【DeFi】イールドアグリゲーターで重要なのはTVLです

※免責事項
当サイトは、暗号資産・NFT投資を勧誘することを目的としておらず、また何らかの保証・約束をするものではありません。 資産に関する決定はご自身のご判断において行ってください。
DeFiアグリゲーター DeFi

こんにちは、しょーてぃです。

考える人
考える人

DeFiを自動運用するために必要な「イールドアグリゲーター」って、複数あるけど何を選べばいいんだろう?

こんな疑問に答えます。

【この記事を読むと分かること】

  • イールドアグリゲーターで重要なのはTVL(総ロック資金)
  • ネームバリュー(ブランド)で選んでもOK
  • ぼくはPancakeBunnyを選びました
しょーてぃ
しょーてぃ

【信頼性の担保】

ぼくは2017年から仮想通貨取引をしており、2021年には単年で+500%を達成しました。

普通にサラリーマンをしながらでも年収以上の額を稼ぐことができたのは、DeFiをしっかり勉強したおかげ。

しょーてぃ
しょーてぃ

この記事ではDeFi運用に重要な「イールドアグリゲーター」の選び方について解説していきます。

初心者でも理解できるように解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

DeFiのイールドアグリゲーターとは【自動複利運用システム】

アグリゲーターとは複数種類あるんですが、ここでは「自動で複利運用を最適化してくれるシステム」のことを指します。以下の表の一番上ですね。

種類 機能 サービス
イールドアグリゲーター 自動でイールドファーミングの複利を最大化してくれる ・PancakeBunny
・Grow
DEXアグリゲーター 複数のDEXをの中から最適なレートを使ってスワップできる ・1inch
ポートフォリオアグリゲーター イールドファーミングの状態を一元管理できる ・Zapper
・Instadapp

複利とは、利子にも利子がつくことです。

1年間の運用で10000円が10%増えると11000円ですよね。その次の年は11000円が10%増えるので、12100円になります。これが複利。

この複利を最大化してくれるのが「イールドアグリゲーター」です。

分かった人
分かった人

簡単にいえば、DeFiで得られる利益を最大化できるシステムということですね!

イールドアグリゲーターの仕組み・メリット

まず前提として、手動でDeFiの複利を最大化するのはほぼ不可能です。

なぜなら、DeFiにコインを預けるときやコインを引き出すときに手数料(ガス代)がかかるから。しかもこのガス代、混雑具合などによって金額が変わるからやっかいなんですよね。

DeFi収穫

具体的には上記の通り、お金が全然溜まってない状況でハーベストしてしまうとガス代がかさんで資金効率が落ちますし、

逆にお金が十分に貯まりまくってからハーベストすると、ガス代は節約できるけれどステーキングしていない時間が増えてしまいます。つまり「複利の効果」を最大化できません。

だから人間の目で「今この瞬間が最適だ!」と判断するのは不可能なんですよね。

そこで登場するのがイールドアグリゲーターです。プログラムが複雑な計算してくれて、利益が最大になるように運用してくれます。

もちろんイールドアグリゲーターの運営者もボランティアではないので、若干のコストはかかります。

とはいえ「イールドアグリゲーターを利用することによって増える利益」の方が圧倒的に大きいので、トータルではプラス。これがイールドアグリゲーターの仕組み&メリットです。

信頼できるアグリゲーター=TVLが大きい

DeFiにもリスクがあります。

  • ハッキングリスク
    →DeFiの脆弱性に加え、さらにイールドアグリゲーターの脆弱性が加わる
  • 資金の持ち逃げリスク
    →みんなが預けているお金を運営が持ち逃げする可能性がある

これらのリスクを考慮すると、イールドアグリゲーターは「TVLが大きいもの」を選ぶと良いでしょう。

【TVL(Total Value Locked)とは】
TVLとは、そのDEX(DeFiのサービス)にロックされている資金の総額のこと

なぜTVLを見て決めるべきなのかというと「TVL=信用度」と考えることができるから。その理由は以下の通り。

  1. TVLが大きいということは、多くのユーザーが安全性を認めているということだから
  2. DEX内の資金が潤沢にあるということは「資金不足になってスワップ不可」になるリスクが低いから
  3. 運営による資金の持ち逃げリスクが低いから

それぞれサクッと解説していきますね。

①TVLが大きい=ユーザーが多い=バグをチェックする人も多い

たくさんのユーザーがたくさんの資金を預けているということは、安全性が認知されているケースが多いです。

想像してみてほしいんですが、もしスマートコントラクトに脆弱性があるサービスだったら、誰かが「このDEXは危険だよ」と広めてくれる可能性が高いと思いませんか?

しょーてぃ
しょーてぃ

以下の通り、ゲームのバグを例にすると分かりやすいと思います。

ゲーム会社が入念にバグをチェックしても、ゲームリリース後に1000000人のユーザーがプレイすることでバグが発見されたりしますよね。

それと同じ原理で、ユーザー数が多ければ多いほど、バグや脆弱性に気づく可能性が高いということです。

②TVLが大きい=スワップ不可になりにくい

「DEXでスワップする」ということは、「誰かが預けている仮想通貨」と「あなたの持っている仮想通貨」を交換するということです。つまり、DEX内に資金がなければ、自由にスワップできないということ。

つまりTVLが高ければ高いほど「スワップできなくなるリスク」を低く抑えられるということです。

③TVLが大きい=運営による資金の持ち逃げリスクが低い

また「すでにTVLが高い=運営が持ち逃げしにくい」というメリットも挙げられます。

「どこかにお金を預ける」ということの最大のリスクは「預け先の人たちがお金を持ち逃げすること」ですよね。しかし、TVLが大きければ、このリスクは下がります。

というのも、もし運営が資金を持ち逃げした場合、被害者が多ければ多いほど「運営を捕まえてやろう」と奮起する人が増えますよね。

TVLが大きいということはユーザーが多いということなので、比較的安心して良いのかなと思います。

しょーてぃ
しょーてぃ

もしぼくが悪い人だったら、ユーザーが100人くらいのときに資金の持ち逃げを決行すると思います。

被害者が100人くらいなら、なんとか逃げ切れそうなので。

まとめると「TVLが大きいところを選んでおくのが安パイだよね」ということです。

「○○ TVL」とググればTVLは出てきますので、他のアグリゲーターと比較してみてください。

面倒くさかったら「ネームバリュー」で選んでもOK

ぶっちゃけ、有名な有名なイールドアグリゲーターはどこもTVLが高いので、調べなくてもOKかなと。

もちろん投資は自己責任なので、そこの理解はお願いします。

ぼくは「PancakeBunny」を使っています

疑問をもつ人
疑問をもつ人

それで結局、しょーてぃは何を使っているの?

しょーてぃ
しょーてぃ

ぼくはパンケーキスワップのアグリゲーターである「PancakeBunny」を使っています。

PancakeBunnyは過去にハッキングされましたが、そのときの補償&運営の対応が良かったので「信頼できる」と判断して使っています。

もちろん定期的に「PancakeBunnyに問題がなさそうか」といった情報を仕入れていくつもりです。

PancakeBunnyの使い方は下記の記事で解説していますので、良ければどうぞ。

パンケーキスワップで自動複利運用する方法【DeFi・PancakeBunny】
パンケーキスワップで最高効率で手間なく運用したいなあ。 自動で複利運用してくれる機能の使い方~注意点まで、まるっと教えてほしい。 ←こんな疑問に答えます。英語の原文を読んでまとめているので、かなり充実した内容になっていると思います。

というわけで、以上になります。

コメント