大企業に入るのは、大学付属の高校に入るのと同じリスクがある話

スポンサーリンク
就活

こんにちは

慶應志木高校(慶應大付属高校)出身のしょーてぃーです

 

最近は就活中ということで、将来について考えることが多くなりました

きっと、みなさんも一度は将来についてじっくりと考えたことはあると思います

 

やっぱり安定した大企業かな?

それとも自己成長できるベンチャーかな?

給料の良いコンサルかな?

でもやっぱり時給労働以外(=金額上限なし)で努力して稼ぎたいから、起業とか副業してみたいな

 

 

こんな感じで迷ったとき、

せっかく慶應大学に入学させてもらったんだから、安定した大企業に入っておかなきゃもったいないよな…

それに、とりあえず大企業に入っておけば後から転職するにしても有利でしょ

 

 

と、大企業志望の思考になりがちです(実際に僕も大企業志望です)

 

 

でも実際に大企業に入ったら、

・そこそこ良い境遇・給料に満足して、さらに上を目指さなくなる

・どんなに頑張っても、逆に頑張らなくても、結果(給料)はあまり変わらない

・そこそこ良いステータス(仕事)を捨てられなくなり、保守的思考になる

という危険性もあると思うんです

 

なぜそんなことを考えるのかというと、実は僕、大学付属の高校に進学したときも同様の危険性を体感したんです

危険性というか、かなり後悔した点でもあります

 

大企業に入るリスクは付属高校に入るリスクとほぼ同じなんです

 

そこでこの記事では、

付属校と大企業の共通点から分かる大企業に入る危険性と、大企業に入ってからの上手な過ごし方についての僕の考えを紹介します

 

 

この記事を読むメリット

・大企業に入るリスクを学べる

・大企業に入るリスクへの対策方法を理解することができる

 

慶應付属高校に入ったデメリット

僕は中学生の頃はめちゃくちゃ勉強を頑張り、公立中学校では学年トップレベルで勉強ができました(いきなり自慢ですみません!!)

その結果、なんとか慶應志木高校(大学付属高校)に合格できたんです

そして当然のように、周りにいるのは「神童」と呼ばれるような優秀な人ばかりでした

 

ですが、付属高校って一度入学さえしてしまえばほぼ確実に大学に進学できるんですよね

 

もちろんすべてがそうではありませんが、勉強を頑張っても頑張らなくてもだいたい希望の学部に進学できますし、実際、みんなあんまり勉強していませんでした

 

あれだけ勉強熱心だった僕たちですが、高校では全然勉強をしなかったんです

 

 

そして僕がのんびりと高校生活を楽しんでいる間に、進学校に進学した元同級生たちはグングンと学力を伸ばし、3年後、東大や京大に合格する人も現れたんです!!

 

中学時代には僕よりも勉強ができなかった人たちが、いつの間にか僕を大きく追い越して、僕には到底届きえない結果を勝ち取っているんです

 

ウサギとカメみたいだね

進学先が保証された付属高校という環境で、ぬくぬくとした3年間を過ごして慢心&安心していたのですが、気づいたらみんなに追い抜かれていたんです

 

そして慶應大学に進学してからも、自分の落ちこぼれ具合を実感しました

1年生の頃の成績表です。悲惨ですね笑

ちなみにABCD評価で、Cはギリギリ合格、Dは不合格です

 

大学受験を経験している人たちに、高校3年間も怠けていた僕が敵うはずがありません

もし仮に慶應大学を一般受験してたら、99.9%不合格だったな

と思います

 

僕がこのことに危機感を持ったのは大学2年生からで、そこから挽回するのはめちゃくちゃ大変です

(関連記事:【フィリピンセブ島留学CIA】英語偏差値45の僕が半年留学した話

 

このように、怠けていられる環境というのは一見メリットのように見えますが、デメリットでもあるんです

これが大企業の危険性とかなり似ているんです

大企業のデメリット(危険性)

先ほど紹介した「付属校のデメリット」ってなんだか

「頑張っても頑張らなくてもそれなりに良い給料がもらえる大企業」

「そこそこ良い給料と安定した将来がほぼ約束されている大企業」

「滅多にリストラされない大企業」

に似ていませんか??

 

大企業に入ってそこそこ良い環境で適当に仕事している間に、

名もないベンチャーに入った友人がめちゃくちゃ頑張って年収5000万円になるかもしれませんし、起業した友人が楽しく優雅に生活しているかもしれません

無名のホワイト中小企業でものすごく幸せな生活ができているかもしれません

 

こういった「もっと良い生活」があっても、大企業という安定したそこそこよい待遇の環境にいれば

そこそこ良い環境だし、このまま安定な生活でいっか…

と考えてしまうでしょう

 

ここに危険性があると僕は思います

 

生涯その企業で働き続けられるなら、そこそこ良い環境で仕事をすれば良いでしょうが、万が一、何らかの理由(怪我、事故、大不況、大きなトラブル、倒産など)で仕事を辞めることになった場合、とても厳しい未来があると思います

理由は、転職する際に武器になるものは個人のスキルだからです

大企業で一部の細かい仕事ばかりしていると、

以前勤めていた大企業では「末端の作業」をしてたけど、他の会社で役立たないじゃん…ベンチャー出身の人めっちゃ優秀じゃん…

となる可能性があります

 

実際僕も、もし仮に何らかの理由で慶應志木高校を退学になっていたら、間違いなく教育困難大学に進学していたでしょう

 

悪く言えば「飼い殺し状態」です

飼い主がいなければ生きていけません

大企業に入って上手に生きる方法

だからと言って大企業に入るのはダメなのか!というと僕はそんなことは思っていません

大企業に入っても、さまざまなリスクに対応できればいいと考えています

 

具体的にはどうするべきかというと、

・自分のスキルが向上する部署に入る

・休日や勤務後に勉強をする

・副業をしてリスクヘッジ(リスクマネジメント)をする

・他者の社長やお偉いさんと仲良くなっておく

・頑張って社内or社外で実績を作っておく

これらを意識することで、大企業のメリットを得つつ、デメリットをカバーできると考えています

 

今、実際に僕が実践しているのは、

・副業(ブログ)→自分で収入源を持つ(まだ収益ほぼ無し

・英語の勉強→困ったら物価の安い海外へ逃亡・転職に有利

・ITについて軽く勉強→転職に有利・副業に繋がる

の3つ程度ですが、まだまだどれも中途半端なので会社員になってからもコツコツ続けていくつもりです

 

 

まとめ

思考停止で大企業に入ってしまうと、思考停止で慶應志木に入学した僕と同じミスをするような気がするので、皆さんは気をつけてください!

 

しょーてぃー(@sho_tea_blog)でした!

 

コメント