仮想通貨の海外取引所の始め方【海外は危険!は国内企業のポジトーク】

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。
海外取引所 始め方 取引所

こんにちは、しょーてぃです。

考える人
考える人

海外の仮想通貨取引所の始め方を知りたいな。

でも「海外取引所はおすすめできない」っていう記事も多くて不安。

それって本当なの?違法なの?どんなリスクがあるの?

こんな疑問に答えます。

【この記事を読むと分かること】

  • 結論!おすすめの海外取引所は2つだけ
  • 「海外取引所はダメ」と発信しているのは、ユーザーを国内に引き留めておきたい「国内の取引所」や「国のお偉いさん」ばかり。
  • 海外取引所の方が手数料が安く、取り扱いコイン数も多く、機能も多く、つまり稼ぎやすい。
  • たしかに海外取引所にもリスクがある【3つ解説】
しょーてぃ
しょーてぃ

【信頼性の担保】

ぼくは2017年から仮想通貨取引をしており、2021年には単年で資金を5倍に増やしました。

もちろん使用しているのは海外取引所。国内取引所だけでは不可能でした。

しょーてぃ
しょーてぃ

「海外取引所は危険。おすすめできない」という書き込みを目にしますが、それを書いてるのって国内の仮想通貨事業者なんですよね。

そりゃ海外をオススメするわけありません。

というわけで「ユーザーという立場であるぼく」が、海外取引所がおすすめな理由と、リスクについて解説していきます。

\9月30日まで1500円貰える/
 コインチェック公式サイト > 

結論、おすすめの海外取引所は「Binance」と「Bybit」だけ【始め方も解説】

考える人
考える人

「セキュリティが万全なのは前提で、手数料を安く、いろんなコインを触りたいなあ」

「仮想通貨を預ける機能を使ったりして、より効率的にお金を増やしたりしたいなあ」

上記のような人は、Binance(バイナンス)またはBybit(バイビット)がおすすめ。

手数料、取り扱いコイン数、稼げる機能の豊富さ、使いやすさ、日本語サポート、どれを取っても満点です。

Binanceとは【30秒で解説】

Binanceってなんだ?正直詳しくは知らない…。という人に向けてサクッと1分で解説します。

【Binanceの特徴まとめ】

  • 世界最大規模の取引高(2021年9月の現物取引高は7890億ドル=89兆円)
    ※英調査会社クリプトコンペアがロイター向けにまとめたデータによる
  • 世界最大の取扱いコイン数(250種以上~)
  • 世界最大級の機能数
  • 世界最大の利用者数
  • 世界最高水準セキュリティ
  • 日本語対応あり

2022年現在、世界最強の取引所と断言できます。

Binanceの詳しい説明や登録方法、コインの売買方法は以下の記事を参考にどうぞ。

取引所Binance(バイナンス)の登録方法~使い方【専門用語なしで完全図解】
Binanceをの登録方法から好きなコインの買い方まで、専門用語ナシで解説していきます。「手数料が安くてコインの種類も豊富なBinance(バイナンス)で取引をしてみたい」「でも海外の取引所ってなんか怖いし、完全初心者の私でもできるのかな」こんな悩みを持っている人は参考にどうぞ。

Bybitとは【30秒で解説】

【ByBitの特徴まとめ】

  • 2018年に設立されたシンガポールの仮想通貨取引所
  • レバレッジ最大100倍も可能
  • 追証なしなので負債を抱えるリスクがほぼゼロ
  • Defiマイニングやステーキングなど、年利10数%の利回りを狙えるサービスが豊富
  • 利用者の仮想通貨は全てコールドウォレットで保管されておりセキュリティの面で安心
  • 日本語対応が充実
  • Binanceに次ぐレベルで取り扱い通貨が多い

Bybitの方が新しい取引所ということもあり、Binanceに負けないために優良サービスをバンバン出しています。

今後の伸びに期待するならBybitがおすすめです。

Bybitの詳しい説明や登録方法は以下の記事を参考にどうぞ。

【完全図解】Bybit (バイビット) の口座開設・登録手順まとめ
世界最大級の仮想通貨取引所Bybit、口座開設や登録の方法を知りたいな。口座開設時によくあるトラブルやその対処法もあわせて知りたいな。あと、できるだけお得なキャンペーンを活用したい!こんな疑問に答えます。紹介コードも載せていますので、良ければ20ドルを貰ってください。

「海外取引所は危険」と言っているのは国内企業や金融庁ばかり

「海外取引所 仮想通貨」とかで検索すると、「海外取引所は危険!登録しちゃダメ!」みたいなサイトがそこそこ多く見られますよね。

絶望する人
絶望する人

えっ、やっぱ危険なんじゃ…?

海外取引所を使うのやめとこっかな。

しょーてぃ
しょーてぃ

ちょっと待ってください!海外取引所はぜんぜん安全です。

誰がその情報を発信しているかチェックしましたか?

「ユーザーを海外取引所に奪われたくない」と思っている国内の企業が発信していませんか?

そういったサイトを下までスクロールしていくと、会社名が出てきます。それを調べてみると、どんな立場の人が発信しているか分かります。

しょーてぃ
しょーてぃ

ローソンが「コンビニのチキンで一番ウマいのは…ファミチキです!」なんて言うわけないですよね。それと同じです。

とはいえ、彼らの言い分にも一理あるので、海外取引所のリスクについても解説していきます。

海外取引所のリスクとは

まず、よく言われている海外取引所のリスクは主に下記の3点。

  1. 詐欺やハッキングの恐れがある
  2. 海外取引所の多くは無登録業者なので、金融庁が警告をしている
  3. 日本円の入出金ができない

これらについて、ユーザー目線で詳しく解説していきます。

リスク1:詐欺やハッキングの恐れがある?

海外=詐欺が多いというのは誤解です。

海外=広い=詐欺も存在する

というのが正確なところ。

日本国の仮想通貨取引所はまだ数十件とかしかないですが、海外には数千~数万もありますから、そりゃ詐欺も混じっています。

しょーてぃ
しょーてぃ

とはいえ、取引所選びは慎重に行わないとダメなのは事実。

日本の取引所なら、どれを選んでもたいてい安全ですが、海外のものは自分で判断するしかありません。

だからBinanceとBybitだけでOKなんです。というか、それ以外を登録しない方が良いくらいです。

事実として、「Cryptopia(クリプトピア)」という草コインを多く取り扱っている取引所は、2019年1月に約18億円のハッキング被害を受けて破産しています。

しょーてぃ
しょーてぃ

実は、ぼくもここに10万円ほど入れていたんですよね。

それが一瞬で消え去りました。

以下のサイトの通り、事件から1.5年後に返金対応がされたんですが、ぼくはその頃には既に諦め、ログイン情報(2段階認証コード)を消去していたんです。

つまり、返金条件を満たしておらず、返金してもらえませんでした。

CryptopiaでGOXした皆さんへ【返金手続き解説】 | ALIS
しょーてぃ
しょーてぃ

10万円がなくなったのは悲しすぎる。

クリプトピアは日本語対応していなかったのと、小さい取引所だったのでサーバーがすぐダウンして何もできなかったんです。

こういう背景もあるので、「日本語対応」と「落ちないサーバー」と「十分な返金能力」を併せ持った取引所を選ぶべき。もしもの時に安心です。

ちなみに、日本の取引所でもマウントゴックスやコインチェックはハッキングされていましたよね。

ハッキングそのものを防ぐ能力があるのかどうかを見極めるのも重要ですが、もしもハッキングされたときでも返金できるだけの企業体力があるかという点が、もっと重要だと思います。

リスク2:海外取引所の多くは無登録業者なので、金融庁が警告をしている

BinanceやBybitを含め、ほとんどの海外取引所は日本での「仮想通貨交換業の登録」をしていません。(日本の規制が厳しすぎるので)

つまり海外取引所は「日本の金融庁の許可を得ずに日本人向けにサービスを提供している」とみなされているわけです。

絶望する人
絶望する人

え、ってことは違法?

しょーてぃ
しょーてぃ

全くそんなことはありません。

ユーザーはまったく何も追及されることはありません。

「仮想通貨交換業の登録」をしていないとどうなるかというと、、、Binanceなどが金融庁に怒られます。これだけ。

実際にBinanceなどは金融庁から「日本人向けに仮想通貨交換事業をするな」と警告を受けており、一時期日本語への和訳サービスがなくなった時期がありました。

金融庁がなんらかの形でもっと圧力をかけることになれば、Binanceなども「日本ユーザーの登録禁止」とかになるかもしれませんね。

もちろん、お金を引き出せなくなる…なんてことはありませんので安心してください。差し押さえはできませんので。

疑問をもつ人
疑問をもつ人

でもこれっておかしな話じゃない?

ただ日本人がBinanceっていう海外サイトにアクセスしているだけじゃん。

Binanceは「来るもの拒まず」ってスタンスなだけなのに、「日本人にアクセスさせるな」って金融庁に怒られるの可哀そう。

しょーてぃ
しょーてぃ

ほんとそうですよね。

香川県だとゲームは1日1時間までしかできないルールなんだから、香川県民が1時間以上プレイできないようなシステムをゲームに組み込んでおけ!」ってゲーム会社にクレーム入れているようなもんです。ルールの押し付けがスゴイ。

というわけで、これはぜんぜんリスクじゃないです。

こういう規制もあるせいで、日本の仮想通貨取引所にはコインの種類が少ないんですね。

どうしても「金融庁の許可を得た海外取引所」を使いたい人は、アメリカ最大の取引所CoinbaseでもOKです。

【画像30枚】コインベース(Coinbase)の登録方法~使い方【世界最大級の取引所】
コインチェックと同じようなカンタン操作で、より安く仮想通貨を購入できる「Coinbase (コインベース)」が気になる!どうやって登録するの?手順を完全図解してほしい!あわせて日本円の入金方法も教えてほしい! こんな悩みを解決します。 【この記事を読むとできるようになること】 ①コインベースの口座開設(3分) ②セキュリティ設定(5分) ③本人確認(5分) ④三菱UFJ銀行からコインベースへの入金(3分) ⑤ビットコインやイーサの売買(3分)

リスク3:日本円の入出金ができない

これはリスクというかデメリットですが、海外取引所は日本円の取り扱いがありません。

つまり、あなたの銀行と海外仮想通貨取引所でお金のやり取りをするには、以下の手順を踏む必要があるんです。

  1. 国内取引所でビットコインなどを買う
  2. 国内取引所から、海外取引所にビットコインなどを送金する
  3. 海外取引所側で受け取ったビットコインなどで、様々なコインを買う

もちろん、海外取引所からあなたの銀行にお金を戻すには、上記の逆の手順が必要になります。

しょーてぃ
しょーてぃ

これはたしかにちょっとしたデメリットかもです。

国内取引所で売買するよりも、ひと手間(5分ほど)多くなってしまいます。

今すぐ入金して今すぐ買い増したくても、ちょっと面倒な気持ちになるのも事実。

とはいえ、作業自体は超カンタン。詳しくは下記の記事を参考にどうぞ。送金方法を説明しています。

コインチェックからバイナンス(Binance)に送金する方法【初心者むけに徹底図解】
Binance(バイナンス)でコインを売買してみたいけど、パソコン作業苦手だし、完全図解で説明してほしい。どれくらいで入金が反映されるの?コインチェックからBinanceへ上手く入金できないんだけど、どうしよう...。こんな悩みを解決します。
しょーてぃ
しょーてぃ

この3番目のデメリットが一番大きいですね。

何年も海外取引所を使っているぼくからすると、逆に使わない理由がないって感じです。

(ここまで言っておきながら…)嫌なら無理に海外取引所を使わなくてもOK

しょーてぃ
しょーてぃ

ここまで海外を激推ししてきたわけですが、

どうしても心理的に不安なら、海外取引所を使わなくてもOKです。

もちろん金銭的メリットなら断トツで海外取引所が有利なんですが、投資にはメンタルケアが必須なのも事実。

精神が安定していないと、勝てるものも勝てません。

「日本の取引所だから安心」と感情面で安定できるなら、日本の取引所のみで売買するのが正解です。

それに下記の通り、ぼくのイチオシ仮想通貨の多くは、日本の取引所でも購入可能ですしね。

2022年おすすめの仮想通貨10選【コインの特徴・選び方も解説】
仮想通貨、多すぎてどれを選べばいいのか分からない...。結局どれがおすすめなの? 仮想通貨の種類がたくさんあるけど、どのコインがどんな特徴を持っているの? 「BTC」「ETH」「XRP」なにが違うの? こんな疑問に答えます。

結論、海外取引所は超おすすめ!メリットだらけです

結論、BinanceまたはBybitをメインで使うことをオススメします。この記事で伝えたいことは正直これだけ。

どちらかというと、2022年のいまならBybitの方がほんの少しだけおすすめです。

詳しくは以下の記事にて解説していますので、参考にどうぞ。

取引所Binance(バイナンス)の登録方法~使い方【専門用語なしで完全図解】
Binanceをの登録方法から好きなコインの買い方まで、専門用語ナシで解説していきます。「手数料が安くてコインの種類も豊富なBinance(バイナンス)で取引をしてみたい」「でも海外の取引所ってなんか怖いし、完全初心者の私でもできるのかな」こんな悩みを持っている人は参考にどうぞ。
【完全図解】Bybit (バイビット) の口座開設・登録手順まとめ
世界最大級の仮想通貨取引所Bybit、口座開設や登録の方法を知りたいな。口座開設時によくあるトラブルやその対処法もあわせて知りたいな。あと、できるだけお得なキャンペーンを活用したい!こんな疑問に答えます。紹介コードも載せていますので、良ければ20ドルを貰ってください。

というわけで、以上になります。

コメント