退屈しないので、本が苦手な人でも軽く読めちゃうと思います

 

オリラジの中田敦彦さんがYouTubeに要約(一部)をまとめてくれているので、これを見てみるのもいいかもしれませんね

 

裏ワザ:本を安く買う方法

ここからがさらに有益な情報です

いくら本が安いといっても、1冊1000円とかするので、買いまくることはできませんよね

 

そこで、Kindle Unlimitedに登録すれば、無料で本を読みまくれるようになります

※30日無料、その後月額980円、いつでもキャンセル可能

しょーてぃ
しょーてぃ

980円という本1冊以下の料金で、無限に本を読めちゃうのはオトクすぎ…

30日の無料体験を試してみる

 

もしあなたが学生なら、Amazon Prime Studentに登録することをおすすめします

 

6か月無料で、本が読み放題、映画見放題、Amazon2000円引きクーポン付き、その他もろもろ、、、とありえないほど優遇された神サービスです

 

詳細は以下の記事に書いてありますので、学生なら読んだ方がいいですよ

【学生必見】AmazonのPrimeStudentが最強すぎた!今なら2000円貰える神サービス

 

しょーてぃ
しょーてぃ

ちなみに僕もPrime Studentのヘビーユーザーです

学生に大盤振る舞いしてくれるAmazonさん

ありがとう!

 

というわけで、以上となります

 

コメント