金川顕教さんの「すごい効率化」から学ぶ自分の生活のだらしなさ【レビュー】

スポンサーリンク
マインド

最小の時間と労力で最大限の成果を発揮する

 

 

すごく分かりやすいタイトルで、デザインもシンプルだったので手に取ってみました

 

この本を読んで僕が思ったことをまとめていきます

 

効率化がゴールではない

 

この本は、効率良く仕事をすることを目的にするのではなく、目的のために効率的な仕事をしたいと感じさせてくれました

 

僕の場合はブログを書くことが目的になりつつあるので、それを改めて、人生を豊かにする手段のひとつという意識を忘れないようにしたいと思います

家以外で作業をする

この本には「家で作業すると効率が落ちる」ということが詳しく書かれており、実際に自分の生活と照らし合わせてみたとき、納得できるものがありました

フィリピンセブ島留学のときも、意識せずですが、部屋以外で勉強して結果を出すことができました

 

勉強は地元の図書館でしよう!と決意した方はこちらの記事もあわせて読んでみてください

(関連記事:【脱3日坊主】やる気が続かない人でも物事を継続する方法【継続はカナリ大事】)

パソコンにはお金をかけよう

パソコンは仕事の効率を上げるうえで最強必須アイテムといった感じのことが書かれていました

 

僕の場合は全然パソコンの知識が無いのにブログを始めてしまい、何が良いとか悪いとか分からないのでブログを書きながら勉強しようと思います

 

特に、ショートカットキーを使いこなせていなかったり、タイピングのスピードが遅かったりと、改善すべき点がたくさん見つかりました

 

もったいない時間の使い方をしない

この本では、生活の中で時短できることが事細かに書かれていました

 

そして、ボケーっとして失っている時間の価値を改めて気づかせてくれました

 

なんとなくテレビを見たり、スマホゲームをしたり、思い返すと自分は時間を捨てすぎだったなと後悔しました笑

正直この本を読んでいると耳が痛いです笑(目が痛いというべき?)

 

計画を立てるより先に評価しろ

何かを始める前に上手くいっている人を参考にすれば、失敗の可能性も減るし効率化につながる といった感じのことが詳しく書かれています

 

僕の場合、ブログを始めるにあたり数々の成功者のブログを読んできましたが、僕には評価できるほどの知識も目もなかったので、ちょっと難しいかもしれません

 

とりあえず良い記事を真似しつつ、自分らしさを少しずつ出していきます!

 

とりあえず、やる

どの本、どのブログを読んでも出てくる「とりあえずやる」という無責任感あふれるワード

めっちゃ無責任なこと言っていると思いますが、どんな成功者も必ずと言っていいほどこのワードを言うので、やっぱり本当なんだと思わされます

 

やっている途中で見えてくるものがあるらしいので、僕は「とりあえず成功者のいうことを信じて続けてみる」という結論に至りました

 

本を読む

情報収集の方法の一部として挙げられていましたが、とにかく本を読むのが良いらしいです

 

よく考えてみたら、というか、よく考えなくても

売れている本=実際に参考になる本

本を出す人=すごい人

ですもんね(単純)

 

凡人の僕は素直に、すごい人たちの視点や意見をチューチューと吸わせてもらいます

 

体が資本

睡眠・食事・ベッドなどの家具まで、効率化に有効な手段が書かれていました

 

僕は睡眠をたっぷりとることだけは完璧にできています笑

 

 

最後に

この本を読んですべて実践すれば一日が28時間になるんじゃないかと思うくらい、効率を突き詰めた本でした

効率的に生きたい!と思う方はぜひ読んでみてください

 

 

しょーてぃー(@sho_tea_blog)でした!

 

コメント