【画像付き】エバードーム(DOME)の買い方・特徴・将来性を解説

※免責事項:当サイトでは投資助言をしておりません。この記事で表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。
エバードーム コイン解説

こんにちは、しょーてぃです。

考える人
考える人

エバードーム(DOME)の特徴や今後の価格の見通しを知りたいな。

買い方も分からないから、画像つきで手順解説してください!

こんな疑問に答えます。

この記事を読むと分かること
  • エバードーム(DOME)の概要
  • エバードーム(DOME)の特徴
  • エバードーム(DOME)の将来性
  • エバードーム(DOME)を買う前に把握しておくべきリスク
  • エバードーム(DOME)の買い方
しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくは慶應を卒業して大企業に入ったのち、2022年に仮想通貨の事業で独立しています!

仮想通貨を本業にしていますし、かなり詳しいほうだと思います。

エバードームは、火星をモチーフにした「超リアルなメタバース(仮想空間)」を再現するプロジェクト

3Dスキャン技術を使っており、「現実世界をそのまま仮想空間に持ってこれるレベル」と注目されています。そんなメタバースで使われるようになる仮想通貨がDOME。

アレコレ書くよりも「2分の動画」を見た方が早いと思うので、まずは下記をどうぞ。

こんな感じの仮想空間に入り込み、コミュニケーションを取ったり経済活動を行ったりできるんです。

めっちゃワクワクするプロジェクトですよね。

ルンルンな人
ルンルンな人

早くコインの購入手順を知りたい!という人は「購入手順」に飛んでくださいね!

なお、DOMEは日本の取引所では買えないので、Bybitなどの海外取引所を使う必要があります。

「買いたい!」と思ったタイミングで買うためにも、早めに口座開設をして準備しておくと良いでしょう。

>>Bybitで口座開設する

なお、Bybitには「日本円の入金機能」がありません。(厳密には「クレカで仮想通貨の購入」ができますが、手数料がスーパー高いです)

なので、まずはコインチェックGMOコインなどでビットコインを買っておく必要があります。

国内の取引所は本人確認に1~2日かかるので、早めに登録しておくと波に乗り遅れずに済みますよ。

>>【完全初心者向け】スマホでできる!ビットコインの買い方・売り方【コインチェック】

\9月30日まで1500円貰える/
 コインチェック公式サイト > 

エバードーム(DOME)とは?【概要を1分で解説】

エバードーム
名称(トークン名)DOME
公式Twitter@Everdome_io
時価総額ランキング2850位
公式サイトhttps://everdome.io/
買える場所Bybit/Gate.io/OKX
2022年5月の情報です
DOMEの概要
  • エバードームの世界で使われる草コイン
  • 発行上限は100,000,000,000枚
  • 超リアルなメタバースとして話題に

DOMEとは、エバードームの世界で使われるコイン。エバードームのプロジェクトが盛り上がれば、その世界で使われるDOMEの価格も高騰必至。

超リアルなメタバースの世界が実現すれば、DOMEはその世界では「ドル」のような価値を持つわけです。期待している人が多いのも納得ですよね。

草コインとは

ビットコインやイーサリアム等の大規模な銘柄ではなく、小規模な銘柄のこと

エバードーム(DOME)の特徴【伸びている理由】

DOMEの特徴
  1. 他とは違う、超リアルなグラフィックの仮想空間
  2. 発行上限がある
  3. 青汁王子の激推しコイン
しょーてぃ
しょーてぃ

それぞれ分かりやすく説明していきますね!

特徴1:他とは違う、超リアルなグラフィックの仮想空間

エバードームの最大の特徴は「超リアルな仮想空間」を作りだすことろにあります。

メタバース内の岩や木、様々なオブジェクトを超高性能の3Dスキャンすることで「超現実的な仮想空間」を実現させるそう。

嬉しい人
嬉しい人

こんな世界を探索できたら、めちゃめちゃ楽しそう!

しかも経済活動も可能ということで、この世界でNFTの「道具」「アート」「服」などを売買して生計を立てる人も出てくるでしょう。

補足ですが、このプロジェクトには超高性能の3Dスキャンを実現するプロジェクト「メタヒーロー」が関わっていることもあり、かなり注目を集めています。

DOMEへの投資を検討っされている方は、メタヒーローについても把握しておくと良いと思いますよ。

>>【画像付き】仮想通貨メタヒーロー(HERO)の買い方は?【特徴と将来性も解説】

特徴2:発行上限がある

DOMEには発行上限があります。

どういうことかというと、この世に存在できるコインの枚数の最大値があらかじめ決まっているということ。

例えば「日本円」って、日本銀行がお札を刷れば刷るだけ増えますよね。そうすると「1円の価値」は減っていきます。

事実、ジンバブエでは過去にお金を刷りすぎて「100兆ジンバブエドル≒30円」みたいな時期もありました。

逆にDOMEは100億枚以上には増えないので、「DOMEを欲しい人」が増えれば増えるほど、価格は際限なく上昇し続けます。

しょーてぃ
しょーてぃ

メタバースにおける「ドル」みたいな扱いになったら、みんなが使用しますよね!

そうなったら、、、DOMEがとんでもないことになりそうです。

特徴3:青汁王子の激推しコイン

青汁王子(三崎優太さん)も2億円ほど投資しているそう。

これだけでもかなりの宣伝効果がありますよね。こんな感じでインフルエンサーたちが保有し始めることで、どんどん人気と価格が上昇していく可能性も高いでしょう。

インフルエンサーが宣伝→非クリプト民たちも参入→市場そのものの拡大という良い流れが生まれるかもしれないので、今後に期待です。

エバードーム(DOME)の将来性

それではDOMEの将来性を見ていきます。

結論、下記の通り好材料が多いので、投資する価値は十分にあるでしょう。

  1. 世の中の「メタバーストレンド」に合っている
    →さらに、大注目のThe SandboxやDecenralandと差別化できている
  2. ロードマップ通りにプロジェクトが進んでいる
    →大きな遅れはなく開発が着実に進んでいる
  3. 今後も「価格上昇要因」となるイベントが多数
    →ロードマップを確認する限り、今後も期待を超えるニュースが出てくることが予想できる
しょーてぃ
しょーてぃ

参考までに、ロードマップを載せておきますね!

上記リンクを下にスクロールしていくと確認できます。

エバードームロードマップ

2022年Q2にはランドセールやNFTセールも控えているので、時期が近付けばDOMEが高騰する可能性は充分にあるでしょう。

エバードーム(DOME)を買う前に把握しておくべきリスク

このコインに投資する際に把握しておくべきリスクも解説します。

  1. 草コイン(規模の小さいコイン)なので、価格の上下が激しい
  2. 国内取引所では買えない
しょーてぃ
しょーてぃ

みなさんが損をしないように、リスクも分かりやすく説明します!

リスク1:草コイン(規模の小さいコイン)なので、価格の上下が激しい

草コインというのは規模(≒時価総額)が小さいコインです。規模が小さいと価格の上下も激しくなります。

どういうことかというと、例えばどこかの大富豪が「ビットコインを3億円ほど買ってみた」みたいなことが起きても、ビットコインの総額からみたら誤差ですよね。つまり、ビットコインの価格はほぼ影響されません。

しかし、もしも10億円の規模しかないコインに対して「3億円もの買い」が入ったら、大きく価格が動きます。

このように、規模の小さな「草コイン」は価格が上下しやすいのがリスクです。価格が10倍になるかもしれませんが、1/10になるかもしれません。

ルンルンな人
ルンルンな人

リスクがある反面、「小さな資金でも大きく稼げる可能性が高い」というメリットもあるってことですね!

しょーてぃ
しょーてぃ

個人的には「1万円くらいの少額」で買ってみるのがおすすめです!

もし仮に1/10になっても痛くないですし、逆に10倍になったら10万円です。

もしエバードームプロジェクトが失敗したり、「全然リアルじゃないじゃん!」とかいう事態になったりしたら、DOMEの価値も暴落します。

また、下記スクショに「メタヒーローはメタバースと現実世界の出入り口になり、エバードームとともにユーザーにとても身近なweb3.0経験を提供していく」とあるように、メタヒーローとエバードームは運命共同体とも言える関係。つまり、メタヒーローの動向にも注意する必要があるでしょう。

エバードームライトペーパー
出典:ライトペーパー

メタヒーローについて知りたい方は下記の記事をどうぞ。

>>【画像付き】仮想通貨メタヒーロー(HERO)の買い方は?【特徴と将来性も解説】

リスク2:国内取引所では買えない

DOME国内の仮想通貨取引所では売買できません。つまり、海外の取引所を使う必要があります。

コインチェックなどの国内取引所はめちゃめちゃ使いやすいですよね。それと比較すると、海外の取引所がやや複雑なのは事実。

完全初心者の場合は「操作を間違えて高く買っちゃった」みたいなことが起こる可能性もあります。これが2つ目のリスクです。

しょーてぃ
しょーてぃ

とはいえ日本語にも対応していますし、一度使ってみれば操作は慣れます!

記事内で売買のやり方を完全図解しているので、これを読めばほぼ100%間違わずに済みます!

エバードーム(DOME)の買い方【画像つきで解説】

それではDOMEの購入手順を説明していきます。

DOMEを購入できる海外取引所

おすすめはBybitです。世界最大級の取引所ですし、手数料も激安。ぶっちゃけここを使っておけば間違いありません。

というわけで、ここからはBybitを使うことを前提に、手順を解説していきます。

DOMEを買う手順
  1. Coincheckの口座開設BTCを購入
  2. Bybitの口座開設
  3. CoincheckからBybitへBTCを送金
  4. BybitでBTCを使ってUSDTを購入
  5. USDTでDOMEを購入
しょーてぃ
しょーてぃ

上記のリンクをクリックすると手順を完全図解している記事に飛べます!

分からないことがあれば、上記のリンクを参考にしてくださいね!

購入手順1:コインチェックの口座開設してビットコインを購入しよう

2021-11-21_Coincheck1

まずは国内の仮想通貨取引所でビットコインを買いましょう。

Bybitには「日本円の入金機能」がありません。(厳密には「クレカで仮想通貨の購入」ができますが、手数料がスーパー高いです)

そのため、まずはコインチェックGMOコインなどの口座を開設し、ビットコインを買っておく必要があるんです。

コインチェックの登録手順に不安がある人は、下記の記事を参考にどうぞ。手順を完全図解しています。

>>【完全図解】コインチェック(Coincheck)の登録方法を初心者向けに解説※専門用語なし

次に、ビットコインを購入しましょう。

下記の通り、コインチェックアプリで「購入ボタン」を押すだけなので簡単ですね。

CC販売所1
しょーてぃ
しょーてぃ

上記の手順なら簡単にビットコインを購入できますが、スプレッドという手数料がかかっており3%ほど高くなっています。極限まで安く買いたい人はコインチェックの板取引がおすすめです!

ほんの少しだけ手順が複雑になりますが、余計な手数料が一切かかりません。

板取引での購入手順が分からない人は下記をどうぞ。どこのサイトよりも丁寧に解説しています。

>>【完全初心者向け】スマホでできる!ビットコインの買い方・売り方【コインチェック】

しょーてぃ
しょーてぃ

ここで注意なんですが、国内の取引所は本人確認に1~2日ほどかかります。

コロナショックのようなビッグチャンスが来たときに「まだ口座開設してないからスグには買えない…」なんてことにならないよう、早めに準備しておきましょう。

購入手順2:Bybitの口座開設をしておこう

Bybit1

次にBybitの口座開設をします。

Bybitは海外の大手取引所。世界最大級の取引所ですし、セキュリティも最高レベル。さらに日本語にも対応しているので操作はぜんぜん難しくありません。

なにより取り扱いコイン数が多いのと、手数料が格安なのが大きなメリット。ぼくもメインで使っています。

登録手順は下記の記事で完全図解しているので、心配な人は参考にどうぞ。

>>【完全図解】Bybit (バイビット) の口座開設・登録手順まとめ

購入手順3:コインチェックからBybitにビットコインを送金しよう

Bybit入出金

Bybitの登録が済んだら、コインチェック等で購入したビットコインをBybitに送金します。

詳しい手順は以下の記事で手順解説していますので、その通りに手を動かせばOKです。

>>【完全図解】コインチェックからBybitに送金する方法を初心者向けに解説

購入手順4:Bybitに送金したBTCをUSDTに変換し、DOMEを購入しよう

まずはBybitに送金したBTCを売却して、USDTを購入します。

しょーてぃ
しょーてぃ

USDTというのはドルと同じ価値を維持する仮想通貨です!

というわけで、あなたが持っているBTCを全額USDTに交換してしまえばOKです。

手順は以下の通り。

「現物取引」を選択して「BTC/USDT」の売買画面に進みます。

Bybir売買画面
しょーてぃ
しょーてぃ

下記の通り、ちょっと難しそうな画面が出てきますが、やることは簡単です!

画像の通りにクリックするだけ。

Bybit買い方

これで「あなたの持っていたすべてのBTC」を売り、その額と同じぶんの「USDT」を入手できました。

しょーてぃ
しょーてぃ

これと同じ手順で、USDTをDOMEに交換すれば完了です!

お疲れ様でした!

この記事を読みつつ操作すれば、意外と簡単に買えたんじゃないでしょうか?

途中でつまづいてしまったら、記事に貼ってあるリンクから「完全図解記事」に飛んでみてくださいね。

というわけで、以上になります。

コメント