大学生におすすめの節約術「してはいけないことリスト」

スポンサーリンク
マインド

こんにちは

しょーてぃーです

 

バイトに明け暮れているのに「金がない」が口癖な大学生って多くないですか?

金がない→バイトしなきゃ→時間が無くなる→勉強しない

この負の連鎖に陥っている大学生を何人も見てきました

 

なんであれだけバイトをしているのに金がないんだろうと不思議に思っていると、ある共通点があったんです

 

単純で当たり前なことですが、バイトを頑張っているのに金がない理由、それは単に浪費が多すぎるだけです

 

バイトを頑張ってお金を稼ぐことは、確かに大学生活を豊かにしてくれるかもしれません

ですが、せっかく稼いだお金を簡単に浪費してしまっては、頑張って働いた時間を捨てているのと変わりありません

 

得たお金をいかに有効に使うかということは、いかにして無駄な出費を抑えるかということでもあります

 

資産9兆円のウォーレン・バフェットをはじめ、資産2兆円のイングバル・カンプラドも、ブログ界隈の成功者イケハヤも、成功者や大金持ちの実生活は意外と質素ですよね

 

そんなわけで今回は、周りのバイト頑張ってるけど貧乏な大学生を見て学んだ、「やってはいけないこと」を紹介します

 

節約したいなら自販機で飲み物を買ってはいけない

貧乏大学生がしがちな悪習慣、それは気軽に自動販売機で飲み物を買うことです

 

お金を貯めるためにバイトで頑張っているのに、「ハァ~~、バイト疲れた。サイダー飲も!」と言って最速で150円を浪費している人が多すぎます

 

仮に時給1000円だとして、労働時間に換算したら10分ですよ

だったら10分早く帰ってお風呂にでも入った方が疲れも取れませんか?

 

毎日1本自販機で飲み物を買っていたら、1週間に1050円かかります

1時間の労働と同価値です

 

一方、毎朝自分で水筒にお茶やら水を入れて持ち歩いたら、ほぼ0円です

 

1時間の労働と、毎朝水筒を準備するの、どちらが楽ですか?

 

毎朝水筒を準備するのが面倒なら、スーパーなどでペットボトル飲料1本90円くらいで買い貯めしておくのも良いかもしれませんね

節約したい学生はタバコを吸ってはいけない

「あ~~、バイト忙しすぎてストレス溜まる~~」とか言いながらタバコを吸っている大学生を見ると笑ってしまいます

 

「ストレスの原因はタバコと、タバコによる金欠にバイト地獄だろ」って

 

ざわ…ざわざわ…

カイジ「1本は良い。考えてみれば1か月は我慢した。今日は特別な日」

(カイジ君ビール1本お買い上げ~)

班長「バカだからね。あんなもんよ。今の若いもんなんて。食べ終わったら、奴はとりあえず、満足してこう考えるだろう。『明日から頑張ろう。明日から節約だ』と」

(漫画カイジより)

 

1月頑張って一生懸命貯めたお金を、働いた疲れを取るために使い切ってしまう「カイジ」にそっくりじゃないですか

 

毎日1箱?500円?本当にそれだけ払う価値があるか考えてみたら、禁煙もできるかもしませんね

 

節制するなら自分へのご褒美を買ってはいけない

先ほどの自販機の飲み物の話やタバコの話のように、「頑張った自分へのご褒美」という理由でものを買ってはいけません

 

「自分へのご褒美」というものは大抵の場合「無くても良いもの」です

そして「自分へのご褒美」という理由でものを買う時は、「本当に必要なもの」を差し置いて「無くても良いもの」を買ってしまう傾向があります

 

つまりどういうことかと言うと、頑張って働いたけど余計なものを買っちゃったから、本当に必要なものを買う金がない→また働くという馬鹿げたサイクルに陥ってしまいます

 

稼いでるんだから使ってもいいじゃん理論を掲げている人は注意してください

学生は意味もなく飲み会に行ってはいけない

飲みサーに所属していた僕はとんでもない時間と金を失っていました

 

多いときは月に4回の飲み会に参加していて、後悔しかありません

 

「様々な学年・学科の人と仲良くなれる」「単純に楽しい」など、飲み会に参加するメリットもあるのですが、正直なところ多くても月1回とかで充分です

月1回だけ飲み会に顔を見せることによって会話の内容も濃くなりやすく、より有意義な時間になります

先週はどんなことしてた?」より「先月は何してたの?」の方が話す内容も多いですよね

 

 

そしてお金の面では、多いときは月に1万円も飲み代に消えていました

 

月に1万円も自由なお金があったら、あなたは1万円で何がしたいですか?

 

これを具体的に考えることで、なんとなく飲み会に参加することはなくなるでしょう

 

 

節約のためには、部屋を散らかしてはいけない

僕の周りの浪費家の多くに共通する特徴は「部屋が汚い」です

 

ものを失くしたり、今自分は何を持っているのか持っていないのかの判断ができなくなってしまうことによって、ものを新たに買ってしまうことが増えるそうです

 

また、汚い家にいることをが心地よくないので外出が増え、無駄な出費が増える傾向もあるようです

学生はamazon以外で本を買ってはいけない

本屋で本を買っている学生は、はっきり言って損してますよ

大学生協ならだいたい10%OFFで買えますし、メルカリやラクマ、ヤフオクなどのフリマアプリで中古品を買えば、半額程度で買うこともできます

なによりオススメなのが、AmazonのPrime Studentに登録することです

全ての本を10%OFFで買うことができます

しかもお試し期間で6か月無料!(6か月以降は月額159円)

 

その他にも

対象kindle本が読み放題

今なら2000円分のクーポンがもらえる

お急ぎ便無料

 

などなど、ここには書ききれませんが10種類以上の特典があります

「amazonさん、こんなに大判振る舞いしていいの!?」と聞きたくなるほど得するプランです

↓AmazonのPrime Studentの詳細はこちら

 

僕は今まで登録していなかったことを後悔しました

学生なら絶対に登録するべきと断言できます

 

AmazonPrimeStudentのメリットや登録方法をまとめた記事がこちら↓

【学生必見】AmazonのPrimeStudentが最強すぎた!今なら2000円貰える神サービス
学生なら「とりあえず登録しておけ」と言われるAmazon Prime Studentを誰でも分かるように紹介します!どう考えてもオトクなアマゾンプライムスチューデントは登録していない人は損してますよ。今すぐ登録して最高の学生生活を送りましょう。

節約したい学生は麻雀に手をだしてはいけない

賭け事をしてたら時間も金も消費します

酒とタバコもつきものですしね…

節約するならアプリに課金をしてはいけない

単純に課金による出費も問題ですが、

課金をすると「課金までしたのにゲームを辞めるのがもったいない」と思うようになるのか、惰性で続ける人がものすごく多いです

 

僕の友人の中には、アプリに課金してそのゲームのトップランカー(実力者や権力者)になり、それをキープするために何十万も課金して苦しんでいた人もいました

 

一言でいうならです

美容院に行ってはいけない

これは完全に僕の持論なのですが

毎月美容院へ行っている人は、216万円も損しています

 

その根拠としては

1回3000円の美容院を月に一回、これを60年間続けたら216万になるという簡単な計算です

 

どんなバイトよりも、残業するよりも、どんな節約法よりも、断然おトク!

 

やってみたら意外なほど簡単に上手にできますよ

 

詳しくはこちら

216万円も得!メンズセルフカット方【歴8年】
髪を切るスキルを習得する=216万円の収入です!いきなりこんなことを言われても「そんなばなな!」と思うかもしれませんしかし、よく考えてみてください人は人生で何回髪を切ると思いますか?仮に1か月に1回、3000...

 

 

節約するなら服を買ってはいけない

こちらも僕の話ではあるのですが、

私服ってぶっちゃけ3.4着あれば充分なんです

 

もちろん趣味としてファッションを楽しむのなら、服にお金をかける意味は充分あります

 

しかし、そうではない場合、各シーズン毎に3.4着もあれば全く問題ありません

上手く着る服をローテーションすれば「あれ、お前いつも同じ服着てね?」と言われることもありません

 

関連記事

いつも同じ服を着ている僕が感じるメリットとデメリット【断捨離のススメ】
こんにちは! 同じ服を着がちな理系大学生のしょーてぃーです いつも同じ服を着ている人って僕以外にもそこそこいますよね いつも同じ服を着ているなんて、ほんとヤダ! ...

 

お金に困っているのに毎月のように服を買う人は、一度見直してみたらいかがでしょうか

 

節約術まとめ

時給1000~2000円でしか働けない大学生にとって、節約は稼ぐことと同じくらい、非常に重要といえます

ぜひこれらを実践して、大学生活を有意義にしてください

 

しょーてぃー(@sho_tea_blog)でした!

 

 

コメント