500万円をたった1年で失った話

こんにちは。しょーてぃです。
ぼくのLINEマガジンを読んでくださりありがとうございます!

今回はぼくが仮想通貨初心者だったときにやってしまった「愚かすぎる大失敗」をお話します。

今まで散々えらそうに語っておいて、過去のぼくは1年で500万円の損失を出しているんです。
こんな大失態を公開するのはかなり恥ずかしいですが、過去のぼくと同じ人が現れないように記録しておきます。

仮想通貨で500万円を溶かしました

就活生だったぼくは、社会も知らず、投資も知らず、ビジネスも知らないまま、人生を変えようと仮想通貨を買い始めました。

そしてじつは、運よく購入した仮想通貨のひとつTRX(トロン)が爆上がり。

1TRX=0.5円だったのが、2018年の1月には25円くらいになりました。
2~3か月で約50倍という、異次元の高騰です。

大学生でありながら500万円という資産を築いたぼくは「このまま稼ぎ切ってやる!」と調子に乗ってしまったんですよね。
これが運の尽き。ラッキーパンチはそう何度も起こりません。

仮想通貨で得た500万円は、仮想通貨で溶かしました。

当たり前ですよね。当時のぼくには投資の知識もないですし、理系大学生だったので金融知識もゼロ。
あげくの果てには、Twitterのインフルエンサーだけを情報源にしていたんですから。

彼らが「買え」といえば買いますし「売れ」といったら売る。まさに典型的な養分です。
彼らが言っていることが正しいのかどうか、それを判断できるレベルの知識がありませんでした。

500万円を溶かした原因は、2018年の初頭にインフルエンサーたちがTRIGという仮想通貨を持ち上げ始めたこと。

仮想通貨バブルに浮かれたぼくは「これを買えば稼げるんだな」と思考停止で購入。

ちなみにTRIGの仕組みはかなり複雑。
「1500枚以上のTRIGを保有しているとマスターノードを立てることができ、そうするとトランザクションを承認する作業ができます。その報酬にAMMOというサブトークンがもらえて~~~」みたいなことが書いてあり、当時のぼくには理解不能でした。

当時のぼくは仕組みを理解しないまま「要するに1500枚買えばいいことが起きるんでしょ?」というノリで300万円くらいを投じたんです。

もうね、アホかと。助走をつけて過去のぼくをぶん殴りたい…。

いま思えば、TRIGは時価総額(=トータルの金額)もかなり小さく、一部の大口の投資家が容易に価格操作できてしまう状態。
今のぼくなら絶対に投資しない銘柄でした。

知識不足がすべての原因

しかし、当時のぼくには知識がありません。
知識さえあれば落とし穴を回避できたのに、盲目の状態で投資をしていたんです。

あの頃のぼくが「今のぼくの知識」を持っていれば、
今のぼくが過去のぼくにアドバイスできていれば、

間違いなく500万円を溶かさずに済んだでしょう。

そして、その500万円を使って「知識投資」をしまくるようにも伝えていたと思います。
それも投資に関する知識だけでなく、仮想通貨ビジネス全般の知識も含めて。

先ほどは「知識さえあれば500万円を失わずに済んだ」とお伝えましたが、知識さえあればプラス数百万円稼ぐことだって可能です。

2022年現在、ぼくの仮想通貨ブログの最高発生額は月90万円ですが、もし大学生のあのときに「今の知識」があれば収入は5~10倍になっていたはず。

つまり知識に投資をしなかったせいで500万を溶かし、さらには数百万円を稼ぐチャンスも失い、おまけに若い時間も失っていたんです。

「あの頃しっかり勉強しておけば…」と今でも後悔するばかり。

そんな苦い過去があるからこそ、今こうして情報発信をしています。

ぼくのリアルの友人やフォロワーさん、ブログの読者さん、そしてこのマガジンの読者さんには、「過去のぼくみたいに投資で損をすることなく、金銭的にも時間的にも豊かになってほしい」と本気で思っています。

このマガジンでは、その道しるべとなれるような情報を発信していきます。

知識不足がゆえに、仮想通貨で損をする人やビジネスチャンスを逃す人。
どの方向へ進んでいいのかわからずギャンブルに走ってしまう人。
ぼくの発信を通じて、こんな人が一人でも減ったら嬉しいです。

というわけで、以上になります。

コメント