【画像付き】仮想通貨MOVEZの買い方・特徴・将来性を解説【M2E】

※免責事項
当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。
movez コイン解説
考える人
考える人

運動して稼げるブロックチェーンゲーム「MoveZ」の特徴や今後の価格の見通しを知りたいな。

コインの買い方も分からないから、画像つきで手順解説してください!

こんな疑問に答えます。
※2022年6月中にゲームサービス開始予定です。

MoveZとは、BlueZillaという超有名VCが手掛けるMove to Earnのブロックチェーンゲーム

スマホアプリで様々な運動データを計測して、稼ぐことが出来るようになっています。

この記事を読むと分かること
  • MoveZの概要
  • MoveZの特徴/注目されている理由
  • MoveZの将来性【将来価格の計算】
  • BURNSやMOVEZを買う前に把握しておくべきリスク
  • BURNSやMOVEZの買い方
MoveZの仮想通貨
  • STEPNのGSTに相当するのが、ゲーム内トークン「BURNS」
  • STEPNのGMTに相当するのが、ガバナンストークン「MOVEZ」
    ※どちらもバイナンススマートチェーン上のコイン
ルンルンな人
ルンルンな人

早くコインの購入手順を知りたい!という人は購入手順から飛んでくださいね!

MoveZの仮想通貨「BURNS」や「MOVEZ」は日本の取引所では買えません。OKXBybitなどの海外の取引所を使う必要があります。

「買いたい!」と思ったタイミングでコインを買うためにも、早めに口座開設をして準備しておくと良いでしょう。

なお、OKXやBybitには「日本円の入金機能」がありません。(厳密には「クレカで仮想通貨の購入」ができますが、手数料がスーパー高いです)

なので、まずはコインチェックGMOコインなどでビットコインを買っておく必要があります。(送金手数料的にはXRPを買うのがおすすめ)

しょーてぃ
しょーてぃ

国内の取引所は本人確認に1~2日かかるので、早めに登録しておくと波に乗り遅れずに済みますよ。

↓余計な手数料をかけずにビットコインを購入する手順解説(板取引の方法)↓

>>【完全初心者向け】スマホでできる!ビットコインの買い方・売り方【コインチェック】

\最短5分で無料口座開設/
 コインチェック公式サイト > 

 

歩いて稼げるMoveZとは?【概要を1分で解説】

引用元:公式サイト
名称(トークン名)MOVEZ/BURNS
公式Twitter@Movez_app
時価総額ランキングMOVE: -位
公式サイトhttps://www.movez.me/
買える場所OKX/Bybit/Gate.io/Pancakeswap
2022年5月の情報です
MoveZの概要
  • 運動して稼げるMove to Earnのブロックチェーンゲーム
  • GMTに相当するのが「MOVEZトークン」で、GSTに相当するのが「BURNSトークン」
  • MOVEZの発行上限は50億枚。BURNSは無制限。
  • サイクリングやウエイトリフティング、サーフィンなど、あらゆる運動に対応
  • NFTの貸し出し機能もある

MoveZはSTEPNと同じく、歩いて稼げるようになっています。

加えて「歩く以外の運動」もスマホアプリの運動データを参照することで計測し、稼げるようになっているんですよね。

MoveZプラットフォームは、携帯電話またはフィットネストラッカーからのデータを使用して、アクティビティとタスクの完了を追跡します。これは、報酬の対象となるかどうかを確認するために評価されます。獲得したトークンは、アプリケーション内で商品やサービスと直接取引するか、内部市場または他の暗号通貨との外部取引所で販売/取引することができます。

報酬計算プロセスでは、本物のフィットネスデータのみが考慮されるようにするために、アンチチートテクノロジーが採用されます。

引用元:LitePaper
しょーてぃ
しょーてぃ

他にも「水泳」などの「フィットネス関連のタスク」をこなすと仮想通貨がもらえるような仕組みも取り入れています。

しょーてぃ
しょーてぃ

ホワイトペーパーによると、「人々の健康・フィットネス業界」に革命を起こすことがMoveZプロジェクトのミッションだそうです。

MoveZで使用される仮想通貨「MOVEZ」と「BURNS」について

引用元:公式サイト

MoveZには下記の2種類のトークンがあります。

  • ガバナンストークン「MOVEZ」
    →STEPNでいうGMTに相当
  • ゲーム内トークン「BURNS」
    →STEPNでいうGSTに相当

上記画像の通り、MOVEZトークンが「ゲームの運営方針に口出しする権利」を持つ「株式」に似たトークンです。

そしてBURNSトークンが、ゲームをプレイして稼いだりゲーム内で使用したりするのに使われるトークンです。

MoveZ(BURNS/MOVEZ)の特徴【注目されている理由】

MoveZの特徴
  1. 2022年に歴史的な大成功を収めた「STEPN」によく似ている
  2. ブロックチェーンゲーム業界では有名な「BlueZilla」というベンチャーキャピタルが打ち出しているプロジェクトである
  3. 今までにない「デフレトークンシステム(トークンの価格が上がりやすいシステム)」を取り入れる

それぞれ軽く解説していきますね。

2022年に歴史的な大成功を収めた「STEPN」によく似ている

STEPNの盛り上がりっぷりは説明不要だと思いますが、カンタンに触れておきます。

MoveZが期待されているのは、STEPNが超稼げるブロックチェーンゲームだからですよね。事実、STEPNプレイヤーの中には毎月数百万円~数千万円を稼いでいる人がゴロゴロ存在しています。

↑「歩いただけで116ドル(約15000円)稼いじゃった」というツイート。

その噂を聞きつけた新規ユーザーがどんどん参入していることもあり、STEPNのゲーム内コインである「GMT」や「GST」の価格がものすごく上昇しています。

そんななか現れたのがこの「MoveZ」です。そりゃ、みんな期待しますよね。

つまりSTEPNで成功した人も、乗り遅れた人も、このゲームに注目しているというわけです。

ブロックチェーンゲーム業界では有名な「BlueZilla」というベンチャーキャピタルが打ち出しているプロジェクトである

BlueZillaとは、ブロックチェーンゲームのベンチャーキャピタル、つまり大口の投資家です。何より注目なのが、ゲームローンチの上手さ。

つまり新規ブロックチェーンゲームを打ち出すときのマーケティング能力がものすごく優れているんですよね。

プレイヤー数が重要なブロックチェーンゲームにおいて、BlueZillaのマーケティング力は最強の武器。

しょーてぃ
しょーてぃ

BlueZillaのマーケティング力の証明として、2022年の5月末には公式Twitterのフォロワー数は10万人を超えています

ゲームサービス開始の3か月も前だというのに、多すぎますよね。

注意

「BlueZillaが打ちだしたゲームはほぼ全て100倍以上になっているから激アツ」という話をする人もいますが、それは違います。100倍以上になっているのは「最初に少しだけ格安で売って、100倍以上にすることで注目を集める」という、ただのBlueZillaのマーケティング戦略です。

とはいえ下記のように、BlueZilla銘柄がIDO価格(トークンの先行販売)から数百倍になっているのは事実。

  • MetaVPad → 1290倍
  • VELHALLA → 630倍
  • AstoroSwap → 527倍

この盛り上がりに注目してトークンを購入する人も多いハズなので、マーケティング戦略的にはかなり良い手と言えるでしょう。

「BlueZilla銘柄だから激アツ」と思う人が多ければ多いほど値上がりするので、結果的に「激アツ」になりやすい。

今までにない「デフレトークンシステム(トークンの価格が上がりやすいシステム)」を取り入れる

今までのブロックチェーンゲームは「どんどんトークンを発行していき、価格が希釈されていく」のが普通でした。しかし「MOVEZトークンはデフレしていく仕様」になっています。

どういうことかというと、トークンの数がどんどん減っていき、トークン1枚あたりの価格が上がりやすくなるということ。

しょーてぃ
しょーてぃ

公式サイトやLitePaperを見る限り、MOVEZトークンは「運営への投票」「ゲーム内のリワード獲得」で消費され、トークンの数がどんどん減っていくようです。

デフレトークンのMove to Earnプロジェクトは世界初。

もしこのデフレトークンの試みが成功した場合、価格はとんでもないことになりそうですね。

MoveZの将来性【価格予想あり】

引用元:公式サイト

それではMoveZと、そのトークンMOVEZやBURNSの将来性を見ていきます。

結論、好材料が多いので、大きく価格上昇する可能性は十分にあるでしょう。
※のちほど「STEPNのGMTの時価総額」をもとにして「MOVEZトークン」の将来価格を推定していきます。

  1. 世界的に健康志向になっている
    →「運動して稼ぐ」というのは世界情勢にマッチしている
  2. STEPNの追い風がある
    →基本的にはSTEPNの後を追っているゲームである
  3. 2022年7~9月にリリースされるゲームなので伸びしろが多い
    →すでに値上がりしているSTEPNよりも不安定な反面、のびしろは多い
しょーてぃ
しょーてぃ

くり返しになりますが、STEPNを「あらゆる運動」に対応させたのがMoveZです。

もしかしたら第二のSTEPNとして大成するかもしれませんよね。

しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくもめちゃめちゃ期待しているので、IDOに参加してMOVEZトークンを先行して入手しました!

MOVEZトークンの目標価格【計算した結果】

それではMOVEZトークン価格がいくらになるのか推定していきます。

方法としては、STEPNのGMTトークンの時価総額をもとに「GMTの〇%の規模になったら、MOVEZトークンの価格はこれくらいになるよね」という計算をします。

  • GMTの時価総額:8.2億ドル
    ※発行上限の10%流通時
    ※2022年5月時点

つまり、もしMOVEZの時価総額がGMTの10%(0.82億ドル)にまで成長するとしたら、1MOVEZ=0.164ドルになります(MOVEZ発行上限50億枚のうち10%流通時)。

さらに、GMTの時価総額の20%に達するなら、1MOVEZ=0.328ドルになる計算。まとめると以下の通り。

  • MOVEZの時価総額がGMTの10%に到達→1MOVEZ=0.164ドル
  • MOVEZの時価総額がGMTの20%に到達→1MOVEZ=0.328ドル
  • MOVEZの時価総額がGMTの50%に到達→1MOVEZ=0.820ドル
しょーてぃ
しょーてぃ

IDO価格だと1MOVEZ=0.0001ドルなので、1640倍くらいは狙えるんじゃないかなと思います。

しょーてぃ
しょーてぃ

BURNSトークンについては発行上限がないので計算が難しいんですが、基本的にはMOVEZと同じように成長していきますよね。

STEPNのGMTとGSTの関係を参考にすると将来性が見えやすいかもです!

MoveZに投資する前に把握しておくべきリスク【ハイリスクハイリターン】

このコインに投資する際に把握しておくべきリスクも解説します。

  1. 草コイン(規模の小さいコイン)なので、価格の上下が激しい
  2. 国内取引所では買えない
しょーてぃ
しょーてぃ

みなさんが損をしないように、リスクも分かりやすく説明します!

リスク1:草コイン(規模の小さいコイン)なので、価格の上下が激しい

草コインというのは規模(≒時価総額)が小さいコインです。規模が小さいと価格の上下も激しくなります。

どういうことかというと、例えばどこかの大富豪が「ビットコインを3億円ほど買ってみた」みたいなことが起きても、ビットコインの総額からみたら誤差ですよね。つまり、ビットコインの価格はほぼ影響されません。

しかし、もしも10億円の規模しかないコインに対して「3億円もの買い」が入ったら、大きく価格が動きます。

このように、規模の小さな「草コイン」は価格が上下しやすいのがリスクです。価格が10倍になるかもしれませんが、1/10になるかもしれません。

ルンルンな人
ルンルンな人

リスクがある反面、「小さな資金でも大きく稼げる可能性が高い」というメリットもあるってことですね!

しょーてぃ
しょーてぃ

個人的には「1万円くらいの少額」で買ってみるのがおすすめです!

もし仮に1/10になっても痛くないですし、逆に10倍になったら10万円です。

さらにMoveZのトークンの場合、ゲームそのものが廃れてしまったら価値も下がります。

つまり「歩いて稼ぐ」「運動して稼ぐ」というブームがこれからどんどん広がっていくなら稼げますが、ブームが消滅したら損をする可能性も高いですよね。

加えて、プロジェクトが途中で止まっちゃったりするリスクもゼロではありません。

しょーてぃ
しょーてぃ

なんども言いますが、万が一のためにも余剰資金で投資しましょう。

リスク2:国内取引所では買えない

MOVEZは国内の仮想通貨取引所では売買できません。つまり、海外の取引所を使う必要があります。

コインチェックなどの国内取引所はめちゃめちゃ使いやすいですよね。それと比較すると、海外の取引所がやや複雑なのは事実。

完全初心者の場合は「操作を間違えて高く買っちゃった」みたいなことが起こる可能性もあります。これが2つ目のリスクです。

しょーてぃ
しょーてぃ

海外取引所とはいえ日本語にも対応していますし、一度使ってみれば操作は慣れます!

それに、この記事で手順を完全図解するので安心してくださいね。

MOVEZの買い方【画像つきで解説】

それではMOVEZの購入手順を説明していきます。

MOVEZを購入できる取引所

なお、BybitOKXを使うには「コインチェックの登録」が必要です。

というわけで、ここからはコインチェックを使うことを前提に、手順を解説していきます。

しょーてぃ
しょーてぃ

それでは手順を解説していきます。

Bybitを使いたい人は、下記の記事を参考にどうぞ。登録方法、コインの買い方、送金方法などのすべての手順を完全図解しています。

>>【完全図解】Bybit (バイビット) の口座開設・登録手順まとめ

ここから先はOKXを使う場合の手順を解説していきます。

手順1:コインチェックの口座開設してビットコインを購入しよう

2021-11-21_Coincheck1

まずは国内の仮想通貨取引所でビットコインを買いましょう。

※慣れている人向け↓
送金手数料を極限まで安くしたい場合はXRPを買ってください。この記事ではわかりやすさ優先のため、ビットコイン使った方法を解説します。

後ほど使っていくBinanceやBybitなどの海外取引所には「日本円の入金機能」がありません。(厳密には「クレカで仮想通貨の購入」ができますが、手数料がスーパー高いです)

そのため、まずはコインチェックGMOコインなどの口座を開設し、ビットコインを買っておく必要があるんです。

コインチェックの登録手順に不安がある人は、【完全図解】コインチェック(Coincheck)の登録方法を初心者向けに解説※専門用語なしを参考にどうぞ。手順を完全図解しています

次に、ビットコイン(送金手数料を安くしたいならXRP)を購入します。下記の通り、コインチェックアプリで「購入ボタン」を押すだけです。

CC販売所1

しょーてぃ
しょーてぃ

上記の手順なら簡単にビットコインを購入できますが、スプレッドという手数料がかかっており3%ほど高くなっています。極限まで安く買いたい人はコインチェックの板取引がおすすめです!

ほんの少しだけ手順が複雑になりますが、余計な手数料が一切かかりません。

板取引での購入手順が分からない人は【完全初心者向け】スマホでできる!ビットコインの買い方・売り方【コインチェック】をどうぞ。どこのサイトよりも丁寧に解説しています。

しょーてぃ
しょーてぃ

ここで注意なんですが、国内の取引所は本人確認に1~2日ほどかかります。

コロナショックのようなビッグチャンスが来たときに「まだ口座開設してないからスグには買えない...」なんてことにならないよう、早めに準備しておきましょう。

>>コインチェックで無料口座開設

手順2:OKXの口座開設

OKXの口座開設をしましょう。

手順3:CoincheckからOKXへBTCを送金

まずはOKXを開き、下記のように「Deposit」をクリックします。

Bybitから送金

次に、コインチェックから送金するコインを選択します。

OKXBTC

OKXXRP

しょーてぃ
しょーてぃ
BTCかXRP、好きな方を選んでください!

次に、下記のように入力しましょう。

OKX送金

この画面を開いておけば、ひとまずOKX側の操作は完了です!

次にコインチェックを操作し、実際に送金します。

しょーてぃ
しょーてぃ
スマホアプリでもPCでもOKですが、ここではスマホアプリを使って解説していきますね!

※スマホでもPCでも操作はほぼ同じなのでご安心ください。

まずはコインチェックアプリを開き、ウォレット→ビットコイン→送金→選択 の順にクリックします。

CC入出金1

すると送金先の設定をする画面に移るので、以下の画像の①②③~の手順通りに作業を進めます。

下記の手順③のところで、先ほOKXで表示したQRコードを読み取ってくださいね。OKXに表示させたアドレスのコピペでもOK。

CC入出金OKX

「送金先アドレス」は必ずQR読み込みか、コピー&ペーストで入力しましょう!

もし1文字でも間違えると、送ったビットコインは永久に失われてしまいます。

これで送金完了です。

ビットコインの送金には1~10分ほどかかる

ビットコインの送金には1~10分ほどかかります。

ちなみにこの送金速度は、そのときどきで異なります。
多くの人がたくさん送金していたら遅くなりますし、他の人がぜんぜん送金していないときなら早くなります。

しょーてぃ
しょーてぃ
すぐに届かなくても焦らず待ちましょう。

④OKXに送金したコインを使ってUSDTを購入

それではいよいよ好きなコインを売買します。

まずは下記の手順でトレード画面に移動し「売買したいコイン名」を入力します。

しょーてぃ
しょーてぃ
みなさんはBTCまたはXRPが手元にあるはずなので、下記の画面で「BTC/USDT」や「XRP/USDT」などを選択すればOKです。

ここでは例として、XRPを売ってUSDTを買っていきます。

OKX売買

下記の手順で「成行注文」をします。持っているXRPの何パーセントを交換するか、入力していきます。

OKX売買

※成行注文とは、そのときの市場価格でコインを売買すること。

※その隣にあるLimit(指値注文)とは「今は1コイン100円だけど、90円に下がったら購入する」「110円に上がったら売却する」といった注文方法です。

しょーてぃ
しょーてぃ

初心者のうちは「成行注文」だけでOKです!

ここで「なんでいったんUSDTにするんだろう?」と思う人もいるかもなので、軽く説明します。

結論、「取り扱いのない通貨ペア」があるから。

例えばXRPで直接ほしいコインを買えなかったりします。そういう場合は「XRP→USDT→ほしいコイン」という感じで、いったんUSDTに変換する必要があるんです

USDTとは
USDTとは、ドルと同じ価値を維持する仮想通貨。「ステーブルコイン」とも呼ばれ、あらゆる仮想通貨を購入できる。

買ったコインの確認方法

購入したコインは下記の手順で確認できます。

OKXコイン確認

OKXコイン確認

⑤USDTを使ってMOVEZを購入

先ほどと同じ手順で、USDTを売ってMOVEZを買いましょう。これで完了です。

しょーてぃ
しょーてぃ

お疲れ様でした!!

この記事を読みつつ操作すれば、意外と簡単に買えたんじゃないでしょうか?

途中でつまづいてしまったら、記事に貼ってあるリンクから「完全図解記事」に飛んでみてくださいね。

というわけで、以上になります。

コメント