フィリピン留学で英語力が伸びない人の特徴はコレ!留学サイトに騙されるな!

スポンサーリンク
留学

こんにちは

半年間フィリピンセブ島留学に行ってきました、元偏差値45のしょーてぃーです

「フィリピンに留学したら英語力は本当に上がるの?」

「今は英語力が全然ないけど、留学すれば上達するの?」

「留学して英語力が上がる人と上がらない人がいるって本当?」

英語力ゼロから留学に来た人、中学英語程度は理解している人、すでにそこそこ喋れる人、高校生、主婦、サラリーマンなど、

様々な人たちと留学生活を共にした僕が、こういった疑問に答えていきます

この記事を読むメリット

・自分が本当にフィリピン留学するべきなのかどうかわかる

・留学の効果を最大限に高められる

偏差値45の証明↓

【フィリピンセブ島留学CIA】英語偏差値45の僕が半年留学した話
英語成績が学内下位4%だった僕がフィリピンセブ島留学に行くまでの経緯と準備の手順をまとめました。これさえ読んでおけば失敗しません
【フィリピンセブ島留学CIA】2か月でIELTS 3.5→6.0に上がった話【IELTSコース】
英語が苦手でもIELTSコースに挑戦すべきです。 僕が6か月間セブ島のCIAという学校に留学をしてみて一番英語力の向上を実感できたのがIELTSコースでした。 「IELTSのスコアなんていらないよ」という方も多いかとは思いますが、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの全てを実践レベルに上げるには最適なコースです。そんなIELTSコースがどんなものなのかまとめてみました

英語力ゼロの人は、留学するな!

「英語力ゼロでも大丈夫!初心者におすすめの留学はコチラ!」なんていう留学サイトやエージェントに騙されてはいけません!!

英語力が全くない人は、留学のメリットを全くと言っていいほど吸収できません

留学先で日本語で書かれたテキストとにらめっこすることになります笑

具体的には、次の2つに当てはまる人は絶対に留学してはいけません

・中学レベルの基礎文法を理解していない人

・中学レベルの単語が理解できない人

僕が見てきた人たちの中で、以上の2点が全くできない人は英語力がほぼ上がっていませんでした

たしかに、「Photo」の意味すら理解できないレベルから喋れるようになった人も、たった1人だけですが実際にいました

ただ、その人は泣きながら必死に勉強するくらいストイックだったから英語が上達したというだけで、「とりあえず留学したら英語力上がるっしょ!うぇーい」みたいな人には絶対に無理です

現地に行ったら、なにもかもが英語です

「知らない言語」で「知らない言語」を説明されても理解できませんよね?

3年とか5年とか、長期で留学するなら話は別ですが、そうでない場合は英語を日本語で勉強することはある程度必要なんです

そのため、なによりもまず中学英語を少なくとも7割程度身につけてから留学に行きましょう

あなたは「関係代名詞」「現在完了」など、きちんと理解していますか??

目指せ9割! 5分でできる中学英文法の定着度テスト - GOTCHA!
『Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル』などでおなじみのカリスマ英語講師Mr.Evineが英語が苦手な大人のために、中学英語を楽しくやり直せる学習法をご紹介します。

↑自分の英語力が不安な人は、5分でテストを受けてみましょう

この基礎問題が全然解けなかったという人は、もう一度テキストで勉強し直す必要があります

※基礎を学ぶ場合、フィリピンの先生から英語で英語を学ぶよりも日本語のテキストを使用する方が分かりやすいです

日本人とだけつるむ人は、留学しても英語力は伸びない

英語力を上げるには、授業で学んだ英語表現をすぐに実践することがめちゃくちゃ大事です

フィリピンの語学学校はマンツーマン授業が多いのが特徴ですが、毎日ものすごい量の授業があるのですぐに復習・実践しないと忘れていきます

(関連記事:【フィリピンセブ島留学CIA】ESLコースってどんな感じ?【偏差値45が留学した話】)

5分休憩やお昼休憩のときに外国人の友達や先生と会話をして、習ったことを実践しないと身につきません

別に日本人同士で英語を話すのも全然OKですが、やっぱり少し恥ずかしいです

外国人と積極的に交流しましょう

※シャイでも大丈夫!英語ができない人が集まってるんだから、上手く喋れなくて当然です!

男子校出身で工学部のインキャ僕でも大丈夫だったんです

頑張りましょう!

というか、日本人とだけつるむなら日本で勉強すれば??って感じですよね笑

単語の勉強をサボる人は、留学しても英語力が伸びない

僕の通っていたセブのCIAという学校では毎朝の単語テストがありましたが、単語をサボる人は全然英語力が上達していませんでした

単語力はすべての基礎です

長文でも会話でも、知っている単語が多ければだいたいの内容を理解することができます

逆にどれだけ文法を勉強しても、単語が分からなければ内容は理解できません

本当なら、単語は日本にいるときに勉強するべきなんですが、

単語を勉強するのって、めちゃめちゃキツイ!!

ひたすらに単語帳を見るなんて、もう地獄ですよね

「単語を知らないせいで言いたいことが言えない」

「単語力がないと文章が読めない」

留学中にこんなことを実感してみて、初めて単語の重要性を真に実感します(僕の場合)

ですので、「留学先で単語なんかに時間を割きたくない。単語なんて勉強したくない」などと言うのはナンセンスです

留学先でこそ本気で単語を勉強することをおすすめします

必要性を知ってからの方が、勉強効率が格段に上がります

関連記事

【脱3日坊主】やる気が続かない人でも物事を継続する方法【継続はカナリ大事】
人類の95%が「今年は夏休みの宿題を早めに終わらせるぞ~!」と決意したことがあるはずです。小学生の頃、新学期が始まる直前になってから焦って日記を30日分書いたりしましたよね?大丈夫、僕も同じです。そんな僕でもできた「物事を継続する方法」を紹介します

もちろん、留学前に単語をマスターしておくのがベストではあります

僕の使っている単語帳はコレ↓

発音やリスニングは気にしなくてよい

発音やリスニングは日本で学ぶより、海外で学んだほうが効率が良いです

また、留学に来る人たちというのは「スピーキングやリスニングを伸ばしたい人」であり、自分だけ発音悪くて恥ずかしいなんて思いをすることもありません

もちろん先に勉強しておいて損は無いので、単語や文法に問題のない方や留学で最大限に英語力を伸ばしたい人は、リスニングも勉強しておきましょう!

「それじゃあリスニングだけでも鍛えておこうかな!」という積極的な人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください!!めっちゃ有効ですよ!

2か月でTOEIC500→775を達成した、最強のリスニング勉強法!【英語】
2か月でTOEIC500➡775点を達成した しょーてぃーです。「英語の勉強が辛い、面倒くさい」「全然リスニング力が上がらない」「簡単にリスニング力が上がる方法はないかなあ」こんな問題はもう気にしなくて大丈夫です。僕が最強の英語勉強法を教えます

英語の勉強モチベが上がらない人にはこの記事!

英語ができない人は損をする?英語を勉強しなければならない具体的な理由
英語が必要な主な理由は、東南アジアの優秀な人がインターネット環境を得たことで世界で活躍するチャンスを得たためです。正直なところ、大学生になった今も英語が好きではないのですが、「苦しい思いをしてでも英語を勉強しなきゃヤバい!」と危機感を持っています

以上!しょーてぃー(@sho_tea_blog)でした!

コメント