実体験!カゴメのグループディスカッションに受かるコツ【就活】

スポンサーリンク
カゴメのグループディスカッション 就活

こんにちは

2020卒でカゴメの生産技術系総合職を受けたしょーてぃです

 

食品系という身近でホワイトな企業であるカゴメは、ご存知の通り就職希望者がとても多く、内定を得るのはかなり狭き門となっています

しかし、「何としても内定を勝ち取りたい!」そう思いますよね

当然だと思います

 

そこで今回は、

カゴメの選考の中で最難関と言われるグループディスカッションに合格するコツを紹介します

この記事を読んで、しっかりと対策をしましょう

 

カゴメのインターンについて知りたい方はコチラの記事↓

カゴメの生産技術系インターンの選考フローと受かるコツ【実体験】

カゴメの生産技術系総合職の選考フロー

カゴメの生産技術系総合職の選考フローは次の通りです

①ES(エントリーシート)

②Web適性検査(テスト)

③説明会&1次面接(15分)

④グループディスカッション

⑤那須の工場見学&2次面接(人事部長面接=実質最終面接!?)

⑥役員面接

 

このなかでも一番通過率が低いのは「グループディスカッション」です

このことは人事に直接聞いたので間違いないです

 

せっかく1次面接を通過したのだから、2次面接に進みたいですよね

 

しかし数多くの仲間がこのグルディスで落選し、次の面接会場で会うことができませんでした

グルディスで僕のグループのリーダー的な役割を担当した人も、落選してしまいました

 

そんな悲しいことにならないように、

ここからカゴメのグループディスカッションを受ける際に気を付けるポイントやコツを紹介していきます

グループディスカッションの概要

カゴメのグループディスカッションの概要↓

質問内容:若手リーダーに求められる資質とあるべき姿を答えよ

個人で意見をまとめる時間5分+議論時間20分+発表時間5分

1グループの人数は7~8人、グループ数2つ

人事2~3人(人事部長含む)が歩き回ってディスカッションの様子を観察する

発表と議論の際にはスケッチブックと色ペンは自由に使ってよい

カゴメの求める人物像にマッチさせる!

カゴメは「あなたにはカゴメの求める資質が備わっているか」を見てきます

 

僕は幸いなことに、インターンにも参加してカゴメの社員とも多く関わることができ、カゴメの求める人物像=資質が見えてきました

 

その「資質」をアピールできるようにグルディスでの立ち回りを考えた結果、無事に通過することができました

ではその「資質」とは何か、どう立ち回れば良いのか、僕の考えを紹介していきます

 

カゴメに求められる資質:リーダーシップ

会社説明会で言われるように、カゴメは工場で派遣社員をまとめる「若手リーダー」を求めています

このリーダーに求められるのは、「目標達成のために自分の役割を果たせること」「複数の人間と共同で目標に向けて作業できること」でしょう

 

カゴメのインターンや選考を受けるにあたって、「派遣社員や取引先などの立場も経験も違う人たちのリーダーとして働かなければならない」「総合職はみんなリーダー」というようなことを何度も聞いていたので、この「リーダー性」はとても重要になります

 

しかし、ただあなたがみんなを引っ張っていけば良いというわけではありません

先ほども言いましたが、僕のグループでみんなをまとめていた人は落選してしまっていました

 

・ポイントやコツ

・時間内に議論が終わるように「時間配分を決める

・その時間配分に間に合うように”君は発表用にこの用紙に〇〇についてのまとめを書いて”など「グループ発表に向けて指示を出す(行動←目的 を明らかにする

・同じような意見が出すぎて時間が無駄に感じたら「意見を一言で簡潔にまとめる

 

つまりは、グループ発表というゴールに向けて議論の軌道修正や方針決めをするということです!!

カゴメに求められる資質:論理性

インターンの面接のときも、通常の面接のときも、「論理性」を重視しているように感じられました

インターン参加者も同じような感想持っていたことから、ほぼ間違いないでしょう

 

・ポイントやコツ

・「結論→理由という順序で話す

具体的には、「若手リーダーに求められる資質は?」という問いに対して次のような感じで答えました

責任感です。理由は、若手リーダーの仕事は大きくこの2つ

「今まで先輩がやってきたことをミスなくこなす」ことと「新しい視点を、自らが先頭に立って会社にもたらす」ことであり、その両者に共通して求められるものは「責任感」だと考えたからです

・図を使って「短時間で分かりやすく意見を共有」する

上のような意見を簡単な図と共に見せることで、より短時間で分かりやすく共有できます

・基本的に時間が無いので「全てのメモは箇条書き

 

 

カゴメに求められる資質:和気あいあい

カゴメは社員の人柄・明るさを重視しています

ESに「ストレス発散方法」や「カラオケの持ち歌」などの項目があること、そして僕が出会った社員さんのほぼ全員が明るい人だったことから、和気あいあい感は重要であることは間違いないでしょう

 

ただ、和気あいあいとしながらも無駄なことを話している時間の余裕はないので、「目標達成のために必要なこと」を和気あいあいと話すことが重要になってきます

 

それってどういうこと?

ちょっと難しいと思いますので具体例を紹介します

 

・ポイントやコツ

・「すべての意見に対して”良いね!”と言うのはダメ

グルディスで他人を批判することでマイナス評価になることを恐れる人が多いです

そのため、「いいね!」「たしかに」「その意見さすが!」「アグリー」みたいなほめたたえ合うだけの非建設的な議論になりやすいです

そこでしっかり議論を進められるように、まとめる方向に動かす必要があります

そのためには、全ての意見に好反応を示すのではなく、本当に良いものだけに絞ることが大事です

 

・「議論を進めたい方向と合致する意見が出たら、すかさず賛成して舵を取る

みんなアピールしたがってしまうので、みんな自分の意見を言いたがります

しかしそうなると大量の意見が溢れてしまい、収拾がつかなくなってしまいます

そこで本当に良い意見にだけ過剰に賛成することで、本当に良い意見を印象付け、その他多数のショボい意見に惑わされることなく議論を進めることができます

無理に人格を作らないで、なるべく等身大でいこう!!

カゴメに受かるためのコツまとめ

・議論の方向を修正し、リーダーシップを見せる

・論理的に、短く分かりやすく話す

・和気あいあいさは大事だが、すべての意見に賛成すれば良いというものでもない

 

この3つに注意すれば、他の就活生より1歩リードできるかとは思います!

頑張ってください!

 

以上、しょーてぃでした!

 

コメント