自分がなにをやりたいのかわからない大学生がやるべきこと3選

スポンサーリンク
マインド

こんにちは

理系大学生のしょーてぃです

 

就活の時期になってくると、

疑問に思う人
考える人

あれ、僕って何がしたいんだろう??

就活の軸が見つからない

こうなりますよね

 

僕も、大学生活で成し遂げたこととか特になかったし、なんなら「働きたくない」とか思ってました

 

でも、働かないのは無理ですし、

就職活動も待ってくれるわけではありません

 

やらなきゃいけないんです

 

悩む人
悩む人

でも、なんとなくで貴重な新卒カードを使ったら後悔しそう…

 

そこで、かつて「やりたいことが分からない大学生」だった僕が、考えに考え抜いた結果、

今とれる選択肢は3つだけだと気づいたんです

 

結論から言うと「やりたいことが何なのかわからない大学生」は、

  1. 休学して考える時間を作る

  2. とにかく給料の高い会社を目指す

  3. ストレングスファインダーを受けて適性のある職を目指す

この3つの選択肢のうちどれかを選択するのが最善だと思います

 

しょーてぃ
しょーてぃ

ちなみに僕は①も②も③も実践しました!

結果的に満足のいく就活ができたので、悩んでいる人には参考にしてほしいです

この記事を読めば、より論理的で合理的に自分の将来を選択することができるようになると思います

 

後悔しない人生設計ができるよう、1つずつ検討してみてください

 

スポンサーリンク

本当はやりたいことを仕事にするのがベストだけど…

バイトとサークルと、ちょっとの課外活動をする…そんな一般的な大学生活では「やりたいこと」なんて見つかりませんよね

 

強いて言えば「金持ちになりたい」とか「楽をして生きたい」とか、そういう感じだと思います

 

でも就活はしなきゃいけません

 

そういう状況の人の問題点とその解決法を洗い出していくと、こんな感じになると思うんです

  1. やりたいことを探す時間がない
    休学して時間を作る

  2. 今はやりたいことが見つかる気がしない
    稼いでおけば、将来的にやりたいことが見つかったときに実行できる

  3. やりたいことが分からず、仕事が苦痛になりそう
    ストレングスファインダーで適性職を見つける

 

というわけで、全て実践してみた僕が、1つずつメリットや感想を紹介していきます

 

解決策1:休学して時間を作る

海辺

休学することで、

テストにも追われず、レポートにも追われず、好きなことだけをする時間を作ることができます

この好きなことだけをする時間というのがめちゃめちゃ大事だと思うんですよ

 

よく「就職先の選び方」みたいな記事とか本とかを読むと、

男性
出来る男

もし仮に宝くじが当たっても、その仕事、続けますか?

この質問にYesといえるような仕事をしているのなら、本当にやりたいことができている幸せ者ですね

みたいなことが書いてあるんですよね

要は、「給料が出なくても楽しいと思える仕事につけたら最高だよね!」ってことだと思います

 

 

なにが言いたいのかというと、

休学をすることで「給料が出なくても楽しいと思える仕事」が見つかるということです

 

 

あまりに時間が有り余ると、やるべきこと(勉強とか、課題とか、バイトとか、そういうつまんないこと)とかが全部終わって、

本当にやりたいことだけをするようになるんですよ

 

例えば僕の場合は、

水耕栽培装置を作ったり、植物工場の説明会に行ってみたり、ブログを始めてみたり、自分で商売をしてみたり、

自分の興味だけで行動するようになるんです

 

そういう行動から、「あっ、僕はこういうことが好きなのか!」という感じで、自分のやりたいことが見えてきました

 

休学に関して書いていくと、ものすごい文章量になってしまうので、

少しでも休学を考えている人はリンク先の記事を読んでみてください

関連記事:理系大学生の僕が休学して感じたメリット1選【リスクも解説】

 

悩む人
悩む人

休学はデメリットとかもあるじゃん…

僕の実体験をもとにリスクも解説していますので、休学することが不安な人も読んでみてくださいね

 

 

しょーてぃ
しょーてぃ

まとめると、休学して「やりたいことを見つける」という選択肢はアリだと思いますよ

とにかく給料の高い会社を目指す

お金

やりたいことがない大学生は、とにかく給料の高い会社に入ることをオススメします

 

なぜかというと、将来的にやりたいことが見つかった場合に、貯金があればリスクを恐れず挑戦できるからです

 

それに、給料の高い企業(=人気の企業)に入ることができれば、きっと転職難易度も下がりますし、

数年くらい休職しても大丈夫なくらいの蓄えがあれば、きっと心の安定につながりますよね

 

それに、お金を稼いでみないと見えないものってあると思うので、

社会を知らない大学生の視座で「やりたいことはコレ!」と決めつけるのではなく、

社会に出てから自分の価値観が変わることを前提としたファーストキャリアを持つことは、とても合理的な判断だと思います

 

しょーてぃ
しょーてぃ

「僕のやりたいことはコレ!」と思って就職したけど、

数年後には「やりたいこと」が変わるのかもなあ…

というわけで、やりたいことがないまま就活をするのであれば、とにかく給料の高い会社を受けることをオススメします

 

ストレングスファインダーを受ける

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

自己分析の親であり、自分の強み(才能)をめっちゃ詳しく把握できる2000円の課金アイテムです

 

ストレングス・ファインダー®は、アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールです。Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。

開発にあたってギャラップ社では、強みの源泉となる才能をみつけていくために、人がもつ様々な能力をあらゆる角度から抽出して分類し、最終的には34種類の才能分野=資質を特定しました。ストレングスファインダーの診断結果で画面に現れるのは、その34種類の中で、あなたに最も強く表れている5つの資質です。

ただし、この上位5つの資質は、あなた「傾向性=自分に固有の思考や行動の反応パターン」であって、「強み」そのものではありません。自分にとって自然で当たり前の傾向性を、日々の仕事や人間関係の中で、意識して効果的生産的に使うことで初めて、誰にも真似できない素晴らしい「強み」になります。

つまり、ストレングスファインダーは、自分の強みの源泉となる才能を、鏡のように客観的に「見える化」してくれるツールであると言えます。

引用元:STRENGTHS LABO

日本最大級の損害保険会社、損保〇ャパンホールディングスや多くの企業なんかでも採用されている、世界的な自己分析キットなんです

 

しょーてぃ
しょーてぃ

これ、僕も実際に就活のときに使ってみたんですけど、まじで使って良かったと思いました!

人生を決める就活、2000円の課金なら誤差の範囲だと思いますよ

ストレングスファインダーで診断すると、明らかな好循環が生まれます

 自分の強みが分かる

→自分のポテンシャルを活かせる職種に応募できる

→面接官から高い評価を貰える

→比較的ラクに内定がもらえる

→しかも自分に合った会社の可能性が高い!

 

僕がストレングスファインダーを使ってみた感想はこの記事にまとめていますので、

気になったら読んでみてください

関連記事:就活生なら必須の「ストレングスファインダー」を使ってみた感想【レビュー】

 

 

「やりたいことがわからない大学生」がやるべきことまとめ

  1. 休学を検討する
  2. 給料の高い会社を受ける
  3. ストレングスファインダーを受ける

 

これを実践すれば、きっと後悔しない人生設計ができると思います

 

というわけで以上になります

 

関連記事:大学生におすすめ!お金のかからない趣味8選【一石二鳥】

 

コメント