時給2000円だったぼくが「時給17万円」を叩き出した話

こんにちは。しょーてぃです。
ぼくのLINEマガジンを読んでくださりありがとうございます!

今回は、ちょっと刺激的で怪しいタイトルで書いてみました。

ぼくはまだまだ時給17万円止まりですが、中には時給1000万円の人も。

もちろん嘘ではなく本当の話。しかも、ギャンブルや一発屋などではありません。

それでは詳細をお見せします。

NFTを買ったら時給17万円になりました

ぼくは上記の通り、NFTを買って35万円の利益を出しました。

ちなみにNFTというのは、かんたんに説明すると「識別番号つきのデジタルデータ」です。

詳しいことは順を追ってマガジンで説明していきますので、今は「モナリザの原画」みたいな「価値のつくオリジナルのアート」だと思っていただければと思います。

ぼくはこのNFTを買ったことで、35万円ほどの利益を得ることができました。

ちなみにこの情報精査にかかった時間は2時間。なので時給は17.5万円ということです。

中には「NFTを売却して1000万円を稼いだ人」もいます。

事実、2022年の9月ごろ、か〇りんさんという方は「CNP」というNFTを90体、総額約1000万円くらい売ったんですよね。
ちなみにCNPの初期販売価格は200円程度なので、ほぼ全額利益ということになります。

投資家の世界では「時給10万円以上」というのよくある話

こういう話をすると「こんなおいしい話があるわけない」と思うかもしれません。しかし、仮想通貨の世界では、けっこうある話なんです。

ぼくも最初は疑っていました。当時月収30万円とかで働いていたぼくには想像もできませんよね。

ここで最も注目するべきなのが、その1000万円を生み出すのに要した時間がせいぜい数時間~数十時間だということ。
具体的には下記の3つだけなんです。

・そのNFTの情報を入手する
・将来性を精査する
・購入する

そりゃ格差は広がりますよね。

中学高校と毎日10時間勉強して、就活戦争を勝ち抜いて、出世競争も勝ち抜いたエリートたちが、1年間たくさん残業してようやく稼げるのが1000万円という大金なのに、

それをサクッと数十時間で稼いでしまう人がいるなんて、もはや世の中のバグです。

時給を高めるのをやめました

過去のぼくは「稼ぐためには時給を高めるしかない」と思っていましたが、
こうして「時給の外の世界」を見たことをきっかけに、時給を高める努力を辞めました。

なぜなら時給には上限があるから。例えば下記のような感じです。

・普通のサラリーマンの時給は2000円
・部長に昇進すれば6000円
・医者や弁護士ならば、時給は10000円

中学高校と勉強を頑張って、就活でも勝ち抜いて、会社でも勝ち続ける。つまり14歳から40歳まで頑張り続けて、ようやく時給6000円に到達するんです。

ぼくは「あまり夢がないな」と思いました。

もちろん、いつでも時給6000円を生み出せる能力があるのは素晴らしいことです。
「いざとなればいつでも稼げる」という心のセーフティネットになるので。

しかし、そのセーフティネット構築に人生を賭けるのはもったいないと思ったんです。
それに、時給労働だけでは「お金と時間の両立」ができないことも、会社の先輩や部長の背中を見れば明らかでした。

だからこそ、仮想通貨という「時給じゃない世界」で努力することに決めたんです。

すると、こんなことが起こるようになりました。

・1日5時間でブログ執筆
→過去の記事たちから2万円の収益発生

・2時間のNFT調査
→良い案件が見つかり35万円の利益

・1時間の作業でホワイトリスト(=優先購入権)の獲得
→ノーリスクで10万円の利益

もちろん、毎日そんなオイシイ情報が入ってくるわけではありませんが、少しの労力で数万円が稼げるのは事実です。

これを徹底的に繰り返せば、さらに稼げるようになっていくでしょう。
なぜなら「入ってくる情報の質と量を増やし、情報精査の精度を上げ、あとは購入金額を増やしていけば良いだけの話」だから。

時給ではないところに労力をかけるというのは、そういうことです。
このマガジンやブログ記事も同じ。今日書いたものが今後もずっと働き続けてくれるので、時給とは全く違う稼ぎ方になります。

積み上げた知識や経験はこの先ずっと減ることがありません。
例えば情報収集の能力だって上がり続けますし、買うか買わないかの判断精度も上がり続けるでしょう。
このマガジンやブログ記事だって、書けば書くだけ積みあがりますよね。

こんなふうに、時給労働の外の世界では、どんどん資産を積み重ねていける「正のスパイラル」が生まれます。

たまに「仮想通貨は一発当てたら終わり」などという人もいますが、それは勘違いだということが今なら分かるはず。
繰り返しますが、仕入れる情報の質も、投資判断の精度も、どんどん積みあがるものだから。

そして「仮想通貨はリスクが大きいギャンブルだ」というのも勘違い。
たしかに仮想通貨には大きなリスクも潜んでいますが、それも「投資判断の精度」や「情報収集の質」が高まればリスクも下がっていきます。

それに、ぼくがやっている仮想通貨ブログなどのビジネスはノーリスクです。
このように、リスクというのは自分で管理できるものなんです。

ちょっと話がそれましたが「自由な人生を送るためには、時給労働以外の収入源を作ることが大事」ということが伝わっていれば嬉しいです。

今日のマガジンを読んでこの価値観に触れられたことはラッキーです。
仮想通貨を通して「時給労働以外の稼ぎ方」を身につけ、自由な暮らしを実現していきましょう。

明日からはもっと実践的な内容をお送りするので、ぜひ楽しみにしていてください!

というわけで、以上になります。

コメント