バイトをしていなくても就活で不利になりません【実体験】

スポンサーリンク
サムネイル バイト

こんにちは

しょーてぃです

 

考える人
就活生

バイトしていないと就職に不利なのかなあ…

バイトをしていない人に、実体験を聞いてみたい…

こんな疑問に答えます

 

ちなみに僕は、大学1年生のときに様々なバイトをしましたが、どれも3か月以内にやめました

2~4年生ではほとんどバイトをしていません

要するに、社会経験はほとんどありません

 

先に結論から言うと、バイト経験がほとんどない僕でも就活では全く問題ありませんでした

むしろ、状況によってはバイトをしていない方が有利かもしれませんよ

しょーてぃ
しょーてぃ

僕の場合は有利に働いてくれました

この記事では

・バイト経験ナシが就活に与える影響

・バイト経験ナシの人がするべきこと

を実体験をもとに解説していきます

 

スポンサーリンク

「バイト経験ナシ」が就活に与える影響

バイト経験がなくても、就活には影響はありません

しょーてぃ
しょーてぃ

僕には全く影響がありませんでした!

バイトのことなんて、就活で触れられませんでした

ただ「学生時代に本当に何もやってなかった」という人には、バイト経験の有無は就活に影響すると思います

 

詳しく解説していきますね

バイト経験は、自己アピールの手段にすぎない

バイト経験は、自己アピールの手段の1つにすぎません

要するに「責任感」や「協調性」「コミュニケーション能力」などを示すための手段なんですよね

 

なぜみんなが就活で「バイト経験」を話すのかというと、アピールできるものがバイト経験しかないからなわけです

 

バイト経験以外で「責任感」や「協調性」「コミュニケーション能力」をアピールできれば全く問題ありません

しょーてぃ
しょーてぃ

バイト以外で「自己アピール」できる材料、エピソードを見つけよう!

バイト経験がない人が取るべき行動は記事の後半で紹介しますね!

本当にバイト経験が必須なら、自社でバイトを募集するはず

しょーてぃ
しょーてぃ

企業が本当にバイト経験を重視するなら、自社でバイトを募集して、そのバイトの中から採用した方が効率的ですよね

企業としても即戦力が採用できます

しかし現実はそうではありません

僕みたいにバイト経験がほとんどない人だって採用しますし、なんなら全くバイト経験がなくても余裕で採用されます

 

というのも、特に新卒の場合は、即戦力よりもポテンシャルを見て採用をする傾向が強いですよね

そのためポテンシャルをアピールさえ示すことができれば、選考でバイト経験者に負けることもありませんよ

面接官の気持ちになってみよう

就職エージェントとかは「バイト経験は大事」とか言いますが、それはバイト関連なら就活生にアドバイスしやすいからなんですよね

 

意識高い系
就活プロ

「あ~、バイトのエピソードなら、ココをこう直すと見栄えが良いですよ~」

ってマニュアル通りのアドバイスできるからラクチンだわ

もしくは「最後のセーフティネット」としての「バイト経験」を推奨していると思うんです

意識高い系
就活プロ

自己アピールが何もない大学生が多すぎ…

何もないなら最低限「バイト経験」くらいはしておいてよ…

就活エージェントとかはこんなことを言うかもしれませんが、無視してOKです

自分のアタマで考えましょう

 

冷静になって面接官の気持ちになると分かると思いますが、毎日100件も200件も「バイト経験」を聞かされていたら飽きますよね

それに、バイトの経験をもとに自己アピールすると、どうしても同じようなエピソードになってしまいます

 

「協調性があります」「なぜなら、みんなと一緒にこんな苦労を乗り越えたからです」「御社でも役に立つと思います」

みんなのアピールがこんな画一的な構造になったら、飽きない方が不思議です

しょーてぃ
しょーてぃ

面接官もあなたと同じ人間です

同じ話は飽きますし、逆に、興味ある話には食いつきます

つまり、バイトをしていない方が有利に働くかもしれないですよ!

バイト経験がなくても、ほとんどの場合は突っ込まれない

悩む人
悩む人

面接で「バイトをしていますか?」って聞かれるんじゃないかと思うと不安

こんな風に思う人もいるかとは思いますが、心配無用です

僕の場合、バイトをしていないことについて突っ込まれることはありませんでした

 

しょーてぃ
しょーてぃ

バイト経験はほとんどありません。お金が必要になったときに短期バイトをしていたくらいです。

と言えばOKです

面接の時間は限られているので、面接官はあなたの強みを引き出そうとしてくれますよ

 

僕が面接官だったら、「噛んでも味のしないガム」みたいな「薄そうなバイト経験」について、掘り下げられることはないでしょう

他の、噛んだら味のしそうなエピソードに突っ込んでくるはずです

 

しょーてぃ
しょーてぃ

噛んだら味のしそうなエピソード」はめちゃめちゃ大事!

これが全くない人は、仕方ないのでバイトとかゼミとかに打ち込んでくださいね

バイト経験ナシの人が就活で取るべき行動

僕のようにバイト経験がない人どんな行動をとればいいのかどうすれば内定を獲得できるのか、実体験をもとに解説していきますね

メインとなるエピソードを決めよう

バイト経験以外で「責任感」や「協調性」「やり遂げる力」とかをアピールできるエピソードを用意しましょう

サークル、部活、留学、ゼミ、なんでもいいです

 

ポイントは会社が欲していそうな資質をアピールできる「実体験であることです

いわゆる学チカ(学生時代に力を入れたこと)ですね

 

企業は、あなたが「私は協調性があります」とか言っても信じてくれないので、行動や結果を伴った具体的なエピソードを用意するのがポイントです

その時の心情や周囲の反応など、可能な限り具体的に話せるくらい作りこむとなお良しです

しょーてぃ
しょーてぃ

盛ってもOKです!

バレない程度に盛りましょう!

経験したことから何を得たのか、どう役立つのかを伝えよう

結局「あなたを採用するメリット」を面接官に提示できれば、採用されるわけです

ここで注意するポイントは、

しょーてぃ
しょーてぃ

サークル代表を頑張りました。留学も行きました。私は積極的です。

とか言っても、あまり面接官には響かないということです

だから何?となってしまうんですよね

 

正解はこんな感じ

しょーてぃ
しょーてぃ

サークル代表をしました。留学もしました。

そこで自分から働きかける大切さを学びました!

会社に入ってからも自ら働きかけて、どんどん成長していきたいです

こんな風に、あなたを採用するメリットを面接官に伝えましょう

要するに、営業と同じです

 

底辺
できない男

このバッテリー、容量が20000mAhで、ポート数が2つなんですよ

とか言われても、??ってなりますよね

ですので

できる男
できる男

このバッテリー、スマホ3回フル充電できて、しかも2台同時に充電できるんですよ!

というように、事実だけでなくメリットを相手に提示することが大事です

 

バイト経験のない大学生が内定獲得率を高める方法

バイトの経験がない場合、どうしても不安が残ってしまいますよね

「僕なんかが企業に採用されるのかな」とか「社会人に必要な素質が足りないのかも」とか、そんな風に思ってしまうのも無理はありません

 

僕もそうでしたから…

 

そこで、不安な僕が取った行動が「逆就活サイトに登録する」ということです

 

自己アピールを投稿しておくだけで、それを見た企業から「うちの会社はどうですか?」とオファーがかかってくるんです

 

メリットはこんな感じです

  • 「あなたが公開したESのココが良かったからオファーしました!」と企業に言ってもらえて、企業ウケの良いポイントが分かる
  • 1つのESで複数の内定に繋がるので効率的
  • 内定が取れなかったときの保険になる

就活に不安がある人は、逆求人サイトに登録しておくと良いですよ

詳しくは、この記事を読んでみてくださいね

関連記事:キミスカよりもオファーボックスの方が良い企業からスカウトが来ます【実体験】

 

バイト経験がない人の就活対策まとめ

・基本的には影響ないので、気にしなくてOK

・不安なら逆求人サイトに登録する

 

というわけで、以上になります

関連記事:就活で「企業を絞る」なら知っておくべきこと【デメリットと対策】

 

コメント